韓国が資本流出に怯えている理由とは?

韓国ウォン安最新情報
↑シェア、拡散歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国が資本流出に怯えている理由についてまとめられている報道があったのでチェックしていきます。


スポンサーリンク

記事「韓国が今こんなにも「ウォン安→資本流出」に怯えている理由」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:韓国が今こんなにも「ウォン安→資本流出」に怯えている理由

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 今年年始の為替相場は1ドル1158ウォンから始まった。これは昨年年始の1119ウォンより若干ウォン安のスタートで比較的安心できるレベル、1ドル1100ウォンぐらいが理想
  • 韓国にとってウォン高は、輸出数量や企業収益に悪影響を与えるため歓迎できないが、ウォン安も輸入物価上昇によるインフレを招くだけではなく、韓国からの資本流出を招くため望ましくない
  • 2019年に一時的に1ドル1220ウォン程度までウォン安が進んだ理由は、米中貿易摩擦により世界経済の見通しが悲観的になったから
  • リスク回避のため韓国に流れ込んでいた株式や債券などへの投資資金が逆流しウォン安になったが、秋以降は米中貿易摩擦が緩和する方向に動きだしたことなどから、ウォンが持ち直した
  • 前回のウォン急落から今年で12年になるが、ウォンが急激に下落するリスクは払拭されておらず、国際金融市場の環境変化が悪化すれば、いつ発生してもおかしくない状況
  • 韓国の通貨であるウォンが脆弱な理由は大きく2つ。第一の理由はウォンの取引額が少ないから資本の取引に影響を受けやすいということ、そして第二の理由は韓国の資本取引規制が緩いので資本流出が起きやすいということ
  • 例えば1998年4月から2008年9月までの10年5カ月に2219億ドルが純流入した後、リーマンショック後のグローバル金融危機により、2008年9月から2009年1月までの4カ月間に695億ドルが純流出した。つまり10年かけて流入した資本の3分の1が、4カ月という短期間で流出し通貨危機を起こした。流入はゆっくりだが流出は早い
  • 急激なウォン安に対して政府が打つ手としては為替介入があるが外貨準備高は有価証券が95%ですぐに現金化できず市場介入によりウォン安を食い止めるだけのドルの現金を得るまでには、タイムラグが生じウォン安が急激に進む
  • 韓国で1997年および2008年にウォンが急落したが、再びウォンが急落する可能性はいつでもあることは認識しておく必要がある

参考元:韓国が今こんなにも「ウォン安→資本流出」に怯えている理由(現代ビジネス2020年1月9日)

 

韓国が金融危機を起こしやすい理由

今回の記事では韓国が金融危機を起こしやすい理由、そしてそれに対応できない事情などがまとめられています。

 

韓国が金融危機を起こしやすい理由

まず韓国が金融危機を起こしやすい理由は以下の2つです。

  • ウォンの流通量が少ないので資本の取引に影響を受けやすい
  • 資本取引規制が緩いので資本流出が起きやすい

韓国は数年来、貿易黒字を続けているので本来ならばウォン高になるはずなのですが(黒字で残ったドルをウォンに交換するのでウォン高になるはず)、2019年は資本流出が続いたのでウォン安になっているという状況です。

本来の動きとは逆になっているということで韓国からの資本流出が相当大きいということが分かります。

 

2019年は何故、資本流出が起きたのか?

では何故2019年は資本流出が起きたのでしょう?

2019年はアメリカ中国の貿易戦争で世界経済の見通しが悲観的になったことで韓国に流入した資本が逃げ出したのです。

そのため急激にウォン高になった。2019年も韓国は毎月、貿易黒字を続けているので本来ならばウォン高にならないとおかしいのですがウォン安になったということで資本流出が続いているということが分かります。

そして記事にはありませんが資本流出が続いた原因にはは文政権の政策の失敗もあります。韓国国内の企業環境が悪いので企業は韓国から海外に逃げました。逆に韓国に入ってくる企業は減った。そのために資本の流出の方が大きくなったということです。

(参考:韓国への外国人直接投資が減少(2019年)

資本流出により韓国国内経済がますます厳しい状況になっています。

 

外貨準備高でウォン安防衛ができない場合も

仮に資本が流出して過度なウォン安になった場合は外貨準備高で防衛します。しかしながら外貨準備高では防衛できない場合もあります。

記事によると、それは外貨準備高のほとんどが証券だからとしています。そして記事ではほとんどがドル建ての証券とありますが、ドル建てでない証券もかなり多いと思われます。その理由は韓国の外貨準備高がドル安の時に増え、逆にドル高の時に減るからです。2020年12月はドル安に動いたので外貨準備高が増えて過去最高を更新しています。

(参考:韓国、2019年12月の外貨準備高が3か月連続で最高更新

外貨準備高は増えてはいるものの、ウォン安防衛するには不十分の可能性もあるということで何とも難しい状況になっています。

また過去には日本やアメリカが韓国の通貨危機を救ってきましたが韓国はそれには感謝していません。逆に批判めいた発言が多い。そのために日本では韓国を二度と助けるべきではないという論調が多くなっています。

更には日韓関係、米韓国関係も悪化しており韓国通貨危機が起きた場合に救ってくれる国がないかもしれません。

(参考:韓国通貨危機の時の日本支援と韓国の反応

2019年も1ドル1220ウォン近辺までウォン安が進みました。今年は昨年よりもウォン安でスタートしたので更に危険な状況に陥る可能性もあるかもしれません。

2020年の韓国は国内経済も悪化中で過去最高に危険な状況になりつつあるのかもしれません。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



2 件のコメント

  • ウォンと米ドル、ウォンと日本円にしても、為替議論は、論理を構築した説明がとても難しいし、説明受けたとしても、現実的に相場予測は、当たらない。
    当面指摘できるのは、韓国ウォン相場は資本取引の影響を受けやすいし、韓国経済の実情では、厳しい資本取引規制も難しい、ことぐらい。
    「オマエは私見も披露せず、結局何も言っていないでないか、と言われるとその通り。」
    2020年も注意深く、相場を見ていくだけです。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)