「韓国への信用状、発行停止で打撃を与えることができるの?」韓国の反応も

韓国への信用状発行停止
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国に対する対抗処置について、韓国への信用状の発行停止が致命的な打撃になりうると話題になっているので自分なりに調べてまとめました。

ただ、ネットで騒いでいるほど信用状の停止が韓国に大きな打撃を与えるかどうかは微妙な感じを受けます。

それでは韓国へ与信している信用状についてまとめます。


スポンサーリンク

韓国のホワイト国除外と信用状との関連

韓国のホワイト国除外と信用状をセットに議論しているところも多いですが韓国のホワイト国除外と信用状の話は基本的に別です。

信用状(Letter of credit:L/C)は国を挟んだ取引で業者に金銭的なリスクがあるので銀行に肩代わりしてもらうものです。

例えば、韓国が輸入側、日本が輸出側の取引であれば韓国の輸入企業が韓国の銀行に信用状を発行してもらって日本の輸出企業に信用状を渡して輸出をお願いすることになります。

その信用状を日本企業は日本の銀行に渡して代金を受け取る。そして日本の銀行はその信用状で韓国の銀行から代金を回収するという流れになります。

ここにホワイト国かどうか?という話は出てきません。

ただしホワイト国から外れることで仲介取引で信用状が関連する話も一部あることにはあります。仲介貿易でも経済産業省の許可が必要になるので、信用状を発行する以前の問題ということです。

(参考:韓国への信用状の発行停止による制裁について

 

韓国銀行へ日本銀行が信用状を発行している?

次に韓国と他国(例えばA国)との取引を考えてみます。

やはり韓国の輸入企業は韓国の銀行に信用状を発行してもらい、その信用状を付けてA国の輸出企業に輸出を依頼します。

ここで「韓国の銀行に信用が無いから韓国は輸入の際に日本の信用状を利用している」という話がネットで多く出ています。

そして「韓国は信用状を停止するだけで大打撃を受ける」なんて話も出ています。

実は、韓国経済が日本経済に支えられていることを、ほとんどの韓国人が知らされていない。日本のメガバンクが韓国の銀行が発行する信用状に保証を付けなければ、貿易決済さえまともにできないのが実態だ。

引用元:【暴走する韓国】数々の裏切り行為や侮辱発言…日本人の堪忍袋の緒は切れた(zakzak2019年8月6日)

でも、日本が信用状の発行を停止すれば韓国に打撃を与えるというのは、本当のことなのでしょうか?

韓国の報道を見るとそれは昔の話として一蹴しています。

 

韓国は日本の信用状の発行を停止しても何ら影響なし?

日本の報道では日本の信用状の発行停止について議論されているのが見られなかったので韓国報道をチェックしました。するといくつかがヒット。

そして、その韓国報道によると「日本が信用状を停止してもさほど問題はない」ということです。その理由としては信用状を利用した取引というのは最近、かなり少なくなってきているからとのこと。日本の銀行が信用状を停止したところで大した影響はないとしています。

タイトル:金融上の「日本信用状保証制限しても影響は小さい

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 輸入額基準信用状の貿易取引決済の割合は、1998年に62.1%から昨年15.2%で46.9%p減少
  • 韓国の信用格付けが高い
  • 日本からの金融制裁の可能性は高くないし例えあってもそれほど影響はない

参考元:金融上の「日本信用状保証制限しても影響は小さい(ソウルファイナンス2019年8月8日)

もちろん、韓国の報道なので国民向けに安心させようとしている可能性は否定できません。それでも信用状取引の割合が大きく減っているという数字までは捏造できないでしょう。

貿易取引全体に対する信用状取引が15.2%であり、その割合は大きく減っています。日本が信用状を発行停止にしたところでそれほど影響はないようにも感じます。

 

本当に信用状の発行を停止しても韓国には影響はない?

ただし、この記事では2018年における15.2%の信用状取引のうちどの程度の割合で日本の信用状が入っているのか分かりません。仮に、そのほとんどの取引に日本の信用状が入っているならばその韓国の貿易量の大きさから考えて信用状の発行停止が多大なる影響があると見ることもできます。

また日本が韓国への信用状の発行を停止したことが他国に知れ渡ると「韓国が危ないかもしれない」ということで韓国からの撤退、すなわち資産の回収が始まる可能性はあります。

そういう意味では影響を及ぼす可能性はあるかもしれませんが、いずれも未知数であり必ず打撃を与えるという感じではありません。

 

韓国の金融は強い?

また、記事では韓国の金融機関の各付けが高いとのことですが、その各付けにどれほど意味があるのかは分かりません。

現実に2008年のには外貨準備高が潤沢にあると言われた韓国は金融危機に陥りました(当時外貨準備高2500億ドル)。

中国、アメリカ、日本とスワップを結ぶことによりようやく落ち着いたのです。

韓国の金融は脆弱であると市場はみなしているということです。

(参考:韓国、外貨準備高の実態

仮に日本から韓国へ融資している資金の回収などがあれば韓国の金融危機が再燃する可能性はあるでしょう(詳細は上のリンク先参考)。

 

そもそも信用状の発行停止をしてもいいのか?

また、そもそも本当に韓国への信用状の発行の停止をしてもいいのでしょうか?

