韓国がレッドチーム入りする可能性は?

韓国がレッドチーム入りする可能性は?
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

最近、韓国のレッドチーム入り(中国、ロシア、北朝鮮チーム入り)の可能性についての報道が増えてきたように感じます。現実に韓国国内でも話題に出てくることが増えており文政権が北朝鮮融和に向けて動いていることもあってレッドチーム入りもやむなしという韓国人も増えてきた印象です。その辺りについて日本視点の記事があったので解説していきます。


スポンサーリンク

記事「韓国が米国を無視して「レッドチーム」入り間近?元駐韓大使が解説」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:韓国が米国を無視して「レッドチーム」入り間近?元駐韓大使が解説

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 韓国の文大統領の年頭記者会見での発言、康京和外交部長官の米国ポンぺオ国務長官との会談、国家安全保障会議(NSC)の動き、盧英敏秘書室長の発言などから分析すると、レッドチーム入りが間近であると思わせる動きがここ数日相次いでいる。それは主に金剛山観光事業に関連した動き
  • 韓国は米国の理解を得ていると言い張っているが、米国の説明とかなり食い違っており米国の意向に反する動きを続けている状況
  • これらの動きは韓国側が北朝鮮と韓国の関係を立て直すためには米国の意向を無視して南北協力事業を推進していく以外ないと判断した可能性がある
  • 具体的に見ていくと、まずは文在寅大統領の年頭会見で 南北交流事業の独自推進に言及、特に金剛山観光について前向きだった。それ以外にも康京和外交部長官が実質的に「韓米関係よりも米朝関係を重視する」ような発言も(かなり言葉は選んでいますが)
  • 盧英敏大統領秘書室長は「金剛山観光や対北朝鮮個別訪問の場合、国連の北朝鮮に対する制裁に該当しない」として「いつでも履行することができるし、この部分を検討している」「南北関係の改善が米朝対話に役立つと思っている」と都合の良い自己理論を展開。
  • それぞれアメリカ側が反発している北朝鮮融和を韓国独自で進めようとする発言で、今後は実際に行動に移す可能性もある。当然それはアメリカとしては問題視する内容
  • 文大統領は心情的に日米よりも中朝に近い。日米を離れ中朝に接近したいとの文大統領の気持ちが今後においてどのように作用するのかが注目
  • 韓国はレッドチームに入るかどうかではなくいつ入るかを注視する段階に入ったと思われる

参考元:韓国が米国を無視して「レッドチーム」入り間近?元駐韓大使が解説(ダイヤモンドオンライン2020年1月19日)

 

韓国のレッドチーム入りの可能性はあるのか?

韓国のレッドチーム入りの可能性は十分にあり得ます。寝耳に水という人も多いかもしれませんが最近の韓国を見ていると動きが出てもおかしくない。アメリカも韓国を見捨てる体制を少しずつ作っています。

ただしその時期はいつになるのか?というとかなり予測が困難です。個人的には具体的な動きが出るのは早くても選挙の後の4月以降だと考えています。

 

動きが取りづらい韓国

今の韓国は非常に動きが取りづらい時期でもあります。まずは北朝鮮が韓国を刺激し続けています。この動きが韓国にとってはちょっとばかり辛い。

最近の北朝鮮を見るとかなり焦っている感じがします。噂では金正恩党委員長の健康状態はかなり悪いとされており北朝鮮内部の動きが活発化。まずは現体制側が何らかの成果を出したいということで韓国に圧力をかけていると感じと思われます。期限を切って動きを見せているのは韓国を何とか動かせようという意思の表れでしょう。

ただし最悪の場合は体制が崩れる可能性もあり韓国としてはあまり変な動きもできません。また韓国は2020年4月に選挙を控えており大きな動きをするのはリスクがある。なので今は北朝鮮に向けて「何とか観光開発に向けて動きますよ」というメッセージを送って少し待ってもらおうという状態と思われます(待ってくれるかどうかは微妙)。

このメッセージを表に出すことで韓国は「韓国国内世論の反応」「アメリカの反応」「北朝鮮の反応」をチェックしそれらの反応を総合的に判断して北朝鮮融和政策に動くかどうか判断すると思われます。

(文政権は外交、経済政策など良いところは見つかりませんが情報を小出しにして反応を見るというのだけは上手だと感じます。特に国民世論の動きは慎重にチェックして次の動きを決めているように見ます)

 

韓国国民の世論の見極め

やはり最も重視するのは韓国国民の反応ということになるでしょう。2020年4月の選挙で負けたら動きが取れなくなるのでそれだけは何とか阻止したい。そのために韓国世論調査などをチェックしつつ北朝鮮融和政策について情報を小出しにに出して、北朝鮮融和政策に移っても世論が政府の動きを指示してくれるかどうかチェックしている段階と思われます。

現時点で韓国国民世論が北朝鮮融和に前向きであればすぐに動く可能性は否定できません。選挙の前に動いてその成果を前面に出していきたいところ。ただし北朝鮮融和に向けて世論が許してくれるかは微妙。やはり韓国国民もアメリカが怖いからです。

