反日種族主義の日本語版が2019年11月14日に発売、予約や価格、韓国の反応など

反日種族主義日本語版2019年11月14日
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国でベストセラーになった「反日種族主義」の日本語版が2019年11月14日に発売されます。

今回はこの「反日種族主義」の価格や予約情報、内容などについてまとめます。


スポンサーリンク

反日種族主義の概要

反日種族主義はイ・ヨンフン・ソウル大学経済学名誉教授が書いた歴史書です。

韓国で発売され、教保文庫ベストセラー1位になりました。

「強制徴用はなかった」「慰安婦は性奴隷ではなかった」などの内容が書かれていることで韓国では批判の対象となっています。

韓国ではチョググ元法務相任命問題がありましたが、そのチョググ元法務相らが「反日種族主義」を批判したことで内容に興味を持つ人が増えて、かえって書籍が売れたという経緯があります。

(参考:韓国「反日種族主義」政治家が批判することでベストセラーに

著者のイ・ヨンフン氏がチョググ元法務相を内容も読まずに批判したとして告発したことも後押しになったと思われます。

(参考:「反日種族主義」の著者、侮辱罪でチョ・グク氏を告訴

反日種族主義はデータに基づいての主張で説得力があり、韓国ではその内容に対する反論もありますがデータで示すことができない部分も多い(感情に訴える批判が多い)。

そのためその「反日種族主義」の内容には真実味があります。

 

反日種族主義、日本語版の価格や予約など

反日種族主義、日本語版は「文藝春秋」から発売となっています。

価格は1760円で2019年11月14日からの発売。

楽天やアマゾンなどから予約も可能です。

反日種族主義 日韓危機の根源 [ 李 栄薫 ](楽天ブックス)

反日種族主義 日韓危機の根源(アマゾン)

<反日種族主義>
価格:1760円
発売:2019年11月14日
ジャンル:ノンフィクション
販売元:文藝春秋

<反日種族主義の概要(文藝春秋より)>

第1部 種族主義の記憶
1 荒唐無稽『アリラン』
2 片手にピストルを、片方に測量器を
3 食糧を収奪したって?
4 日本の植民地支配方式
5 「強制動員」の神話
6 果たして「強制労働」、「奴隷労働」だったのか
7 朝鮮人賃金差別の虚構性
8 陸軍特別志願兵、彼らは誰なのか!
9 もともと請求するものなどなかった――請求権協定の真実
10 厚顔無恥で愚かな韓日会談決死反対

第2部 種族主義の象徴と幻想
11 白頭山神話の内幕
12 独島、反日種族主義の最高象徴
13 鉄杭神話の真実
14 旧総督府庁舎の解体――大韓民国の歴史を消す
15 親日清算という詐欺劇
16 ネバー・エンディング・ストーリー ――「賠償!賠償!賠償!」
17 反日種族主義の神学

第3部 種族主義の牙城、慰安婦
18 我々の中の慰安婦
19 公娼制の成立と文化
20 日本軍慰安婦問題の真実
21 解放後の40余年間、慰安婦問題は存在しなかった
22 韓日関係が破綻するように

エピローグ 反日種族主義の報い

 

反日種族主義、日本語版発売に対する韓国マスコミの反応など

反日種族主義、日本語版販売に対してハンギョレ新聞は恥ずかしいことと批判しています。

ハン・チョルホ東国大学歴史教育科教授(近代史)は「日本の右翼はいまだに『近代化されていなかった韓国を近代化させ、西欧帝国主義の脅威からも保護してあげた」という論理を展開しており、そうした論理に同調する韓国の学者がいるのはこの上なく嬉しいだろう。しかし、日本が近代の文物を持ちこんだのは、朝鮮人のためではなく、より効率的に収奪するためだった。

引用元:日本極右代弁「反日種族主義」…恥ずかしい日本語版出版(ハンギョレ新聞2019年8月26日)

韓国でよくある主張ですが「日本が韓国を近代化させたのはより効率的に収奪するためだった」いうのがあります。

これはあまりにも馬鹿な話です。本当に収奪するつもりならば近代化などさせません。

また、現代社会でも先進国は発展途上国に工場を作り必要に応じてインフラを発展させています。それは効率的に収奪する目的と言えるのでしょうか?侵略ではなく、winwinの関係を作るためにやっているのは間違いありません。先進国は賃金の安い発展途上国で生産することにより利益が大きくなり、発展途上国は雇用が生まれ経済が活性化し税金で国がうるおうのでwinwinなのです。

日韓併合時代は日本が韓国に対してそういったwinwinの関係を作ったにすぎません。

仮に当時の日本を韓国が批判するならば、韓国がベトナムや東南アジアに進出するのも批判されるべきでしょう。工場を作って雇用を作り必要に応じてインフラ整備していると思いますがそれらは韓国の理論にあてはめるならば侵略に相当するはずです。

更に言えば日韓併合時代に日本が行ったことはwiwinどころではありません。日本は韓国に工場を作るだけでなく道路や鉄道などのインフラを整備し、ダムを作り、農業を発展させ、学校をたくさん作り教育までしました。現在の先進国の海外進出よりも親切なことを日本がしたわけで、これらを侵略と呼ぶのはあまりにも無理があるでしょう。

 

反日種族主義・日本語版まとめ

韓国でベストセラーになった反日種族主義の日本語版が2019年11月14日に発売されます。

価格は1760円で予約はすでに可能。欲しい人は是非、購入してくださいね。

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



2 件のコメント

  • 歴史の真実は闇の中ですが、韓国にとっては反日感情を煽ることで一致団結するのでしょうね。

  • 月刊誌「Hanada」が報じた、「文在寅大統領は北朝鮮の朝鮮労働党の秘密党員」の記事がハングル語に翻訳されて韓国に出回っているそうです。
    北朝鮮の金正恩宛に忠誠を誓う「誓詞文」を送っていたという記事で、「誓詞文」には文大統領や朴元淳ソウル特別市長などの名前が添えれれていたというものです。
    韓国でも主体思想化を嫌う世論があるようで、この「Hanada」の記事や「反日種族主義」を読んで韓国国民も動き始めているようですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)