韓国、外貨準備高の実態

韓国の外貨準備高の実態
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

今回は韓国の外貨準備高の実態ということでまとめていきます。

ただし他のサイトのように細かい数字の計算はしていません。

その辺りは専門家の解説を見ていただくとして、、、素人目に見ても韓国の外貨準備高は安全なレベルではないということを過去の事例などから紹介します。

すなわち韓国の外貨準備高は安全のように見えて実際にはかなり危険な水域であるということをお伝えしたいと思います。

それでは韓国の外貨準備高の実態を確認してください(間違っているところがあれば指摘してもらえると助かります)。


スポンサーリンク

韓国の外貨準備高は4000億ドルで盤石のはず!?

韓国の外貨準備高は4000億ドルもあり世界で8位ぐらいの水準です。

(参考:韓国の外貨準備高の推移、内訳

数字だけを見れば世界で8番目に安心な国、すなわち通貨危機などあり得ない国ということが言えます。韓国が駄目ならばその前に他の国がばたばた倒れているはずです。

そして、たまにではありますが「4000億ドルもあるから今後は全く問題ない」みたいな解説も見受けられます(毎日新聞とか)。

でも、現実には何故か「韓国は通貨危機などで破綻する可能性がある」と囁かれ続けています。

何故、そのように言われるのでしょうか?

過去の状況などからその辺りを考えていきましょう。

 

前回の韓国の通貨危機は2008年~2009年

韓国の前回の通貨危機は2008年~2009年に起きました。世界各国が韓国から投資を引き上げる中、韓国の外貨準備高は減少して足りない状況になりました。

そのため韓国は防衛手段として各国に頼み込みアメリカ、中国、日本とスワップを結びました。

その2008年当時の外貨準備高は2500億ドル程度

すなわち、何らかの原因で韓国に金融危機が起きると2500億ドルの外貨準備高であっても足りないということです。

それも、潤沢な外貨準備高があっても世界に先駆けて真っ先に通貨危機に陥るのが韓国ということが判明しました。

また、日本と結んだ300億ドルもあったスワップも200億ドルまで為替介入に使っていました。

外貨準備高2500億ドル+300億ドル=2800億ドルあっても全く足りなかったということです(他にもスワップ結んだ国があるので実際にはそれ以上)。

そして2019年現在では4000億ドルもの外貨準備高があるとされていますが、それで大丈夫なのかと言えば何とも言えない状況と言えるでしょう。楽観論も多いのですがその当時の状況を見る限りではそのようなことは言えない。

特に今の韓国は文大統領の失策で日本といざこざを起こしスワップを結べそうにない状況。

最後の砦となる日本と、よりにもよって自ら喧嘩しているような状況です。国のために動かず自分の政権運営しか考えていない文大統領の問題がここで大きな問題となっています。

すなわち、日本とのスワップが絶望的な現在は何かあれば2008年当時よりも危険であるという見方もできます

これまでは最後に日本がいたので市場がそれを見て売り仕掛けがし難い状況でした。しかしながらその日本が防衛しない、それどころか逆に積極的に韓国の外資を売る側に回る可能性もあるとなると(韓国にある資金を引き上げるなど)、売る方は安心して売り仕掛けができる。

そういう思惑もあってか、2019年8月5日現在ではドルウォンレートは1200を突破し、そろそろやばいのでは?という声も聞かれています。何か韓国にマイナス材料があれば更に売り仕掛けが入る可能性があります。

(参考:ドルウォンレートの推移、1200突破なるか?

 

韓国は貿易黒字が出ているから大丈夫?

韓国は輸出で世界最大級の貿易黒字国です。

そういう観点で見ても本来ならばウォン安などあり得ません。黒字になるということは韓国が余ったドルを国内向けのウォンに交換する流れの方が大きいはずでウォン高になるはずです。ウォン安などあり得ず逆にウォン高で苦しんでいるはずなのです。

それでもウォン高にならない、黒字がずっと続いている状況でウォン安になっているということは、ウォンという通貨が市場で全く信用されていないと言えます。いろいろと要因があるので何が原因とははっきりとは言えませんが、例えば韓国の政権運営などに問題ありと市場は見ているのです(下手な専門家よりも市場が一番正直です)。

そのため、現在のようにアメリカ中国の貿易戦争で先行き不透明な場合には真っ先に売られる通貨の1つになっています。

また、輸出依存が高いので本格的に世界市場が低迷すれば商品が売れなくなり黒字が赤字に変わる可能性も出てきます(それを市場は見越している可能性あり)。

その場合に、韓国は外国に借金をしているので貿易赤字だけでなく一時所得(利息)のマイナスも重なってきます。

そうなるとウォンの後ろ盾をするものは外貨準備高以外には何もなく、売り仕掛けがあれば一気に通貨危機に陥ってしまいます。

それではここで出てきた韓国の借金についても見ていきましょう。

 

