韓国、粒子状物質(PM2.5など)対策で冬場の石炭火力発電を縮小

韓国、PM2.5対策で火力発電所の稼働を制限
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国では2019年より粒子状物質(PM2.5など)対策で冬場の石炭火力発電を縮小しているようです。


スポンサーリンク

記事「石炭火力の縮小で、石炭発電の粒子状物質45.8%減少」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:石炭火力の縮小で、石炭発電の粒子状物質45.8%減少

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 冬に増える粒子状物質(PM2.5など)を減らすため、2019年12月1日から石炭発電の縮小に取り組んだ結果、石炭発電所が排出する粒子状物質が昨年に比べて半分近く減少
  • まずは12月1日から一週間にわたって石炭発電機12基の稼動を止めるとともに、最大45基に対して上限制約(発電出力を80%に制限)を施行
  • 昨年同期に比べて粒子状物質の量が45.8%(187トン)ほど減少した結果となった
  • 更に寒くなると電力消費が増え、石炭火力発電所を止める余裕が無くなる可能性があるので公共機関と民間のエネルギーを多く消費する建物の適正暖房温度(民間20度、公共18度以下)の遵守実態も厳しくチェックする予定

参考元:石炭火力の縮小で、石炭発電の粒子状物質45.8%減少(ハンギョレ新聞2019年12月12日)

 

石炭火力発電所の稼働縮小で微小粒子状物質(PM2.5など)対策

韓国では冬から春にかけての微小粒子状物質(PM2.5など)がひどく数m先が見えないような状況になります。

もちろん健康被害を受ける可能性が指摘されており、いろいろな対策をしています。状況が悪い時には交通規制などもしています。

(参考:【韓国の反応】韓国、世界で最悪PM2.5の対策に都市圏への車両制限(2019年12月)

しかしながら、それだけでは根本的な対策にならないということで様々な対策がなされています。今回紹介している石炭火力発電所の規制もそのうちの1つです。

そして、今回の施行で45.8%(187トン)もの微小粒子状物質(PM2.5など)が減少したということで試みは大成功と言えるでしょう。

ただし、今後更に冷え込みがきつくなると電気の使用量が多くなるので火力発電所を動かさざる得ない状況が出てくる可能性はあります。

また、石炭火力発電所の稼働を制限している間は他の発電をいつもより多く稼働させていることでしょう。石炭火力発電よりは微小粒子状物質(PM2.5など)の発生は少ないものの、発生するのは間違いないので、他でどの程度増えているのかも算出する必要があります。

また、コスト的には石炭火力発電は安い部類になると思われます。その稼働を止めることでどの程度、コストにはねかえるのかも予め算出する必要があるでしょう。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)