国際社会から見れば日本が韓国をいじめているように見える可能性があります。それは良くありません。韓国は被害者のように見せかけるのは得意なので日本が悪者にされかねません。

仮に日本が韓国銀行への信用状の発行停止をするならば、やはりそれなりの大義名分が必要でしょう。

例えば徴用工問題で韓国の原告側が日本企業の資産を現金化したような事例がない限りは、信用状の発行停止はすべきではないでしょう。

また、先にも書いたように仮に信用状の発行を停止したとしても、どれだけ韓国に打撃を与えられるのかは未知数と言えます。韓国の報道通りにほとんど影響がない可能性もあります。その場合、国際社会から悪者に見られるだけという可能性も否定できません。

 

韓国の反応

この辺り信用状関連の記事に対する韓国の反応をまとめます。どうやら信用状の話にはあまり興味がなく、現実に数字として出ている株安やウォン安に大きく反応しているようです。

<韓国の主な反応>
  • 政府発表はどうにも信用ならない
  • 信用状については良く知らないが韓国の経済が悪いことだけは間違いない
  • セウォル号事件を思い出す。韓国にいれば安全だと言われても信用できないよね。少しずつ危機が迫ってきていることを感じる。政権の人たちは自分だけ逃げる準備をしているかもしれない。例えば既に外国に家族がいる人とか
  • コスダックは600ラインを突破し、為替レート1200ウォン突破。危機は始まっている。 詐欺師のような政府。すでにすべてを知っているのでは?
  • 1日に20も上がる為替レートを見ていると危機しか感じないのだが(ドル円で言えば1日で2円変わるようなもの)
  • 多くの投資家が資金抜いている状況なのに金融市場に大きな衝撃ない?こんな状況で文大統領は日本に勝ちたいと声を張り上げている。刺激的な扇動はいらない。
  • 日本に対する不安よりも文大統領が大統領であることに不安を感じる

 

まとめ

  • 韓国のホワイト国外しと信用状発行停止は別問題
  • 信用状の発行停止はそれほど韓国へ与える影響はないと思われる
  • そもそも信用状の発行停止が国際社会から良く見られない可能性も

韓国への対抗処置として「信用状の停止が有効的、すぐに韓国は音をあげる」みたいな論調も多いのですが現実的にはそれほどの影響がない可能性が高いようです。

仮に影響がないとすれば、韓国が被害者コスプレして他国からの同情を集める手助けをするだけになるかもしれません。

仮に韓国に制裁するならば、その辺りのことをきっちりと計算してもらいたいところです。

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国経済

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



8 件のコメント

  • 日本への直接攻撃でもない限り信用状停止の理由も意味もないんだろうなというのが現場の全てだと思う
    というかこんなことしなくても粛々と処理してるだけで勝手に自爆してくれるし……

    • >というかこんなことしなくても粛々と処理してるだけで勝手に自爆してくれるし……

      ほんと、自爆ですよね。本来ならば日本と協力して今の難局を乗り越えなければいけないのにどうしようもない感じです。

  • ①信用状の発行停止はそれほど韓国へ与える影響はないと思われる
    ②そもそも信用状の発行停止が国際社会から良く見られない可能性も

    金融現場にいた人が言ってましたが
    これ、完全にでたらめです。 モロにダメージ与えるのと
    国際批判は関係ないし
    ま、やれば判ります。

    • >>金融現場にいた人が言ってましたが
      >>これ、完全にでたらめです。 モロにダメージ与えるのと

      その根拠を教えてもらいたいですね。是非教えてください。

  • 何故、信用状を発行しているかの理由が分かっていない。

    銀行は自国以外の戦時下の国に融資出来ないように行則で決まっている。

    何故なら戦争に介入する事になるからね。
    韓国は休戦状態なので一応戦時下になっている。そこで緊急回避として日本の信用状をつける事になった。
    つまり、韓国が北朝鮮と終戦条約を結ぶか戦時下でない証明が出来れば信用状は必要ない。返済能力が有ればだけど…
    でも、北朝鮮はミサイルばんばん撃ってるよね。刈り上げくんは分かってやってると思うよ。終戦にしたくないんだよ。

  • 信用状の意味は韓国は返済能力がありますよ。もし返済出来なければ日本が保証しますよという内容であり、朝鮮戦争で韓国の味方をしますよという内容ではない。
    だから日本は韓国と軍事同盟を結ぶ事が出来ないのだよ。
    軍事同盟を結んでないので戦争に介入していませんよという苦しい言い訳だね。
    だから、アメリカは信用状発行出来ないのだよ。

  • 韓国が戦時下でないと世界の金融機関が認めるなら信用状発行しなくても影響出ないだろうし、イギリスのロイズなんかが、戦時下だから保険を掛けれないと喚くなら、原油を輸入出来ないだろうね。
    タンカーに保険かけずに輸入出来る勇気のある商社はいないと思う。(笑)

    日本の福島放射能みたいなものだよ。世界がどう考えるかが問題みたいな話しだね。

  • あくまでこれは日本の常識的な商取引の話しであって、
    例えば、麻薬の密輸に損害保険を掛けようと思っても引き受ける保険会社はないだろうし、
    北朝鮮の輸入はドルによる現金取引だろうから普通の商取引のルールは無視できる。
    日本でも並行輸入業者は必要な税金、保険を無視してるから安く商品が手に入るのだろうし…
    韓国がジンバブエのような商取引をする国になるのてあれば信用状はやはり必要ないだろうし。
    韓国は東南アジア諸国や中国へはいい加減な商取引してるだろうから影響ないかもしれない。
    でも、先進国へは遠のくだろうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)