【韓国経済】韓国の週52時間労働が実質終了?

韓国の週52時間労働が実質終了?
↑シェア、拡散歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国の中小企業における52時間労働が実質1年延期となったようです。


スポンサーリンク

記事「中小企業における週52時間勤務制度、事実上1年延期に」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:中小企業における週52時間勤務制度、事実上1年延期に

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 週52時間労働というのは所定労働時間40時間と延長労働時間12時間の合わせて52時間に短縮する制度
  • 従業員300人以上の事業所や公共機関では2018年7月1日から施行していたが現場は混乱。生産したい時に生産できない、研究に遅れが出るなどの問題も指摘されることに
  • 2020年1月から従業員50人以上300人未満の中小企業でも施行する予定だったが1年の指導期間を置くことに
  • これは実質1年の延期ということ
  • 「特別延長労働」の許可範囲も拡大。労働部の許可を受ければ可能

参考元:中小企業における週52時間勤務制度、事実上1年延期に(KBSワールド2019年12月11日)

 

韓国の週52時間制度が実質終了?

韓国において2018年7月から始まった週52時間制度ですが形骸化されそうな雰囲気となっています。2020年から従業員50人以上300人未満の中小企業でも施行する予定でしたが実質1年延長することに。

また「特別延長労働」の範囲も拡大するということで業務量が増えた時には申請すれば週52時間を超えても良くなったとのこと。

これらを総合すると週52時間制度は実質、形骸化されたように見えます。特に「特別延長労働」の範囲が拡大されたことで申請する企業がどっと押し寄せる可能性があります。

例外規定とのことですが、この例外をどこまで厳しく運用するか?申請がたくさん来たら結局はたいした審査をせずに通してしまう可能性がある。最低賃金制度と同じく、きちんと守る企業が損をするような形になりそうな予感がします。

(参考:韓国、最低賃金以下の労働者が338万人で全体の16.5%

 

当サイトからのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



2 件のコメント

  • 週52時間の労働も申請すれば超えてもいいなんて、あってないような制度ですね。実施が延長され、その後施行されるのでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)