韓国の嘘やダブスタ、日韓問題シリーズなどまとめ

韓国の嘘と日韓問題
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

今回は韓国の嘘、ダブスタなどの問題についてのまとめです。

とにかく韓国は反日で日本が悪くないと気がすまないところが多いです。特に日韓併合時代について韓国側の主張はおかしく嘘やダブスタが多い。日本はしっかりと韓国の嘘やダブスタに負けずに主張していく必要があると言えるでしょう。これら韓国の問題について日本人はしっかりと理解すべきです。

もちろん日本側の主張が間違っている可能性もあります。その辺り「日本の主張はおかしい韓国側の主張が正しい」と主張しているサイトへのリンクも貼っているのでそちらも確認することをおすすめします。

(愛国者の方へのお願い:韓国の嘘やダブスタなど各記事についてツイッターやフェイスブックで定期的にシェアすることもお願いしたいところ。日本人に韓国の情報を伝えることにご協力をお願いします)


スポンサーリンク

日韓併合時代についての嘘

まずは日韓併合時代について韓国の歴史の主張がおかしいということを考えていきます。

 

韓国は植民地時代に日本にひどいことをされ様々なものを奪われた?

日本の教科書にも書かれているのですが日本は韓国を植民地にして韓国に多大な迷惑をかけたとしています。

しかしながら当時の記録を見ると日韓併合は韓国の希望でもありその要求に日本が答えた形です。そして日韓併合時代は植民地という言葉がおかしいぐらいに日本は様々な面で韓国に援助していました。

日韓併合時代に日本は韓国に多大な出費をしました。現在のお金で63兆円ものお金を使ったとされ、5000校もの学校を作り、ハングル語の教科書を作って教育し、道路や鉄道などのインフラを整備し、水田などの生産性を向上させ経済成長させています。

人口も増加、米の消費量も増加しています。

日韓併合時代に韓国は日本にひどいことをされたとしていますがこれらの事実を突き合わせるとひどいことをしたというのはおかしいというのがすぐに分かります。

現実には日本が韓国に尽くした時代と言っても過言ではないでしょう。詳細は以下のリンク先でも確認ください。

(参考:日本が韓国を植民地支配しひどいことをしたというのは本当か?

 

日本がハングルを奪った?

韓国では日本が日韓併合時代にハングルを奪ったと主張していますがそれもおかしな話です。

まず日韓併合前の李氏朝鮮時代はハングル語はあまり使用されていませんでした。中国の従属化にあったので漢字を使うことが多かったのでハングル語自体があまり広がっていなかった。

朝鮮で初のハングル使用の新聞・公文書が出たのは李氏朝鮮末期の1886年で、しかも日本人顧問である井上角五郎の協力によって作られたとされています。

そして日韓併合時代に日本はハングル語を整備し文盲を無くすべくたくさんの学校を作り教科書を作り教育しました。

戦争が激しくなった時期1938年にハングル語が必修ではなくなり更には1941年にハングル語の授業が行われなくなりましたが、それでもってハングルを奪ったとするのはあまりにも暴論です。

現実に1940年代の新聞もありハングルを奪ったという話はおかしいと言えるでしょう。

(参考:日本が日帝時代に韓国からハングルを奪ったという嘘

 

創氏改名で日本が韓国人の名前を奪った?

韓国は日本が日韓併合時代に創氏改名で韓国人の名前を奪ったと主張しています。

しかしながらこれもおかしな話です。

当時の韓国人は仕事のために日本人名が欲しいという要望が多くありました。そのために創氏改名制度で日本人名を付けることを許可しました。

日本人名が嫌な人はそのままの名前で姓を名乗っても良いとしており強制ではありません。

創氏改名で韓国人の名前を奪った奪ったというのはあまりにも暴論と言わざる得ないでしょう。

(詳細:創氏改名の真実、日本が韓国人の名前を奪ったという嘘

 

日本が韓国から土地を奪った?

韓国は日本が日韓併合時代に韓国人の土地を奪ったと主張しています。

しかしながら日本(朝鮮総督府)は土地台帳の下書きまで作り、それを見せることで里町を含めて住民と土地の所有権についてしっかりと議論をしていました。

そしてこの土地台帳が今の韓国の土地行政の基礎にもなっています。韓国の発展に貢献したのに何故か土地を奪ったことになっている。あまりにもおかしな話しです。

(詳細:日本(朝鮮総督府)が韓国人の土地を奪ったという説も嘘?

 

日本が韓国から米を奪った?

