ナヌムの家でも支援金の流用か、慰安婦無視の実態が暴露される

ナヌムの家でも支援金の流用、慰安婦無視の実態が暴露される
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

ナヌムの家でも支援金の流用、慰安婦無視の実態が暴露されています。今回はその辺りの勧告報道の内容をまとめていきます。


スポンサーリンク

記事1「国庫補助金の3億の祖母慰労金28万ウォンだけ、使わなければならないお金も使わなかった」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:国庫補助金の3億の祖母慰労金28万ウォンだけ、使わなければならないお金も使わなかった

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 「慰安婦」被害者が住む「ナヌムの家」の施設が昨年受けた国庫補助金約3億ウォンのうちの祖母に支給された見舞金は補助金3億ウォンのうち28万ウォンに過ぎないことが確認された
  • 誕生日のお祝い金は祖母1人当たり3万ウォン(計18万ウォン)であり、特別な見舞金は、おばあちゃん、1人当たり12万8000ウォン(計76万8000ウォン)が支給される。ところが補助金全体の予算に占める割合が0.3%に過ぎず更にはその慰労金さえ祖母にすべて支給されなかった。実際に使われたのは誕生日のお祝い比は9万ウォン、特別見舞金は、合計19万2000ウォンだった
  • 仮に補助金で十分でなければ後援金を活用すればいいが、ナヌムの家のキム・デウォル歴史館学芸室長ら職員7人の告発によると集まった後援金26億152万ウォンのうち実際に慰安婦に使われたのは6400万ウォンに過ぎなかった
  • ナヌムの家の代理人を務めているヤン・テジョン弁護士(グッドロイヤーズ法律事務所)はこの日、報道資料を通じて「後援金がおばあさんのために正しく使われているか点検し、不十分な部分を改善する」と釈明
  • 一方、告発したキム室長ら職員7人は「透明に真偽を確認し、相応の措置を取ると言ったが、約束と違い、内部告発した公益情報提供者を追い出そうと血眼になっている」と主張

参考元:国庫補助金の3億の祖母慰労金28万ウォンだけ、使わなければならないお金も使わなかった(ソウル新聞2020年5月25日)

 

記事2「「ナヌムの家おばあちゃんたちは10年前栄養失調まで」遅すぎて申し訳ありません」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:「ナヌムの家おばあちゃんたちは10年前栄養失調まで」遅すぎて申し訳ありません

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 2006年4月から5年間日本軍慰安婦被害者住居福祉施設であるナヌムの家で研究員として活動した日本人の村山一兵(40)氏は2011年初め「ナヌムの家おばあさんの人権問題改善要求書」を公開して運営スタッフともめ、解雇された
  • 村山さんは5月24日の韓国日報の電話取材に対し「当時も職員らが持続的に改善を求めてきたが、その間、何も変わっていないことに胸が痛む」と語った
  • 村山氏は「栄養士がいないため栄養失調にかかった女性、おばあさんの部屋に周辺の監視カメラを設置して活動だけを確認し、運営者は対面接触は避けようとしていた。この様な事情を知らず後援金を出す市民を見てこれ以上の沈黙は不可能だと考えた。10年以上問題が放置されおばあちゃんに対し遅くなって申し訳ないという気持ち」としている
  • 経営陣は2002年から専門療養施設を建てると主張し募金活動を行ったが、生活館が新築されただけで専門療養施設とは言えずハルモニ(おばあさん)の看護体系はまったく改善しなかった
  • 村山氏は当時、施設運営の改善を求めて解雇される過程で当時挺対協代表だったユン·ミヒャン氏と会った場面も振り返った。村山氏は「報告書を作成して慰安婦被害者関連市民団体に実態を知らせたがみんなが沈黙した」、「ユン・ミヒャンさんも不当だと話はしたが、挺対協が乗り出すには複雑な問題と言って介入することを拒否した」としている

参考元:「ナヌムの家おばあちゃんたちは10年前栄養失調まで」遅すぎて申し訳ありません(韓国日報2020年5月25日)

 

ナヌムの家の管理団体もひどかった

ナヌムの家は寄付金と補助金で作られた施設です。その管理団体もひどかったようです

 

社会福祉法人大韓仏教曹渓宗ナヌムの家

元慰安婦とされる人が住むナヌムの家を管理していたのは「社会福祉法人大韓仏教曹渓宗ナヌムの家」になります。仏教ということで仏に仕える身です。

それにも関わらずその管理はひどかったようです。

正義連(旧挺対協)の募金着服疑いもひどいのですがナヌムの家関連は更にひどいかもしれません。

 

栄養失調で病院に運ばれる元慰安婦

かつては日本人の村山氏もそのナヌムの家で働いていたようですがその実態はとにかくひどかったそうです。

管理栄養士がいないためか栄養失調で倒れるおばあちゃんも。

そのためおばあちゃんに対する対応を改善してもらうべく要望書を上げたのですが完全に無視されたようです。それを他の関連市民団体にも見せて協力を要請しましたが全て無視されたそうです。今回問題視されているユン·ミヒャン氏も無視。それはそうでしょう。自分も同じように慰安婦のためにお金を使っていないのだから同じような話を問題視することなどできません。

一番肝心な慰安婦への支援ができていない。

それは挺対協だけでなくナヌムの家も同じだった。集まったお金のほとんどは慰安婦に使われることはなかったのです。

 