韓国の対外債務(借金)

韓国は外国に投資しているお金と逆に外国から投資してもらっているお金を差し引くとマイナスになります(言い換えれば貸しているお金と借りているお金の差額がマイナスということ)。その証拠に韓国の収支を見ると所得収支は大きくマイナスです。

所得収支がマイナスということは海外から借りているお金の方が大きいのでその利息を支払っているような形ということです(株の場合は配当で支払っている)。

要するに韓国という国(政府)は黒字であるようでいて現実には借金生活をしているということです。貿易黒字が数年続いており盤石という意見もありますが現実にはお金が足りず国単位で海外に借金しているのが現状です。

家計で言えばお父さんが働いていて収入はあるけど、それ以上に家族がお金をどいろいろ使って結局はマイナスで借金しているという状況に近い(正確には違うけど政府が何かに使っているということ。文大統領のばらまき政策がマイナスに作用しているのかもしれません)。

その借金のうち短期債務残高は1300億ドル程度とのことで最悪の場合は外貨準備高からこの分のお金は使うことができない。使える外貨準備高はかなり減ることになります(それでも2700億ドル残るので十分ははずですが、、、)。

(参考:韓国の短期外債の割合が5年ぶりに最高

ちなみに日本の場合は対外債務はほとんどないのでそういった心配をする必要がありません。外貨準備高は潤沢なうえ、しかもそのまま使うことができます。

(日本の場合は経済危機の際に逆に円が買われるので外貨準備は全く必要ないようにも感じます。円高を是正しようとすればドルを買う動きになるので勝手に外貨準備高が増えていく、、、)

 

韓国の外貨準備高は1200億ドル足りない?(韓国マスコミ記事より)

また、韓国のマスコミ報道によると外貨準備高が1200億ドル足りないという試算も出ているようです。

記事タイトル:韓国、米利上げ時に通貨危機の可能性…日米との通貨スワップ必要

 

<記事をざっくりまとめると>

  • 米国が利上げに踏み切る場合、通貨危機が起きる可能性があるとの警告
  • 韓国経済研究院によるとアメリカや日本との通貨スワップが必要
  • 通貨危機が起きた場合は1200億ドルが不足すると推算

参考元:韓国、米利上げ時に通貨危機の可能性…日米との通貨スワップ必要(中央日報2018年3月19日)

これは2018年3月の記事なので少し古いわけですが、それでもその当時すでに4000億ドル近い外貨準備高がありました。

現在も同じく4000億ドルぐらいの外貨準備高なのでやはり1200億ドル足りない可能性が高いわけです(その時の試算で現在と変わっているものがあれば多少変わる可能性はあります)。

その内訳が分からないので、4000億ドルもの外貨準備高があって何故1200億ドルもの金額が必要なのかは分かりませんが、2008年当時に韓国は2500億ドルもの外貨準備高があっても全く足りずアメリカ、中国、日本とのスワップで乗り切ったことから考えるとそれほど、4000億ドルでも足りないというのはおかしな話でもないと言えるでしょう。

(2019年時点で韓国はアメリカ、日本ともスワップを結んでいません。中国とは結んでいるはずとも言われていますが現実には結んでいないという報道が多い。すなわち頼れる御三家全部から見放されている可能性があります)

 

本当は韓国の外貨準備高が4000億ドルも無いという説も(粉飾、水増し)

あと韓国の外貨準備高が4000億ドルもないという説もあります。

きっちりとした証拠はないけどいろいろな数字を突き合わせてみるとどう考えてもおかしい。粉飾、水増ししている可能性が高いという説です。

この辺りは検索などで調べるといろいろなサイトで紹介しているのでそちらを参照ください。

私が他のサイトもいろいろチェックしつつ韓国の外貨準備高の推移を見て一番感じたのは金(GOLD)の保有高は明らかにおかしいというもの。全く数字が変わっていません。

(参考:韓国の外貨準備高の推移、内訳

日本では外貨準備高のうちの金(GOLD)の保有高は毎月変わっています。それは当然です。金の価格は変動するからです。韓国が金の価格の変動に合わせて金の売り買いをしているはずがなく(そんなことをする意味がない)、この数字だけを見ても韓国の外貨準備高はおかしいと感じるところです。

もしかしたら(GOLD)の47.9億ドルというのは使えないお金の可能性も感じます。

ということで4000億ドルというと凄い金額ですが現実には様々な状況でその数字が粉飾、水増しなどされており、仮に嘘であれば意味が無いのは当然です。

ちなみに韓国の外貨準備高は、すぐに使えるお金(現金)はかなり少ないので現実には外貨準備高は意味がないという指摘しているサイトもありますが、証券関係は基本的に現金化できるのでその点は心配いらないと思います(くず証券でなければという条件付きですが)。