韓国は日本が日韓併合時代に米を奪ったと主張しています。

しかしながら日本はインフラなどを整備することで米の生産性を上げ、収穫量も増やしました。

それによって韓国での米の消費量は上がっています(1人あたりでは増えていませんが人口が増えた分だけ消費量が上がりました)。

そして生産量が増えて余った米は日本に輸出していたというのが現実です。

当時の新聞記事によると日本はもっと米を輸入するべきという主張も出ており、米を奪ったというのは呆れるような話と言えるでしょう。

(詳細:日本が日韓併合時代に韓国から米を奪ったという嘘

 

慰安婦問題の嘘

韓国では日韓併合時代の日本政府が韓国人女性を強制的に連行して軍人の相手をさせられたと主張しています。

しかしながら現実には日本政府が強制連行したという記録は全く見つかっていません。アメリカの公文書などでも慰安婦の存在についての記述はありますが日本政府の関与についてはありません。

あくまでも職業として希望する人に軍人の相手をしてもらったということです。それが慰安婦制度で戦争現場での女性への暴行などを防ぐ目的の制度と言えます(慰安婦制度が整備されていなかった1960年代のベトナム戦争では多くの女性が暴行被害にあい、混血児(ライダイハン)が多く生まれました)。

慰安婦女性は兵士よりも高額な報酬をもらったという記録がありそれで仕送りをしたり良い生活をしたとされています。

また日本政府としての関与はなかったので、現在の日本政府が謝罪する問題でもありませんが日本は韓国の「1回謝ったら今後は二度と日本に慰安婦問題を言い出さない」という言葉を信用して謝罪しました。しかしながら現実にはそれは嘘で何度も韓国から謝罪を要求され何度も日本が謝罪しているというのが現状です。

(詳細:慰安婦問題、韓国の嘘を桜井氏が指摘

また第二次世界大戦後の朝鮮戦争時代に韓国人は慰安婦制度を持っていました。韓国軍慰安婦が前線に送られる際にはドラム缶にひとりずつ押し込めてトラックで移送し前線を移動して回りという人権を無視した状況、更に「第5種補給品」という表現まで使っており人権を全く無視したもの。

明らかに日本の慰安婦制度の方が人権を尊重したもので韓国が日本の慰安婦制度を批判すること自体がおかしいと言えるでしょう。

結局の所、韓国は韓国軍慰安婦による政府への不満を日本に転嫁するために慰安婦問題を大きく取り扱っているのかもしれません。

慰安婦問題にもたくさんの韓国の嘘がまぎれていると言えるでしょう。

 

徴用工問題

徴用工問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みです。

過去の歴代政権も徴用工問題は解決済みとして触れてきませんでした。

しかしながら文政権になって徴用工問題を蒸し返しています。文政権は韓国は三権分立の国だから司法が出した結論には政府は口出しできないとしていますが、現実にはその司法、最高裁判所の長官を高裁さえも経験していない人を飛び級人事で任命したのは文大統領です。

明らかに司法介入しており詭弁と言わざる得ないでしょう。

(詳細:徴用工問題とは?わかりやすく説明

 

日本はドイツと同じように謝罪しろという話

韓国はドイツと同じように日本も謝罪すべきと主張します。

しかしながらドイツはユダヤ人など数百万人の人を大量虐殺しました。

日本と韓国との関係でよく比較されるドイツとポーランドの関係で見ると、ドイツは占領したポーランドに小学校4年までの教育しか認めず、しかも知識層100万人を虐殺したとされます。

日本は虐殺などしておらず、更には小学校どころか大学まで作っています。日本とドイツはやっていることが全く違う。比較すること自体がおかしいと言えるでしょう。

(詳細:日本とドイツの戦争責任の違い【西尾幹二氏の動画と解説】

 

ライダイハン問題についての韓国の矛盾

韓国にはライダイハン問題があります。

これはベトナム戦争時代に韓国軍が現地の女性を暴行し多くの混血児(ベトナム語でライダイハン)が生まれたという問題です。

戦争で現地の女性を暴行するというのは明らかに許されない戦争犯罪です。

職業として軍人の相手をしてもらった慰安婦問題よりも明らかに罪が重いと言えるでしょう。

しかしながら韓国は慰安婦問題で日本を批判し、調査を要求し更には謝罪や賠償も要求する一方でより重罪であるはずのライダイハン問題については調査さえも拒否しています。

韓国のひどいダブルスタンダートと言わざる得ないでしょう。恐ろしい話です。

(参考:ライダイハン問題と慰安婦問題の比較、何故ライダイハン問題は黙殺されるのか?