3億の祖母慰労金から慰安婦のために使ったのは28万ウォン

社会福祉法人大韓仏教曹渓宗ナヌムの家は3億ウォンものお金を祖母慰労金として受けたのですが現実に使われたお金は28万ウォンにすぎないようです。

他にも後援金として26億152万ウォンものお金を受けたのですが実際に慰安婦に使われたのは6400万ウォンのみということで3%にも満たない。

慰安婦のために集まったお金をどこに使ったのか?あまりにもずさんな話であり許されるべきではないでしょう。

また告発した村山氏は解雇され、今回告発したの7人の職員も団体から犯人探しにさらされ危機的状況のようです。国が早急に動くべき案件と思われます。

また正義連も曹渓宗ナヌムの家も一度、慰安婦関連事業から隔離し慰安婦関連の支援金や財産などは国に戻して一括管理し、それ以降は国が公企業でも作って直接管理するべきと思われます。公務員を増やすのでちょうど良いことでしょう。

村山氏が問題点を他の市民団体に話してもスルーされる状況ではどこの市民団体に管理させても駄目と思われます。

 

韓国の反応

韓国の主な反応は以下の通り。

<韓国の主な反応>

  • 正義連もナヌムの家を管理する団体も自分の利益のために動いているだけだ。このような団体を擁護する民主党は早く謝罪すべき
  • 国の税金や支援金をことごとく着服、慰安婦おばあさんのために何をしたというのか?
  • 今の今まで韓国政府は何をしていたのか?あまりにも管理が杜撰
  • 体の悪いおばあさんを毎週のように集会に立たせ物乞いさせてそのお金を搾取する極悪団体
  • 何のための団体なのか?早急に調査し解体しろ
  • 慰安婦団体を経由せずに慰安婦に直接支給する仕組みを構築すべき
  • 5.18に対して否定的な意見を言う者を懲役に送る法律を作っても国民は無関心。言論は常に自由であるべき。そうしないと偽物を見分けることはできない
  • これは右左の問題ではなく善悪の問題。見守るなんて馬鹿なことを言わずに党はすぐに仕事しろ
  • これはとにかく恥ずかしい話
  • 日本人従業員の良心的な告白と改善要求を見て恥ずかしい思いをした。そしてあまりにも腹立たしい。全て私利私欲のための行動だったのだ
  • おばあちゃんのために真剣に働いてくれた日本人の忠告を聞かないどころか告発者として追い出すとかあまりにもひどい
  • 後援金をたんまりもらって栄養失調を起こすような食事を出すってどれだけひどいことをするのか

 

サイト主からのお願い!

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています。応援クリックはこちら⇒人気ブログランキングへ
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



6 件のコメント

  • 以前にもどこかで言ったと思いますが、慰安婦の話の内容が正しかろうがそうでなかろうが韓国人の殆どは慰安婦に関心がありません。
    であればこのようなことが起こっても何の不思議もないということです。
    徴用工については昭和19年以降から日本の敗戦まで多くの徴用工が日本で厳しい環境で働いていたのは事実です。
    これについても韓国人の殆どは同様に何の関心もありません。
    何よりも深刻なのは多くの日本人が同様に彼らに何の関心を持っていないということです。

    日本も韓国は今もアメリカの政治体制下にあります。
    その体制が続く限りこの問題が本当に日の目を見ることはないと思います。

  • この朝鮮慰安婦詐欺事件の本質は、カネを巡る確執。
    当事者は、北鮮、南鮮の親北極左、反米・反日団体、自称・慰安婦たちのための支援NGO・NPO(挺対協・正義連、ナヌムの家等を含む)、自称・慰安婦たち自身。
    今回の事件から、朝鮮人がカネのために、どういう思考と行動を取るかが見える。
    即ち、自ら放火して、「やったのはアイツだ!」と喧伝し、繰り返し威嚇して、思考停止させ、謝罪させ、悪者イメージを固定化し、賠償させる(カネを引っ張る)。
    このやり口と思考法は、支那人やヤ―のそれとまったく同じ。

  • 自国のあちらこちらで慰安婦利用している状況でよく日本に対してなんやカンや言えたもんだわ!もういい加減辞めにしてくださいね。

  • 『可哀そうなお婆さん』で思考停止する韓国人。日本の怒りがわかっていない。

    韓国では知恵遅れは今でも『塩田奴隷』にされる。かつかつの食事で長時間働かされ、手間賃さえもらえない。弱いものは徹底的にいたぶられる。可哀そうな婆も同様。『米軍相手の娼婦』が食い詰めたら乞食になるしかない。米軍人と結婚できれば出世だが、しくじったら鼻つまみだ。詐欺師に拾われ、寝られる場所、食べ物、金を恵んでもらう。その代わりに嘘つき慰安婦に成りすました。慰安婦証言がころころ変わる、証拠なし、つじつまが合わないのは(=ジープ、クリスマス、年齢、場所)詐欺師が教えたセリフをしゃべっているだけだから。乞食稼業で大泣きと哀れな身の上話はもともと得意だろうし。それにしても、塩田奴隷の境遇と同じだったとはねえ。
    せっせと泣いたのに稼ぎは詐欺師のフトコロ、自分は相変わらず乞食。

  • 一年に一回、子供の小遣いのような3000円ほど渡して
    一食200円そこらの食事(職員が流用してたからもっと安い)
    まー、刑務所以下の生活ですね

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)