韓国、不動産間接投資を10倍規模に

韓国政府は不動産間接投資を強化する方向へ
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国で不動産間接投資を10倍規模にするという話が出てきました。政府の案らしいのですが、、、うまくいくのでしょうか?

たける
韓国政府が不動産間接投資を10倍規模にする計画らしい
ようこ
不動産間接投資って何?
たける
不動産関連のファンドを作ってそのファンドへの投資を募集する形だろうね。そこで集めたお金で不動産に投資しその収益を分配する
ようこ
それって政府が介入するところなの?
たける
政府が介入する部分かと言えば微妙なところだけど韓国の不動産業界はややこしいからね。多少の介入も仕方がないかもしれない。では記事の内容や韓国の反応をチェックしてみよう

スポンサーリンク

記事「家を購入しないでください、不動産間接投資市場の10倍大きくなる」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ(引用元は韓国語なのでブラウザの翻訳機能などを使って確認ください)。

記事タイトル:家を購入しないでください、不動産間接投資市場の10倍大きくなる

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 政府が不動産ファンドを活性化させる方針
  • 2021年までに10倍規模にするのが目標
  • 優良不動産のファンドには税制優遇などをする予定
  • 不動産ファンドの拡大は住宅価格の安定・国民所得の増大などを期待しての方向性
  • マンションなどの住宅に集中している家計の流動性を非住宅分野に分散させて住宅価格を安定させるのが目的
  • 国民全体として少額でも不動産に投資することができ、所得を増やすこともできる
  • 企業の立場では保有不動産を売却して本業への投資を拡大してもらいたい

参考元:家を購入しないでください、不動産間接投資市場の10倍大きくなる(中央日報2019年9月11日)

 

韓国の困難な不動産事情

韓国は不動産関連がかなりややこしい。

まずは不動産価格が急激に上昇しているのが問題。バブルが崩壊したら大変なことになります。

そこで文政権としては投資としての不動産投資を規制しようとして不動産への税金を上げています。ただ、それでも不動産価格は上がり続けています。多少の税金が高くなったとしても安全な資産として不動産投資が選ばれているからです。

日本でも過去にあった不動産神話なるものが韓国では継続中。不動産だけは絶対に価格が下がらないので安心、大丈夫という雰囲気です。

現実には税金を上げたことでそういった投資に励んでいる人よりも、実際に住んでいる人が大変なことに。定年を迎えた人はせっかく働くことを終えてゆっくりと老後を暮らそうとしているのに税金が上がってそれもままならないとしています。

投資を抑える目的だったのですがそれがうまくいかず、逆に不動産をなんとか所有した人を苦しめる結果になったという残念な形。とは言え、それでも国の財政が潤う話。不動産を所有している人はそれなりに裕福なのでそこからお金を徴収するのは自然で問題ないという意見もあります。

そして、不動産の税金を上げるだけではうまくいかないということで今度は不動産価格上限制も導入しようとしています。ただし不動産価格上限制を適用すると不動産投資が萎縮し供給が減る問題が出る可能性が指摘されています。結局の所、供給不足になって将来的には価格を上げることに繋がるとされています。

また、先日のデフレ問題があったように実際に供給が滞り不動産市場が萎縮するとますますデフレが進む可能性があります。これは大問題で不動産価格上限性は導入をストップしている状況。政府としてはにっちもさっちもいかない。

そこで投資の意味合いを少し下げた(もちろん投資ですが)、不動産間接投資を打ち出したという形なのでしょう。間接投資が増えればある程度は不動産価格上限制などの導入もやりやすくなる、供給側の低迷も避けることができるという感じでしょうか。

ただ、視点を変えれば政府が不動産関連の甘い汁を吸い上げようとしているようにも見えるわけで(民間事業を国がその権限で抑えようとしているようなもの)、その辺りを国民がどう思うか微妙なところではあります。

韓国政府の不動産関連政策はかなり難しい。他の失敗続きの政策と違って不動産関連についてはこれまでは比較的うまくやっているものの、韓国国民としては不満があるのも事実です。

ともかく不動産政策で失敗すると一気に経済危機になる可能性があるので文政権としては最も注意すべき政策になると思われます。

(参考:韓国の経済危機2019

 

韓国の反応

韓国の主な反応は以下の通り。

<韓国の主な反応>
  • ポリシーがますます矛盾している。家は保有していないようにする方向で提示しながら少額を集めて不動産に投資を推奨する。国の基本的な思想概念がますます資本主義市場を否定する社会主義になっている
  • ますます個人所有を制限し、国家や機関に渡すんだ。この共産主義
  • 何故、今回の話が社会主義、共産主義の話に繋がる?
  • 所得が少ない個人は不動産投資できない。この間接投資の方針は良いのでは?
  • 文政権のポリシーの無さは問題だ。早く手を切りたい
  • 政府が推奨するファンドの成績をチェックするべきだね。今、利益が出ているかい?
  • 結局の所、政府が全てを監視しようとする動きだよね。これで民主主義国家とか言えない
  • 政府は民間に介入すべきではない。市場が歪められる
  • 政府がこういった動きをしたところで私が家を購入できない事実は何も変わらない

 

まとめ

たける
韓国の不動産事情はややこしい。価格高騰しすぎると不動産バブル崩壊に繋がる。バブル崩壊させるわけにはいかないしけど規制をして供給を減らすわけにもいかない
ようこ
それで今回の間接投資に繋がったと
たける
これでうまくいけばいいけど、未知数だね。国が介入しすぎという議論も出てくるだろう
ようこ
難しいね
たける
本当に難しい話だと思う。一寸先は闇という感じで手探りで対策を講じている状況。下手をすれば一気に不動産バブルが崩壊して韓国が大変なことになるだけに慎重な動きが必要なんだけど、、、。とりあえず今後の推移を見守っていこう
たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国経済

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)