韓国で「親日称賛禁止法」ができる?

韓国で「親日称賛禁止法」ができる?
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

文政権の圧勝で韓国で「親日称賛禁止法」ができるかもしれないという、とんでもない話が出てきました。さすがにこんな法律ができたら日本は韓国と手を切ってもいいのでは?とも思えるのですがどのような法律なのでしょうか?報道の内容を見ていきます。


スポンサーリンク

記事「「文在寅」圧勝で確定“日本を褒めることを禁止する”法案のヤバい中身」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:「文在寅」圧勝で確定“日本を褒めることを禁止する”法案のヤバい中身

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 2020年4月15日に行われた韓国国会の総選挙では300ある議席のうち文在寅政権の与党である「共に民主党」系は、保守系野党である「未来統合党」系を大きく上回る180議席を獲得した
  • 今回の“歴史的大勝”により、文在寅政権は、残り2年の任期中に「やりたい放題」の政策を展開できる
  • 韓国社会の従軍慰安婦問題の世論を主導してきた正義記憶連帯の尹美香元理事長も当選し、慰安婦問題に対する教育と研究活動などに対する政府支援を法制化することを目標にしており日本としては面倒な話
  • 他にも反日関連法制定の一環として「光復会」という団体が「親日称賛禁止法」という法律を設立させるための活動を始めると宣言
  • 2018年12月に「共に民主党」の朴光温(パク・グァンオン)議員が発議した「日本の植民地支配と日本軍の性奴隷制度の被害者に対する虚偽および情報操作禁止法」がベース
  • 具体的には、慰安婦と徴用工の問題をはじめ、日帝の植民地支配や侵略戦争行為について歪曲・美化・鼓舞または宣伝する者には、「2年以下の懲役、または2000万ウォン以下の罰金を科する」となっている
  • 親日的な主張をオンライン上で拡散する行為も禁止しており、インターネット上でこれらの主張に同調する一般人の行為も処罰対象となる。インターネットプラットフォーム運営者は、関連コンテンツを削除する義務があり、義務に違反した場合は最大650億ウォンもの罰金となる

参考元:「文在寅」圧勝で確定“日本を褒めることを禁止する”法案のヤバい中身(デイリー新潮2020年4月22日)

 

韓国の言論、思想弾圧「親日称賛禁止法」

韓国では言論や思想を弾圧する「親日称賛禁止法」なる法律ができる可能性があるようです。恐ろしい話と言えるでしょう。

 

親日称賛禁止法とは?

「親日称賛禁止法」は2018年12月に「共に民主党」の朴光温議員が発議した「日本の植民地支配と日本軍の性奴隷制度の被害者に対する虚偽および情報操作禁止法」がベースになるとされています。

慰安婦と徴用工の問題をはじめ日帝の植民地支配や侵略戦争行為について歪曲・美化・鼓舞または宣伝する者には、「2年以下の懲役、または2000万ウォン以下の罰金を科する」とされています。

これは明らかに言論の弾圧、思想の弾圧と言えるでしょう。

 

何故、今の時期に親日称賛禁止法が?

もともと慰安婦など日韓併合時代の議論は韓国ではタブー視されていました。当然のことながら日本側の立場に立っての議論は不可。慰安婦はお金をもらって働いていたと主張した大学教授などは土下座させられました。

その後、インターネットが広がって様々な議論が韓国でもできるようになったのですが、それによって韓国の言っていることはおかしいのではないのか?という議論も少なからず韓国国内でも出てきました。

反日種族主義はベストセラーになったのですが、それも同じような動きです。多少なりとも韓国国内で自由な議論の動きが出てきました。

それが今の与党、文政権としては驚異と見えたのかもしれません。そこで言論、議論そのものを弾圧しようとしたのが「日本の植民地支配と日本軍の性奴隷制度の被害者に対する虚偽および情報操作禁止法」であり、その後継となるのが「親日称賛禁止法」ということになります。

 

ホロコースト法(ホロコースト否定禁止法)がベース?

