韓国株が急上昇!韓国経済復活のきざしか?(2020年2月6日時点)

韓国株が急上昇、韓国経済復活のきざしか!?(2月6日)
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国株が急上昇!復活のきざしでしょうか?急上昇を続けています。


スポンサーリンク

記事「韓国株価、1年3カ月ぶり最大上昇率…新型肺炎の恐怖から脱出?」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:韓国株価、1年3カ月ぶり最大上昇率…新型肺炎の恐怖から脱出?

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 新型コロナウイルス感染症の恐怖で値下がりしていた韓国の株価指数が2020年2月6日、大幅に上昇
  • 2月6日のKOSPI(韓国総合株価指数)は62.31(2.88%)値上がりした2227.94で取引を終了。2.88%の上昇率は18年11月2日(3.5%値上がり)以来1年3カ月ぶりの最大
  • 外国人と機関の買いが集中。買い越し額は外国人は1581億ウォン(約147億円)、機関が5161億ウォン。逆に個人は6890億ウォンの売り越し
  • 自動車・造船関連株などが含まれた輸送装備業種が5.41%値上がりし、鉄鋼金属(5.1%)、医薬品(4.9%)、建設業(4%)などすべての業種で株価が急上昇した。時価総額上位銘柄もサムスン電子(2.69%)、SKハイニックス(2.87%)、サムスンバイオロジクス(5.92%)、現代車(6.45%)、現代モービス(3.08%)などほとんどが値上がり
  • 株価上昇の要因はコロナウイルス治療薬およびワクチン開発関連の報道、景気指標好調による米国株式市場の上昇、中国の米国産製品に対する関税引き下げ発表など
  • 個々最近、中国景気に敏感な鉄鋼、自動車関連株などコロナウイルスのため落ち幅が相対的に大きかったが、その反動で今日の反騰幅も大きかった
  • アメリカや日本など世界的にも株価は上昇しており韓国株もその恩恵を受けた形でもある
  • まだ感染者数が減っていないうえ、コロナウイルスが経済に及ぼした影響が正確に把握されていないだけに、変動性が縮小するまで慎重さが必要と思われる

参考元:韓国株価、1年3カ月ぶり最大上昇率…新型肺炎の恐怖から脱出?(中央日報2020年2月7日)

 

韓国株が急上昇で韓国経済復活のきざし?

韓国株がここ数日急上昇を見せています。2019年末から2020年にかけてアメリカ中国の貿易戦争が一息ついたということで世界的に株価が上昇。韓国株も上昇していました。

しかしながら先週末から今週初頭において新型肺炎の影響で株価が急落。今後が心配されるところでしたが急反発となっています。

 

今週の韓国株価は急上昇

週が始まった時にはおよそ2088まで下がり心理的ラインの2000まで下がるのも時間の問題かと思われましたが現実には逆の動きを見せ、ここ数日で急反発。2月6日時点では2227.94まで急上昇。2月6日だけで2.88%の上昇、今週全体では5%以上の急騰となっています。

2020年の韓国経済は基本的には復活すると見られているのでしょう。新型肺炎関連でダメージを受けていた韓国株ですがその新型肺炎の影響はそれほどないとの評価を市場から受けたようで急上昇となっています。

これは韓国株だけでなくアメリカや日本でも同様。特にアメリカは最高値を更新する動きを見せています。

 

このまま韓国株は上昇を続け経済も良くなる?

ただ、このまま韓国株ならびに韓国経済が良くなるかというと、どうにも疑問符が付きます。

例えば韓国の自動車製造ラインは部品調達が困難で止まっているところも多く、生産に支障が出るのは間違いないところでしょう。

(参考:2019年絶好調だった現代自動車が赤字のピンチ!?

(参考:韓国、新型肺炎で自動車業界が製造のピンチに

2月6日は自動車関連株も上昇したとのことで、それらの問題も解決の目処が付いたのでしょうか?現時点では自動車関連は悪いニュースばかりなので気になるところです。

また、新型肺炎の影響で中国の経済が悪化するのは間違いのないところ。韓国にも影響が出るのは必須と思われ、今後の株価や為替はちょっとしたニュースで急激に動く可能性があり注視すべきと思われます。

個人的には今の株は手を出せない。市場があまりにも新型肺炎の影響を楽観視しすぎているように見えます。

どこかで株価暴落がありそうで怖い、、、。新型肺炎の影響を中心に2000どころか1900切ってもおかしくないと個人的には思っています。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



2 件のコメント

  • 株価が景気先行指数であることは、その通り
    ただし、韓国のような小さな市場では、自国経済要因より、他の大きな市場の影響を受ける割合が多いから注意が必要

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)