ナヌムの家の後援者23人が寄付金の返還訴訟へ

ナヌムの家の後援者23人が寄付金の返還訴訟へ
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

ナヌムの家の後援者23人が寄付金の返還訴訟に動いたという情報がありました。自らが寄付したお金が慰安婦の方々に使われていないということでの訴訟ということで正当性はありますが法律的には難しいかも。その辺り報道の内容を解説していきます。


スポンサーリンク

記事「「後援金5074万ウォンを返せ」…ナヌムの家の後援者23人が返還訴訟=韓国」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:「後援金5074万ウォンを返せ」…ナヌムの家の後援者23人が返還訴訟=韓国

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 社会福祉法人曹渓宗「ナヌムの家」が慰安婦のために集められた支援金を慰安婦のために使わず横領した問題が大ききく取り上げられ後援者らが寄付金の返還訴訟を提起した。寄付金変換訴訟には後援者計23人が参加し5074万2100ウォン(約450万円)を請求した
  • 「後援行為取り消しによる不当利得返還請求」と「不法行為による損害賠償請求」を請求理由とした
  • 対策会は今後、ナヌムの家に対する追加訴訟あるいは挺対協・正義連に対して訴訟する計画も明らかに。 正義連に対して訴訟する場合はユン・ミヒャン共に民主党議員(前正義連代表)にも訴えを提起する予定
  • 訴訟に参加した大学生のカン・ミンソ氏(25)は「後援金を取り返せれば、慰安婦のハルモニに直接現金で渡したり福祉サービスをより良くすることに使う」とした
  • 法人は60億ウォン(約5億3600万円)を超える不動産と70億ウォン(約6億2500万円)を超える現金資産を保有している

参考元:「後援金5074万ウォンを返せ」…ナヌムの家の後援者23人が返還訴訟=韓国(ワウコリア2020年6月4日)

 

ナヌムの家の問題で寄付金の返還訴訟

ナヌムの家の問題で寄付金の返還訴訟が起きました。

 

ナヌムの家関連の問題

ナヌムの家は曹渓宗が管理する慰安婦が住む住宅になります。水曜日集会をしていた正義連と同じように問題提起がなされている状況。

例えば正義連関連では3%程度しか慰安婦のために使われていないとして問題提起されていました。

(参考:慰安婦慰安婦支援金のうち17億ウォンは人件費・経費で慰安婦には9億ウォンだけ

そして今回問題になっている曹渓宗ナヌムの家も正義連と同様に支援を受けたお金の数%しか慰安婦に使っていませんでした。

それ以外は自分勝手な行動のために使ったり不動産を購入したりと慰安婦の意向に沿った使い方はしていませんでした。

しかも曹渓宗ナヌムの家では栄養失調になった慰安婦がいました。また怪我をしても病院に診てもらえない冬靴さえ買ってあげないなどまるで虐待しているかのような問題もありました。

(参考:慰安婦慰安婦が住むナヌムの家でも寄付金は慰安婦に使われず、横領、虐待などが起きていた

あまりにもひどい実態に韓国国民は怒っています。

 

寄付金返還訴訟

そして出てきたのが今回の寄付金返還訴訟です。正義連の場合は「慰安婦の生活支援のための団体ではない。慰安婦の広報を中心に行う団体」としていたので寄付金の返還請求はやや難しい。

そのため「慰安婦の生活支援」をしていた曹渓宗ナヌムの家に対して先に訴訟を起こしたのだろうと思われます。

現時点では23人で5074万2100ウォンが返還訴訟をしていますが今後は更に膨らむ可能性もあるかもしれません。また韓国世論などの状況によっては正義連関連でも訴訟が起きる可能性があります。

本来ならば「曹渓宗ナヌムの家」については管理を他の団体に移行するべきでしょうが現時点ではそういった動きは全く見られません。

 

慰安婦関連、韓国社会の闇はどうなる

慰安婦関連は問題があったのですが聖域で問題を指摘することができませんでした。ようやく韓国社会の大きな闇があばかれつつあるのですがどこまで追求できるのか?これらの団体が現政権よりなので検察も手を出しにくい案件かもしれません。

今後どういった展開を見せるのかに注目ですが単なる問題提起だけで刑事罰などの処罰がされないようだと今後も同様の問題が起きると思われます。

 

韓国の反応

韓国の主な反応は以下の通り。

<韓国の主な反応>

  • もっと多くの人が返還請求に参加して欲しい
  • 全ての資産を凍結しなければいけないだろう
  • 正義連の支援金の返還請求もしてください
  • お金の前では正しい活動もゴミになっていく。市民団体すべてチェックしろ
  • 社会事業を口実に自分の利益を追求する正義連、挺対協、ナヌムの家などは解体すべき
  • ユン・ミヒャン議員資格剥奪すべき
  • 早くユン・ミヒャンを拘束してください
  • マンションを購入して更に資産を作ったんのはどう見ても募金詐欺

 

サイト主からのお願い!

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています。応援クリックはこちら⇒人気ブログランキングへ
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



4 件のコメント

  • 返還訴訟が起これば、その審議過程で詳しい収支情報が出て来るでしょう。
    だれがいくらピンハネしていたか明らかになります。

  • 人間のやること、支援目的で集めたお金が横領、流用されるのは
    古今東西よくあること。
    昔と違い返還訴訟等の法的訴えもできるが、目的成就が極めて難しいのが現実。
    話戻って、支援する際相手の状況をよく確かめよ、と言うのが正論だが、これもまた難しい。
    時と共に変化もするし・・・。

  • これが韓国の実態。詐欺師連合に仏教界が加担していたことが判明。屋根の上に十字架が乱立するウリスト教会、信者の浄財では食えないのでサイドビジネスに励んでいるが、仏教界も負けてはいなかった。嘘つき婆を金儲けの道具に寄付金詐欺に励んでいた。
    ね、これが韓国だよ。金が万能、嘘つき社会は寄付金詐欺も立派なビジネス。慰安婦を閉じ込めて粗末に扱う、与える金は雀の涙、栄養失調になる食事は『かわいそうに見えるための環境』づくりに欠かせない。栄養たっぷりで丸々太ってる、豊かで楽ちんな生活をしている婆では‥‥誰も寄付などしない。死にかかっているほど演出効果が高い。だまされやすい日本人は気をつけよう。

    だまされた、金返せと裁判起こしても金は戻らない。嘘つき婆に金を渡さなかった連中が返すもんか。時間稼ぎされて弁護士にむしられるだけ。弁護士も詐欺師だ。韓国社会は詐欺師天国。日本は韓国を見習う必要はない。

  • 最近の報道では、元慰安婦とされる李容洙氏が実は慰安婦ではなかったとされる話が既になかった事になっています。
    この訴訟の記事も、結局は明らかになりかけていたいわゆる慰安婦の真実を隠す目的であるように思えます。
    反日ビジネスの看板である元慰安婦を守るために、尹美香氏とナヌムの家に責任を負わせようとしているとしか見えません。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)