韓国の航空会社2020年第1四半期は過去最悪、5000億ウォン規模の営業損失

韓国の航空会社2020年第1四半期は過去最悪5000億ウォン規模の営業損失
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国の航空会社2020年第1四半期は巨額の赤字となっています。構造調整は必須と思われますがその動きは鈍い。今後も経営は厳しく赤字は雪だるま式に増えていく可能性があります。それでは韓国報道の内容を解説していきます。


スポンサーリンク

記事「航空会社の実績「歴代最悪」は開始に過ぎない第2四半期の衝撃より大きい」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:航空会社の実績「歴代最悪」は開始に過ぎない第2四半期の衝撃より大きい

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 新型コロナで韓国の航空会社の経営環境は厳しい状況
  • 大韓航空は2020年第1四半期566億ウォンの営業損失、6920億ウォンの純損失。負債比率は1124%で昨年の第1四半期(814%)と比較すると310%ポイントもの増加
  • アシアナ航空は営業損失2082億ウォン、5490億ウォンの純損失でやはり巨額赤字
  • 資産の少ないLCC各社は済州航空が657億ウォン、ジンエアーは313億ウォン、ティーウェイ航空223億ウォン、エアプサン385億ウォンなどそれぞれ営業損失を出している
  • これらの営業赤字だけでも4000億ウォン規模。他のLCCも含めると5000億ウォン規模の営業損失になると思われる
  • 第2四半期は国外線が90%以上ダウンしている状況が長く更に深刻な結果が出る可能性が高い。そのため巨額の赤字はまだ始まったばかりという声も

参考元:航空会社の実績「歴代最悪」は開始に過ぎない第2四半期の衝撃より大きい(韓国語・マネーS、2020年5月16日)

 

韓国の航空会社が2020年第1四半期は過去最悪の業績に

韓国の2020年第1四半期の航空会社が過去最悪の業績になっていますが第2四半期は更に悪くなると言われています。

 

韓国の航空会社トップの大韓航空でさえ倒産の危機か?

韓国の航空会社の業績が厳しい状況となっています。

韓国最大の航空会社、大韓航空は2020年第1四半期566億ウォンの営業損失、6920億ウォンの純損失となりました。負債比率は1124%で昨年の第1四半期(814%)と比較すると310%ポイントも増加しており雪だるま式に赤字が増えている状況となっています。

経営トップを争う内輪もめもありありすでに最悪の状況と言えるでしょう。

資産の売却も進めていますが経営困難な状況です。資産の売却も進めていますがそれでも足りず政府系金融機関から支援を受けている状況

(参考:大韓航空も倒産のピンチで続々と資産売却(2020年3月)

(参考:韓国、大韓航空に1兆2000億ウォン支援へ

(参考:大韓航空の売上、営業利益など業績推移

 

アシアナ航空は業績の悪化で買収停止の危機も

韓国、第2位のアシアナ航空も最悪の状況です。

アシアナ航空は営業損失2082億ウォン、5490億ウォンの純損失でやはり巨額赤字。大韓航空と同じように政府系金融機関から緊急融資を受けています。

(参考:韓国、アシアナ航空に1.7兆ウォン支援へ

(参考:アシアナ航空の売上、営業利益など業績推移

もともとはHDC現代産業開発が買収する予定だったのですがあまりにも経営環境が悪くなっているので買収を断念したという情報も出ています。

(参考:HDC現代産業開発はアシアナ航空の買収を断念か?

買収が頓挫すれば大変なことになります。現状では誰も買収に手を上げることはないでしょう。政府系金融機関は今後の支援をどうするのか?困難な判断を迫られそうです

 

LCC各社は資産がなく厳しい

LCC各社の赤字としては済州航空が657億ウォン、ジンエアーは313億ウォン、ティーウェイ航空223億ウォン、エアプサン385億ウォンなどそれぞれ営業損失を出している状況です。純損失はもっと大きいでしょう。

資産の少ないLCC各社は赤字の規模は大韓航空、アシアナ航空ほどではないにしても流動資産が少ないので赤字がすぐに危機に繋がります。

現状ではLCC各社がいつ倒産の危機を迎えてもおかしくない状況と言えます。統廃合必死の状況と言えます。

 

航空会社全体で営業損失だけで5000億ウォン、韓国政府はどこまで支えるのか?

これら航空会社全体で2020年第1四半期だけで5000億ウォンもの営業損失が出ていると言われています。とんでもない赤字状態ですが第2四半期は更に厳しいと言われています。まさに底なしの状況。

現在は韓国政府が新型コロナ対策として航空会社に対して休職手当を出していますが今後も税金を流し続けるわけにもいかないことでしょう。

そして給食手当などの支援金が止まればすぐに窮地になる会社ばかり(現状でもすでに窮地ですが)、韓国政府の動きも難しい状況となっています。

 

韓国の反応

韓国の主な反応は以下の通り。

<韓国の主な反応>
  • コロナ直前まで世界観光好況でお金儲けをして今になって政府から国民の血税を入れて延命しようとするのか?
  • まずは全ての資産を売却させることだね。血税の投入はその後だ
  • 政府の財政収支も大変なことになっている。これ以上の支援は無理なのでは?
  • もう破綻するしかないようにも見える
  • コロナの前にはボイコットジャパンで大変なことになっていた。国としての責任は大きい
  • 韓国は航空業界だけではなく自営業、製造業など全体が厳しい
  • 黒字の時には何もなく赤字の時だけ騒がしい

 

サイト主からのお願い!

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています。応援クリックはこちら⇒人気ブログランキングへ
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



4 件のコメント

  • 2回目の救済が、金額はさておき、あると思います。
    おそらく、経営陣の責任追及もないでしょう。
    It’s the K国です。

  • 業績が回復するアテが無いのに金をつぎこんでも無駄でしょう
    小さな会社として再建しなければならないのに、経営者も政府も限界の限界まで
    現実逃避をしているだけです

  • 韓国の航空会社の業績は惨憺たるもので暗鬱な未来しかない。次の手立ては政府の救済しかないね。原油価格下落、コロナ終息は程遠く、人や物の動きがばったり止まり米国大手航空会社がすでに倒産している。結局、経済再開しないとだめということだね。コロナが収束するためには『まばゆい防疫・検査容器』より治療法の確立が重要。感染しても治療できるなら経済は動く。

    韓国は失業者増大し、生活困窮者があふれている。国が自画自賛しすぎたせいで国民の危機意識は薄い。ゆえに困難になると弱音を吐き人のせいにする。
    韓国人は『自分たちには危機を克服する遺伝子がある』とよく自慢するww。まあ、何とかするだろう。

  • 早くコロナが終息して海外へ行ける環境が整えばいいんですけどね。そんな日が待ち遠しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)