韓国政府がアメリカの反応もチェックしているのは間違いありません。アメリカが激怒して強硬な姿勢を取れば韓国国民が反アメリカでまとまる可能性があり、実は文大統領としては最もそれが望ましい展開と考えていると思われます。

しかしながら現状ではアメリカはいたって冷静、韓国はアメリカや国連と協議した上で北朝鮮融和に動くべきという正論を出しており韓国側としてはこの程度では韓国国内世論を反アメリカでまとめることができず苛立つ展開となっていることでしょう。

今の段階ですぐに北朝鮮融和に向けて動くとアメリカからの反発、国際社会からの反発を受ける可能性がありそれで韓国世論が反政府になると選挙で不利。今はじっと我慢している状況でしょう。

 

韓国国民の現状

現状で韓国国民の心がアメリカから徐々に離れているのは間違いのないところですが、それでもまだアメリカが敵対するという展開を恐れ反対している人の方が多いと思います。

特に選挙で重要となる中道層がまだアメリカ寄りであると思われ韓国政府としては動くのは早いと考えていることでしょう。その辺り中道層の動きを韓国政府は最も重要視して分析していると思われます。

(ざっと私の知り合いから聞いた話とかいくつかの韓国掲示板の内容を見ている限りではまだ中道層はアメリカ寄りかと)

 

選挙の後に注目

ということで現状、韓国政府は選挙まで動きは取れないと思います(アメリカや北朝鮮がとんでもない動きを見せない限り)。

全体的には韓国政府側が選挙までは情報を小出しにして様子見をするという展開が続くと思われます。

そして選挙の結果を見て大勝であれば一気に北朝鮮融和に向けて動く可能性が高いとかと。これが辛勝であれば一番読みづらい。そして選挙敗北ということになると全く動けない状況になると思われます。

個人的には選挙敗北が韓国そして日本にとっても良いと思っていますが、現状ではどうなるかは未知数と言えます。

 

アメリカはどうする?

状況にもよりますが韓国が北朝鮮融和に積極的に動けばアメリカは激怒し経済的に韓国に圧力をかける可能性が高いと思います。

輸出がメインの韓国は大きな打撃を受ける。下手をすれば壊滅的な打撃を受ける。

だからこそ韓国としては動けない部分もあったのですが国民の世論が動けば経済よりも南北融和に動く可能性が出てくると思われます。

 

日本の対応について

文政権になり韓国がレッドチーム入りする可能性はかなり高くなってきたのは間違いのないところでしょう。そしてこれは日本にとっては重大問題です。

ところがまあ日本の平和ボケは凄いです。そういった議論についてまともに考えるマスコミはほとんどない。

韓国がレッドチーム入りすれば「主敵は日本」ということになります。韓国の防衛費は日本を超えており非常に危険。

(参考:韓国の防衛費が日本の防衛費を抜いていた!1人あたりの負担では日本の2.5倍

日本としては韓国の状況に応じて防衛費を増やすのはもちろんのこと自衛隊の配備や世界各国との協力関係など大きく変更する可能性があると思われます。

また韓国は日本に戦いをいどむはずがないというのも平和ボケと思われます。

韓国では歴史教科書で75%は近代について教え、更には日本が植民地時代にひどいことをしたと教えています。更には日本のおかげで近代化したという記述は完全に削られています。教科書が反日プロパカンダの道具とされているとも言われる状況。

(参考:韓国の歴史教科書は反日プロパカンダの道具

しかも反日教育が当たり前になってきておりそれに反抗した生徒は謹慎させられ最悪、退学になる可能性も指摘されています。それでも学生がかわいそうという世論はあまり起きない。それが今の韓国です。

(参考:韓国では反日教育に抗議した学生が懲罰の対象に!?

ボイコットジャパンで国が1つにまとまったのも記憶に新しいところです。韓国がレッドチーム入りしたら危険という認識は絶対に必要と言えます。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



5 件のコメント

  • 韓国ってそんなに危険な状況だったんですね。さすがに戦争にはならないと思いますが、日本にあまり大きな影響がないといいですね。

  • 韓国が日米側の陣営から抜けると、(自動的に)レッドチームに組み込まれる・・・でしょうか?

    中・露・北朝鮮にとって韓国がチームに入ることは、それほどメリットがあるでしょうか?

    • 中国は韓国の産業が魅力なので取り入りたいところでしょう。

      また韓国がレッドチームとなると日本は防衛すべきところが多くなるので(日本海側に軍を増やす必要あり)手が回らないところが増えます。

      日本の領海侵入するのもやりやすくなります。

      ロシア、北朝鮮にもそれなりのメリットはあるでしょうね。

  • レッドチーム入りは、今のままでは時間の問題でしょう。
    記事でも述べられているとおり、選挙で文在寅大統領が続投となれば、待ったなしと言ったところでしょうか。
    ただ、文政権への批判の声も出始めていることから、崖っぷちに立たされているとう見方もできますね。
    いずれにせよ、選挙の結果を見守るしかありません。

  • レッドチーム入りされても今の韓国状況ではしょうがないと思いますね。選挙でどうなるのでしょうかねぇ。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)