屋久島や口永良部島への自衛隊の災害派遣に感謝の気持ちを伝えよう

日本の国旗
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しく!⇒人気ブログランキングへ

日本では大きな災害があると地方自治体が自衛隊に災害派遣を要請することがあります。

2019年5月18日の屋久島や口永良部島での記録的な大雨による災害は最初の報道のみでその後はあまり報道されていませんが5月22日の段階でも断水が続いている地域があります。

鹿児島県からの要請で自衛隊が派遣されて2019年5月22日現在も懸命な作業が続けられています。


スポンサーリンク

陸自第8師団が空自第2輸送航空隊のC-1により屋久島に

2019年5月19日にはすぐさま自衛隊が現地に向かったようです。このフットワークの軽さは自衛隊ならでは。大変だとは思いますが頑張ってもらいたいところ。

 

KDDI職員も輸送

更にはKDDI職員の輸送も。復旧作業に向けて民間とも協力しています。素晴らしいですね。

 

口永良部島における災害派遣(断水被害)

口永良部島では断水が続いており、流出もしくは破損している水源地と浄水場の間の導水管を交換する作業をすることに。現場は山道などでがれきの撤去だけでも大変な作業。本当にありがたいことです。

 

動画もありますが危険で大変な作業ということが見て取れます。

 

鹿児島県知事も感謝と激励

鹿児島県の三反園訓知事も自衛隊の皆さんに感謝と激励の言葉を伝えています。

三反園訓知事は現地を見て、更には自衛隊の仕事を確認されて、感謝の気持ちと激励の言葉を伝え良い仕事していると思います。

 

自衛隊ありがとう

本当に自衛隊の方々には頭が上がりません。これまでもそうでしたが今回も災害で大変な地域に入って懸命な作業をしていただいています。マスコミにはこういった活動をもっと報道してもらいたいところ。

一方で、一部の市民団体の方は自衛隊の方々に心無い言葉をかけることもあるそうな。憲法9条などの問題もあり自衛隊の存在を快く思っていない人も多いかもしれませんが、それは政治家が決めることであり自衛隊の方々には全く罪はありません。

そして今回のように自衛隊の方々は様々な形で日本を守ってくれているのは明白。そこには感謝しかないでしょう。政治的にどんな思いであれ自衛隊には感謝の言葉を伝えて欲しい。

もちろん自衛隊を存続させることについて反対するのはかまいませんが、その思いや意見を伝えるのは政治家にしてください。

個人的には自体体の方々に直接文句を言う市民団体や政治家などは許せない思いです。

なお、自衛隊の方々に感謝の気持ちを伝える方法があります。それは今回、紹介したツイッターに感謝の気持ちのコメントを残すことです。あなたも是非、自衛隊の方々に感謝の気持ちを伝えてくださいね。

ブログ継続のための応援クリック宜しく!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国経済

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)