日本が押さえる半導体素材市場を狙う韓国企業

韓国の国旗
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国では日本が押さえる半導体の素材市場を狙う必要性があるという話題も出ているようです。

韓国は半導体で大きな利益を得ていますが日本が素材の供給を止めれば全く動けなくなるからです。

半導体素材市場も韓国が押さえることができれば無敵ではありますが、、、。

半導体素材市場を狙う韓国企業(記事紹介)

以下、記事の引用です。

半導体素材市場を狙う韓国企業、日本を超えるには「政府の支援が必要」=韓国ネットは否定的

2019年6月7日、韓国・ファイナンシャルニュースは「成長が見込まれる半導体素材市場で、韓国企業らが日本企業を超えるために競争力を強化している」と報じた。

国際半導体製造装置材料協会(SEMI)によると、昨年の世界の半導体素材市場の規模は519億4000万ドルで、過去最高値(2011年の471億ドル)を更新した。記事は半導体素材産業について「市場低迷期に強い上、好況期にも需要増加による高成長が見込まれるため“狙い目の産業”」と評価している。

現在、同産業の大部分を日本企業が占有している。高純度フッ化水素は世界の需要の90%を日本企業が生産している。同産業で最も規模の大きいシリコンウエハーも、日本企業が約60%占めている。日本企業が同産業を占有できている理由について、記事は「長期間にわたる研究開発により多くの技術を有している上、地道な投資により新たな素材開発でも先を行っている」と説明している。韓国の業界関係者は「日本と韓国はまだ技術力の面で差が大きい」と話しているという。

ただ、最近は韓国も大手半導体企業を中心に素材事業での競争力強化に向けた投資が活発化しており、市場への参入も徐々に拡大するとみられているという。SKグループは5大新成長事業の1つに半導体素材を選定し、グループレベルでの投資を行っている。また、韓国の企業らは安定的な供給先を確保すると同時に、技術流出を防ぎ、最新技術の開発期間を短縮するため、素材事業で垂直的系列の構造を好む傾向があるとの分析もある。さらに、業界では「日本との技術力の差を縮めるためには政府の支援拡大が必要だ」と指摘されており、「海外依存度を下げなければ、政治的対立などによる供給不足が発生し、事業のみならず国の経済も打撃を受ける可能性がある」との懸念も出ているという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「韓国企業は支援をしてもどうせ裏切る。不正問題が起きたり、開発した技術を独り占めしたり」「国民の税金で支援しないで。韓国企業が雇用を増やしてくれるわけない」など支援に否定的な声が多数上がっている。

また「政府の支援が必要だと?サムスンの方がお金持ちだよ」「ボーナスとして1人に1000万円ずつ支給する大企業を支援する必要ある?」と指摘する声や、「中小企業を支援してあげるべき」と主張する声も。

その他「日本の技術はやっぱりすごい。日本に比べたら韓国の半導体素材の技術レベルは初歩の初歩」「これが日本の経済が崩壊しない理由か」「韓国の技術はすでに日本を超えた、と主張する人がいるけど、全部うそだね」などの声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

引用元:半導体素材市場を狙う韓国企業、日本を超えるには「政府の支援が必要」=韓国ネットは否定的(レコードチャイナ2019年6月8日)

 


スポンサーリンク

半導体素材市場は日本が独占に近い

半導体素材市場は日本が独占に近い状態になっています。フッ化水素は90%、シリコンウエハーは60%です。

もともとは半導体についても日本のシェアが圧倒的だったのですが韓国に盗まれた形。過去の日本の失態でございます。

そして韓国は日本の半導体素材市場も狙っています。

これは当然のことでしょう。そこを韓国が独占できれば無敵です。

ただしこれはかなり大変な話です。すぐに達成できる話ではない。

 

日本は技術者の流出に注意

日本としては技術者の流出に注意が必要でしょう。

特に記事の中に出てくるSKグループは技術者を引き抜いて他社の技術を盗むことに長けている印象があります。韓国企業同士でも訴訟していますよね。

(参照:「LG化学とSKイノベーションのバッテリー特許訴訟」韓国の反応も

日本も同じように人材ごと技術を盗まれる可能性があります。

まあ特許の絡みもあるので技術者だけを引き抜いても厳しいところはありますけどね。

あと、現実的な話をすれば企業買収でしょう。サムスン辺りが多額の資金を使って企業買収に動けば何とかできないこともないのでは?これはまあ日本も国として阻止に動く可能性はありますけどね。

半導体市場が落ち着いてきたことで日本の半導体素材関連企業も収益が落ちてくる可能性は高い。そこを狙われないようにしてほしいところです。

 

まとめ

  • 半導体素材市場は日本が独占
  • 韓国も追随する必要があると判断して動いている
  • 日本は技術者の流出に注意した方が良さそう
  • 企業買収にも注意

現在の半導体素材市場は日本が独占している部分が多いです。そこを韓国企業は狙っています。

当面、日本の優位性は動かないでしょうが技術者の流出などには特に注意してもらいたいところ。また、収益が落ちてきた時に企業買収などもあり得るのでその辺りも注意したい。

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)