韓国への外国人直接投資が減少(2019年)

韓国への直接投資が大幅減少
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

2019年の韓国への外国人直接投資が減少したことが明らかになりました。その内容を詳細に見ていきましょう。


スポンサーリンク

記事「韓経:投資魅力消えた韓国…外国人直接投資13%減」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:韓経:投資魅力消えた韓国…外国人直接投資13%減

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 2019年の外国人直接投資(FDI)が2018年より13.3%減少
  • 2018年は前年の269億ドルだったが2019年は233億3000万ドルだった
  • 到着基準FDIは127億8000万ドルで、前年比26%減少
  • 韓国の企業環境が悪化したのが原因の1つ(最低賃金上昇、週52時間労働、科学工場の規制など)
  • 逆に累積海外直接投資は前年より11.6%増え過去最高を記録
  • 「新産業規制などにより韓国企業さえ『脱韓国』基調を見せているのに海外企業の積極的投資を期待するのは難しくないだろうか」という指摘も
  • 製造業が82億2000万ドルで前年より18.2%減った。部品素材部門もやはり前年と比べ23.6%減少した。サービス業は前年より5.3%減少の147億6000万ドル(この辺りは低調な輸出も影響していると思われる)
  • 生産施設や法人を直接設立して投資する「グリーンフィールド型投資」が20.5%減少、到着基準では前年比49.3%もの急減
  • 2019年のFDIは史上2位の実績と報道資料を出すなど政府は相変わらず楽観的(朝鮮日報の記事参照)

参考元:韓経:投資魅力消えた韓国…外国人直接投資13%減(中央日報2020年1月7日)

 

韓国への直接投資が減少中

韓国への直接投資が減少中です。2018年より13.3%減少、更に到達基準では前年比26%減少ということで実質的には前年の3/4まで減少したということになります。

 

韓国への投資減少の原因は?

韓国への投資減少の主な原因は記事内では「法人税減免措置の廃止」との説明がありますがそれならば到達基準の大幅な投資減少が説明できません。

やはり韓国国内の企業環境が大きく悪化したというのが主な原因でしょう。

最低賃金は急上昇して人件費が急騰しています。また化学関係の規制が厳しいということで化学関係の企業の参入が困難になっています(文大統領は大統領になる以前から化学工場規制強化を訴えていた)。

2018年末で法人税減免処置が廃止されたというのも理由の1つですがやはり韓国の企業環境の悪化が大きいのだろうと思われます(あと2019年の輸出減少も要因の1つ)。

 

韓国企業の海外投資が急増

その理由に韓国企業の海外投資が急増しています。2019年は2018年から11.6%増えて過去最高を記録。

すなわち韓国企業でさえも韓国国内の企業環境が悪いとして脱韓国の動きを加速させているということです。韓国企業さえも脱出するということで、当然のことながら海外から韓国に進出する企業は少なくなることでしょう。

飲食関係などサービス業は韓国は高くても売れる(海外ブランドへのあこがれみたいなものが強い)ということもあって進出するかもしれませんがそれ以外で韓国に進出する理由がありません。

 

「グリーンフィールド型投資」が急減

また、韓国への2019年の海外直接投資の特徴として「グリーンフィールド型投資」が急減しています。

「グリーンフィールド型投資」は生産施設や法人を直接設立して投資するというタイプの投資で、もう一方には「M&A型の投資」もあります。

M&A型の投資は韓国企業をそのまま買い取るという形。すなわち韓国の雇用も設備投資も増えない。それどころか減る可能性もある形の投資になります(買収した後は構造調整で人員削減する可能性あり)。もちろん韓国国内にお金が落ちるということで悪い話ではありませんが実りは少ないというわけです。

望ましいのは雇用や設備投資が増える「グリーンフィールド型投資」ということになりますが「グリーンフィールド型投資」に限ると2018年基準で20.5%減、到達基準で49.3%急減ということで恐ろしい勢いで減少しています。

すなわち海外投資が減少している中でも特に韓国経済に良い方向に寄与する投資が急減しているということになります。ここが一番のポイントかもしれません。

 

文政権の政策失敗で国内はがたがたに

全体的に見れば韓国から海外に逃避する企業が増え、逆に海外から韓国に投資する企業が減っているという形になっています。

すなわち韓国から投資、雇用が失われている状況。そしてM&Aによって韓国企業が買収されることで外国企業の元で韓国人が働くという形が増えるということになっています。

率直に言えば文政権の政策失敗で韓国が悪い方向に向かっていると言えるでしょう。

これがウォン高の状態で起こるならば仕方がないのですが今は逆にウォン安です。本来ならばお買い得ということで海外から投資が盛んに行われるはずの時期。仮にウォン高になればますます海外逃避は増えることでしょう。今以上に国内経済が悪くなるという恐ろしい話で想像したくもありません。

文政権になってからの韓国はかなり恐ろしい状況になっています。その辺り韓国国民が気付き文政権の政策を批判するべきなのですが、、、。

今の支持率だと文政権はまだしばらく続くことでしょう。韓国国民がその道を選んでいるわけでどうしようもありません。

 

まとめ

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



3 件のコメント

  • 気分良くさせてくれる人物が、必ずしも自分たちに幸せを運んでくれる訳ではない。
    自国の会社に逃げられようとしてる、自分たちで考える事が必要なのはどこの国も一緒ですね。

  • 今のままでは韓国に投資は無理でしょう。ウォン安なのにどうしようもないですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)