「親日称賛禁止法」のベースになるのはホロコースト法(ホロコースト否定禁止法)だとされています。このホロコースト法はナチスドイツの犯罪を「否定もしくは矮小化」したものに対して刑事罰が与えられる法律でEU各国で制定されています。

この法律をベースにしているとのことですが日本とドイツナチスとは全く違うので同じような法律を作るのはあまりにもひどい話と言えるでしょう。

ナチスドイツは数百万人の虐殺をしたとされ更には支配したポーランドなどでは学校教育も小学校4年生までに制限したとされています。日本は虐殺もしていないしたくさんの学校も作った。比較することなど論外です。

(参考:日本とドイツの戦争責任の違い【西尾幹二氏の動画と解説】

ただし日本としても対抗するのはややこしい話です。韓国の法律に言及するのは内政干渉になります。

日本としてはこの法律の成立に対してどのような対抗手段を取っていくのか?今のうちから考えておく必要があるでしょう。

ちなみに当サイトでは日韓併合時代の韓国の嘘やダブスタを中心にまとめている記事も多数あります。韓国で法案が成立したらアクセス遮断されるかもしれませんね。

(参考:韓国の嘘やダブスタ、日韓問題まとめ

 

サイト主からのお願い!

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています。応援クリックはこちら⇒人気ブログランキングへ
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



9 件のコメント

  • 信じられないような法案ですね。
    真実を知られたら困るからこういう法案が出てくるんでしょうね。

  • 全然関係ないけどうちの5歳の長男が「次男を可愛がるな!」と一時期ずっと怒っていたのを思い出しました。

  • ゆで蛙民族は今日もコトコト煮られている。ちょうどよい温さ。反日の薪を追加するとあら、体中が熱くなって汗びっしょり。ばらまき政策のおかげで冷たいビールとチキンにありつける。ああ、韓国は世界一だとゆで蛙は幸せ。東京もNYもパリもロンドンもコロナで慌てふためいているな、ざまーみろ、もっと死ねとゆで蛙は自慢げにゲロゲロ鳴く。ゆで蛙の入っている鍋はありふれた鍋だが底は深い。底には死屍累々のゆで蛙。見たら驚いて逃げ出すはずだが、ゆでられてる方が気持ちいいから底など見ない。かくして何千匹が沈み、新しいゆで蛙が仲間に加わる。

    文政権の政策は自国民をゆで蛙状態に置くこと。自作イソップ物語だが、ゆで蛙に例えた方が良くわかるだろう。文政権は醜悪ではない。温い政権だ。ゆで蛙民族には実にふさわしい。日本賞賛禁止が出たら、次は文大統領賞賛、批判したら強制収容所送りの思想強化がやってくるだろう。反抗?やせても枯れてもゆで蛙民族だ。鍋の中で煮られてゲロゲロ鳴く方を好むと思うよ。トノサマガエルはあきれて見てるしかない。。

    • >親日称賛禁止法があっても文在寅政権に不満があったり反対する人も多いと思います。

      だから親日礼讃禁止なんですよ。政府批判者を黙らせるには政府批判者=親日礼讃者とみなす。つまり、政府批判者は日本礼讃者として片っ端から取り締まる法なのです。日本を褒める‥‥などこれっぽっちも関係ない。
      韓国の左巻き勢力は北朝鮮のスパイとして拷問にかけられた経歴の持ち主ばかりです。で、そんな連中がごっそり政権の中枢についた。恨み骨髄、歴史は繰り返されるわけです。保守党議員は軒並み牢獄に、財閥一族も見せしめにされる。反対者など待ってましたとばかりにしょっ引かれるし、弁護士も免許はく奪の憂き目に会いそう。
      韓国は北朝鮮を神聖視する奇妙な国に生まれ変わろうとしているのです。
      反対者が多くなる?政府礼讃者ばかりの国になりますよ。

  • 「親日称賛禁止法」国民が認める認めないは関係なく決まってしまうのでしょうか?なんか恐ろしい国…

  • 恐ろしい考えを実行に移そうとするのが、この文明時代にしようとするのが、トんでますね。
    日本は国内のことに気を回したいのに。

  • ネットニュースで知りましたが、本当に呆れてしまいました。
    これを機会に、日本は韓国と一切関わるのはやめましょう。
    もし成立するようなことがあれば、もう断交で構わないと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)