韓国、ウリ銀行の投資信託(金融商品)83億ウォンが全額損失へ

韓国の投資信託83億ウォンの全損が確定!?
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国、ウリ銀行で発売されていた投資信託、金利連携型派生結合証券(DLS)のうち83億ウォンが全額損失となったようです。いくら投資とは言え、100%全損の投資信託はあり得ないでしょう。この問題はどうなるのか?

たける
以前も少し話題が出ていた韓国のウリ銀行などから発売されていた投資信託の一部が全損評価になっているらしいよ

(参考:韓国の金融商品8224億ウォン、金利どころか元本も消失?

ようこ
えっ、投資信託ってプロに投資を任せるんだよね。それで100%全損なんてあり得るの?
たける
確かにびっくりだよね。でも現実には83億ウォンについてはほぼ100%の損失が確定したらしい
ようこ
それは投資信託と呼んでもいいのかな?銀行とかが発売している商品としてはさすがにやばすぎる
たける
うん。この辺り投資としては問題あると思うのだけどどのように規制すべきか難しいよね。とりあえず今回の内容をチェックしていこう

スポンサーリンク

記事「48人が83億ウォンだ飛ばした… ウリ銀行DLF 100%の損失確定」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ(リンク先は韓国語なのでブラウザの翻訳機能などで確認ください)。

記事タイトル:48人が83億ウォンだ飛ばした… ウリ銀行DLF 100%の損失確定

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 金利連携型派生結合証券(DLS)の元本全額損失懸念が現実化
  • ウリ銀行によると26日の有効期限であるDLF「KB、ドイツ金利連携専門私募証券投資信託第7号(DLS-派生型)」が投資元本の100%の損失(全額損失)で処理された
  • この商品はドイツ国債10年物金利が-0.3%を下回ると損失が発生し始め、-0.6%を下回ると元金を100%失う仕組み
  • ドイツの景気が悪くなり金利がこれまでにないレベルまで低下。それにともなって損失が確定
  • 9月に入って一時期は-0.45%まで上がったがその後は下落、24日の金利が-0.619%まで低下し全損が確定
  • ファンドの金利などで元本の1.9%は戻るがやはりほぼ全損状態
  • 一方、ハナ銀行でも25日に損失率46.1%で確定
  • 被害者集団訴訟の動きも(別記事)
  • 来月にも303億相当の満期があり今後も損失が次々と確定する可能性がある(別記事)

参考元:48人が83億ウォンだ飛ばした… ウリ銀行DLF 100%の損失確定(中央日報20199月26日)

 

韓国で発売された投資信託83億ウォンがほぼ全損

韓国で発売された投資信託(金融商品)のうち83億ウォンがほぼ全損と確定しました。

投資は自己責任とは言え、プロに投資を任せる投資信託でこの成績はやばいでしょう。契約上も損失が出ることがあると書かれていることでしょうが許容範囲を超えていると思われます。

しかもまだまだ確定していない投資が残っており来月は303億ウォンの満期があるとされています。このままドイツ国際の金利低下が続けば全損になる金額は更に増えることになります。全損までいかなくても損失確定する投資は増えてくることでしょう。

これまではドイツ金利が-0.3%を下回ることなどあり得なかったのでおいしい投資だったのでしょうが、とんでもない落とし穴に韓国の銀行や投資家がはまってしまった形になっています。

同じような商品に8000億ウォン(800億円規模)以上の投資がなされているとされ、今後は更にとんでもない損失が確定する可能性があります。

(参考:韓国の金融商品8224億ウォン、金利どころか元本も消失?

そして、集団訴訟の動きも出てきておりこの問題がどのように収束するのか先が見えない状況です。いったいどうなるのか、、、。

最悪の場合、銀行の経営に疑問を感じた韓国国民が銀行からお金が引き出す可能性も。そういった動きが出てくれば銀行の破綻などに繋がる可能性も否定できないかもしれません(8000億ウォンと言っても1つの銀行の話ではないので大丈夫だとは思いますが)。

 

韓国の反応

韓国の主な反応は以下の通り。

<韓国の主な反応>
  • 投資する時にサイン正しくしましよう。東洋証券事態の時そう。マスコミで取り上げてくれた学習効果がゼロ。すべての投資は元本保証にはならない。保証が欲しいのであれば預金者保護されている商品のみにするべき。
  • どうやら預金と偽って登録させたらしいよ。この辺りは裁判で明らかになってくるかと。銀行側の責任は重い
  • 説明を偽っているならば銀行が全額保証しなければいけないね
  • いや預金と偽ったなら犯罪では?説明した人間は逮捕されるべきではないの?
  • 逮捕どころか昇進したという話も出ている。もちろん、今後、どうなるかは不明だけど銀行の動きを監視する必要はありそう
  • 投資性向であるという書類操作して、生涯集めた財産を最高リスク商品に登録させ、お金を集めた詐欺師たちの銀行がハナ銀行である
  • でも基本的に投資は自己責任だからね。保証されるべきでもないとは思う
  • 金融機関は合法的投機、詐欺師と思えば良い
  • 銀行員は顧客のことよりも手数料のことしか考えていないからね
  • デリバティブ(金融派生商品)は悪魔の商品。2008年に嫌というほど知ったはずなんだけどね
  • 少なくとも国が責任を取る話ではないね。銀行が責任を取るべき
  • 一番いいのはチョグクファンドでは?チョグクと名前を出せば仕事を取れる。絶対に収益が保証されることだろう

 

まとめ

たける
これどうなるのだろう?韓国の反応を見ると詐欺的にお金を集めているようでもあるけど
ようこ
だとすれば返金されるべきだよね
たける
それはそうなんだけど銀行側がそれを認めるとは思えない。結局、訴訟問題になるだろうね
ようこ
金額が金額だけに大変なことになりそう
たける
そうだね。韓国の金融業界を揺るがす事件になるかも?しばらく注目してみよう
たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国経済

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)