(それ以外にもベトナム戦争時に韓国軍が民間のベトナム人を一方的に虐殺を行ったという戦争犯罪行為も問題です)

 

竹島問題

竹島は日本が1905年に島根県に編入しました。韓国から特に抗議もなく日本の領土となったのです。

その後、第二次世界大戦が終了し領土についての協議もなされサンフランシスコ条約で1951年に日本の領土にするとされていました(効力を発揮するのは1952年)。

しかしながら韓国はサンフランシスコ平和条約発効直前の1952年1月に一方的に竹島を韓国領土にするなどの李承晩ラインを制定し更には日本漁船など一般人を攻撃して多数の死傷者を出しました。

韓国が武力によって竹島を実効支配しそれが今でも継続しているわけです。

(参考:竹島問題とは?分かりやすく説明したつもり~日本と韓国の主張の相違~

すなわち竹島は日本の領土ですが韓国に武力によって実効支配されているという状態と言えます。

 

韓国通貨危機における日本の支援を感謝するどころか反日に利用する韓国

韓国で通貨危機が起きるたびに日本は韓国を支援しました。

しかしながら韓国は「日本のせいで危機に陥った。しかも対応が遅い」「日本は出し惜しみをしている」「日本が勝手にやったこと」「韓国を手懐けようとしている」などさんざんな言いようです。

支援をしてもそれを感謝するどころか反日に利用する韓国。恐ろしい話です。

(参考:韓国通貨危機の時の日本支援と韓国の反応

 

外国人参政権を要求する韓国の問題

韓国は何故か、日韓議員連盟などを通じて日本は外国人参政権を付与すべきという要求をしてきます。その理由に韓国では外国人参政権を付与しているからとしています。

しかしながら韓国で外国人参政権を与えられる永住者の人口は日本と比べ物にならないぐらい少ないので韓国と同じように考えること自体が無理な話。

逆に日本で外国人参政権を与えると外国人が多い地域などでは外国人に都合の良い条例などができて大問題といえるでしょう。

絶対に外国人参政権付与はあり得ないと思われますが日本では外国人参政権付与に積極的な政党が多いので注意したいところです。

(参考:韓国からの日本に外国人参政権を求める声について

 

捕鯨禁止しているはずの韓国が日本より圧倒的多く捕鯨

日本は捕鯨国です。ただし乱獲は問題があるとして厳しく漁獲量を制限しています。2019年は日本の年間捕獲頭数は383頭、混獲を含めているのかどうかは不明ですが含めているとして500頭ぐらいの漁獲量に制限しているわけです。

一方で韓国は捕鯨禁止国。それにもかかわらず年間で2019年は1960頭もの鯨類の混獲があったとされています。混獲は日本の20倍近くもあり捕鯨禁止国にも関わらず日本の4倍もの捕鯨をしているわけです。どう考えても狙って捕鯨していると考えられます。

しかも韓国は捕鯨禁止国なのに鯨肉の専門店などがあり笑えない冗談となっています。しかも流通量から考えると混獲の3倍以上の密猟がなされているとも言われています。

世界では日本の捕鯨を攻撃する風潮がありますが韓国の方が問題といえるでしょう。

(参考:韓国は捕鯨禁止しているのに捕鯨量が日本の4倍で混獲が20倍?しかも鯨肉を販売する店も!

 

韓国の嘘をあばいたベストセラー「反日種族主義」

韓国の嘘をあばいた書籍「反日種族主義」は日韓でベストセラーとなりました。

書籍では「韓国国民は嘘付き」「韓国の政治や社会も嘘」「韓国の学問も嘘」「韓国の裁判も嘘」ということで断罪しています。

そして日本に対しては特にその傾向(嘘)が強くそれを公正にみない韓国社会を反日種族として断罪しています。

主観が入っている部分もあるので完全にそうとも言い切れない部分もありますが韓国の一方的な主張はおかしいということで貴重な書籍と言えます。

日本人視点での韓国関連書籍を読むのもいいですが韓国人視点での韓国関連書籍も読むといいでしょう。

(参考:「反日種族主義」はヘイト本!?あらすじ感想、口コミなど

 

ラオスダム決壊問題

韓国は様々な件で根拠もなく日本に謝罪や賠償を求めてきます。

では韓国はどうなのか?先のライダイハン問題もそうですが自らの問題については調査さえもしない。

2018年にはラオスダムが決壊しましたがその保証もろくにしない。

韓国の嘘やダブスタはひどすぎます。

(参考:「ラオスダム決壊最新情報、人災確定か?」日本や韓国の反応も

 