 

韓国は外貨準備高を他に流用

韓国では外貨準備高を他に流用している可能性も指摘されています。現在はどうか分かりませんが1998年の通貨危機の原因の1つは外貨準備高の資金流用だったようで、それで通貨防衛などに使えるお金が無くなったそうです。今はそんなことをしていないと信じたいところですが、、、こんなことを言うと怒られるかもしれませんが韓国では何があっても不思議ではありません。

だが、われわれが知らない事実があって、すぐにあきらかになるのだが、韓国政府はこの外貨準備を流用していた。保有するドルの大半を国内の銀行に売るか貸し出していて、銀行はこの資金を不良債権を支えるために使っていたのだ。FRBの国際経済専門家、チャールズ・シーグマンが感謝祭の週末に韓国銀行の幹部に電話して、「なぜ外貨準備を使わないのだ」と質問したところ、「残っていないからだ」という答えが返ってきた。公表されている外貨準備はすでに、使い道が決まっていたのである。

引用元書籍:アラン・グリーンスパン『波乱の時代 -わが半生とFRB- 上』(日本経済出版社)pp.274-275

上記のような事例は普通には考えづらいところですが、韓国ならばと納得してしまう人も多いことでしょう。

上記の本の内容はネットで探してきたものです。書籍を見たい人はアマゾンや楽天で確認ください。中古でかなり安く販売されていました(送料の方が高いので注意)。

楽天ブックス

アマゾン書籍

「波乱の時代 FRB」とかで検索すると出てくるはずなので、そこ上巻を探してみてください(お店によっては他の中古本もまとめ買いすることで送料無料になる場合も)。

 

その他、韓国経済危機説

それ以外にも韓国経済危機説はいろいろあります。

例えば不動産バブルの崩壊、家計の借金増大問題など。

文大統領の政策で韓国の低所得者の収入は減り家計の借金は増え続けています。その人達を救うために税金を投入するというちょっとおかしな状況になっています。すなわち失政をごまかすための税金投入がなされているような感じ。

(参考:「韓国人の多重債務者の借金が約50兆円超え」

あと不動産バブルについてもいつ爆発してもおかしくない状況。文政権が不動産価格を抑える政策をしていますが(これは悪くないと思うけど)、今だに価格が上がっておりバブルが崩壊した場合の影響力が大きくなっています。何らかの引き金があり土地バブルが崩壊すれば一気に経済が崩壊する可能性もあります。

すなわち何かが引き金になって連鎖的に経済崩壊が起きてもおかしくない状況です。

文大統領はそんな状況で日本、アメリカから孤立するような政策をとってしまったのでかなり危険な状況。

しかも、経済崩壊に待ったをかけるはずの日本の資金もあっさりと引き上げてられてしまう可能性もあり、経済崩壊を後押ししてしまうかもしれません。

(参考:韓国の経済危機2019

ほんと文大統領はなんてことをしてくれたのでしょう。歴代政権がこれだけは手を出してはいけないと思いとどまった徴用工問題ではあっさりとその壁を超えて問題を起こしてしまった。それ以外にも慰安婦同意も実質に破棄してしまった。

韓国国民は日本に対して不買運動するなど扇動されている状況ですが現実をしっかりと見て欲しいところです。

 

韓国、外貨準備高の実態まとめ

  • 韓国の外貨準備高は4000億ドルもあるので安泰という説も
  • ただし過去には2500億ドルあっても全く足りず世界各国とのスワップで何とか乗り切った(2008年)
  • 韓国は対外債務も大きいので注意が必要。貿易黒字がないとマイナスに
  • 4000億ドルあっても実は1200億ドル足りないという専門家の指摘もあり
  • 韓国には嘘やごまかしの可能性があるので4000億ドルという数字も信用できない可能性あり
  • 外貨準備高を他に流用していた前科もあるので(1998年)今回も流用の可能性があるかも

今回は韓国の外貨準備高の情報についてまとめました。

4000億ドルもの外貨準備高があるので安全という説もありますが、現実的には今の外貨準備高4000億ドルでも心配は尽きないようです。

特に韓国は文大統領になってから国内では経済を悪くし、外交では日本やアメリカなどとの関係を悪くしています。更には日本との経済戦争とやらを叫んで補正予算をとんでもない規模で組んでおり更に財政を悪化させています。海外への借金も増える可能性あり。

このように全てが韓国にとって悪い方向に動いており、最近になり心配する声が増えてきているのも当然のことでしょう。これだけ全ての面で悪い方向に動かす文大統領はある意味で才能があるのかもしれませんね。

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)