台湾も韓国の嘘の被害者

親日国として有名な台湾も韓国の嘘の被害者です。

1992年の台韓国交断絶では韓国は台湾にはずっと「国交断絶することはない」と説明していたのに一夜にして裏切ったそうです。

もちろん韓国にも事情はあったでしょうが国交断絶するならばきっちりと相談すれば良かったでしょう。

他にもサムスンはカルテル問題で自分だけが助かるためだけに台湾企業を裏切った。その辺り韓国の節操のない裏切りに台湾人は怒っているようです。

他にもいくつか理由があるそうですが詳細は以下のリンク先で確認ください。

(参考:台湾も韓国が嫌い?その理由は?

 

日本側の問題

日本は韓国の一方的な主張を受け入れすぎました。

「1回謝罪すればもうこの問題は取り上げない」という嘘に騙されて謝罪、慰安婦合意も実質的に破棄されるなど本来ならば日本が激怒しても良い話です。

日本政府も強く対応しようとしたこともあったでしょう。

でも日本にはマスコミという敵がいます。日本の韓国報道を見れば分かりますが韓国が一方的に悪い話でも「両国で協議すべき」みたいな話にしようとします。また一方的な韓国称賛報道も多い。時には朝日新聞のような捏造記事を出して日本を攻撃することも。

以前はこういったマスコミの捏造に近い報道に国民が騙されてきたこともあり政府に強く要望はできませんでしたが、昨今ではマスコミの捏造に近い報道はネットであばかれるようになりました。

よってマスコミの韓国関連報道が出たらネットで真実を探るようにしましょう(もちろんネットの意見が正しいとは限らないのでソースの確認など怠らないように)

そして政府が動くためには国民の支持が必要です。竹島問題など政治家が強く出れない背景には日本国民の後押しが弱いということがあります。しっかりと勉強して韓国に対して強く要求するという気持ちを日本国民が持つ必要があります。

その辺り、韓国人視点でも何でも受け入れた日本側にも問題があるという指摘もあります。きつい言葉でお花畑の日本人と指摘されています。この辺りは心に留めておく必要があるでしょう。

(参考:韓国人ブログ「頭がお花畑の日本人達は馬鹿だ」~日韓関係を悪化させたのはお花畑の日本人~

この指摘通り、韓国が偉そうにするのは日本の歴代政権が弱腰だったからです。韓国も分かってくれるだろうと楽観的に考えていたからです。

安倍政権になって多少はマシになりましたが今後も韓国に対して、しっかりと対応するように政権を応援すべきでしょう。

 

まとめ

今後も韓国の嘘、矛盾や日韓問題をまとめていく予定です。

取り上げて欲しいネタとかあれば提案いただければ幸いです。

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



3 件のコメント

  • 多くの社会現象は、多面的要素があり、しかも、ひとつの現象が別のことに影響を与え、複雑です。
    これは、何も今に始まったことでなし。古今東西昔から、あります。
    よって、いろんな解釈があって然るべきで、自分の考えと違って当然という、寛容さがないと、物事進みません。

  • この記事を見ると韓国と仲良くするということは無理だということを強く思わされますね。
    近年では「韓国はひどい」という印象が国民全体にだいぶ浸透してきたのではないでしょうか。

  • ☆ NHK告発本の紹介!!

    https://honto.jp/netstore/pd-book_30424121.html
    ●決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル NHK受信料を払わなくても良い理由
    ●著者 小山 和伸 (著) 990円 ●出版社:展転社
    ●2020年8月5日発売

    ●本書で法的処置も万全!一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!
     反日放送を繰り返す中国・韓国のプロパガンダ機関NHKは大問題です、中国向けに無料で700本も番組を放送できる資金力は日本人が払った「受信料」です、日本人を貶めるプロパガンダ機関に金を払うのを止めてください。
     上記書籍は近日発売されますが、マイナーな出版社につき書店に並びにくいので国民全員が、地元の図書館にリクエストして下さい、年配の方はネットからの情報に疎いので図書館に置いてもらうのは有効な方法なのです、犯罪集団NHKやヤラセ人殺しのフジテレビをこれ以上のさばらせてはいけない、だからまずは、犯罪集団NHKの罪状を正しく知り、怒りの声を政治に反映させなければいけません。
     上記の書籍を購入して家族や知り合いと情報を共有したり、図書館にリクエストして幅広い層に読んでもらい犯罪集団NHKの実態を知ってもらうよう、ご協力をお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)