桜田五輪相のがっかり発言を切り取りするマスコミ

日本の国旗
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

桜田五輪相の発言が批判されています。

白血病と診断されたことを公表した競泳の池江璃花子さんに対して「がっかりしている」と発言したのが問題だとされています。

でもマスコミ報道に違和感を覚える人も多く、マスコミの発言切り取りがひどいという意見も、その辺りについてまとめていきます。


スポンサーリンク

桜田五輪相のやり取り全文

桜田五輪相のマスコミとのやり取りは以下の通りです。

ほとんどは池江選手を気遣ってのコメントで個人的には特に違和感はありません。

でも世間一般的には大批判を浴びました。それが赤字の部分が批判されている部分です。

タイトル:「白血病公表」桜田五輪担当相発言全文

(以下、一部引用)

12日に東京都内で記者団の質問に答えた内容の全文は次の通り。

--きょう、競泳の池江選手が自らが白血病であることと、しばらく休養することを発表しました。大臣として、これについての受け止めをお願いします

「正直なところ、びっくりしましたね。聞いて。本当に。病気のことなので、早く治療に専念していただいて、一日も早く元気な姿に戻ってもらいたいというのが、私の率直な気持ちですね」

 

--競泳の中ではですね…(有力な選手ですよね)

 「本当に、そう、金メダル候補ですからねえ。日本が本当に期待している選手ですからねえ。本当にがっかりしております。やはり、早く治療に専念していただいて、頑張っていただきたい。また元気な姿を見たいですよ。そうですね」

 

--大臣はこれまで、池江選手の活躍をどのようにご覧になられてましたか

「いやあ、日本が誇るべきスポーツの選手だと思いますよね。われわれがほんとに誇りとするものなので。最近水泳が非常に盛り上がっているときでもありますし、オリンピック担当大臣としては、オリンピックで水泳の部分をね、非常に期待している部分があるんですよね。一人リードする選手がいると、みんなその人につられてね、全体が盛り上がりますからね。そういった盛り上がりがね、若干下火にならないかなと思って、ちょっと心配していますよね。ですから、われわれも一生懸命頑張って、いろんな環境整備をやりますけど。とにかく治療に専念して、元気な姿を見せていただいて、また、スポーツ界の花形として、頑張っていただきたいというのが私の考えですね」

 

--最後に一言だけ。池江選手にエールを送るとしたらどんな言葉を

「とにかく治療を最優先にして、元気な姿を見たい。また、頑張っている姿をわれわれは期待してます、ということです」

(引用元1:「白血病公表」桜田五輪担当相発言全文、日テレNEWS:2月13日)

(引用元2:「がっかり」だけではなかった 桜田五輪相発言全文、産経新聞:2月16日)

注)引用元1、2共に同じ内容です。

 

桜田五輪相を批判するマスコミの報道例

上記の桜田五輪相のコメントに対するマスコミの報道の例は以下の通り。

報道の一部の部分を切り取るだけでなく、全く離れた2つの文章を組み合わせたりして全く違う内容にして報道しています。

タイトル:(社説)桜田五輪相 妄言・迷走も極まれり

(以下、一部引用)

人間の尊厳をどう考えているのか。それよりも金メダルや国威発揚が大事なのか。

白血病と診断されたことを公表した競泳の池江璃花子(りかこ)選手について、桜田義孝五輪相がおととい、NHKの記者らに対し、「がっかりしている」「(五輪の)盛り上がりが若干下火にならないか、心配している」などと感想を述べたという

信じがたい発言だ。かねて閣僚としての資質が疑われてきた桜田氏だが、その任に堪えないことが改めて明白になった。

(引用元:(社説)桜田五輪相 妄言・迷走も極まれり、朝日新聞:2月14日)

 

タイトル:蓮舫氏、桜田五輪相の池江璃花子への「がっかり」発言に「人としてどうなの」

(以下、一部引用)

立憲民主党の蓮舫副代表(51)が13日、自身のツイッターを更新。2020年東京五輪の金メダル候補で競泳女子のエース、池江璃花子(18)=ルネサンス=が白血病を患っていると公表したことを受け、桜田義孝五輪担当相(69)が「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、ガッカリしている」などと述べたコメントを批判した。

蓮舫氏は、桜田氏の発言に「この大臣はもはや論外。五輪を担う資格さえないし、人としてどうなの。予算委員会に備えようと、再度思いました」と厳しい言葉で批判した。

(引用元:蓮舫氏、桜田五輪相の池江璃花子への「がっかり」発言に「人としてどうなの」、スポーツ報知:2月13日)

 

タイトル:玉川徹氏がメダル至上主義の五輪担当相を一喝「病気をまず治すということが何よりも大事」

(以下、一部引用)

桜田五輪相は、競泳のシンデレラガール・池江璃花子(18=ルネサンス)が白血病を告白すると「ガッカリしている」「下火にならないか心配」とコメント。五輪相とは思えない暴言に、ネット上では「辞めろ」コールが殺到している。

取材生活30年のテレビ朝日解説委員・玉川徹氏は「桜田大臣のコメントで『ガッカリ』とか『残念だ』とか、五輪の機運が沈んでしまうのが残念だとか、人間として見てるのかと思う。五輪担当大臣だからそういうふうなこと言うのが正しいと思っているのかもしれないですけど、まずは人間として病気をなんとかしてほしい(と願うのが普通)。池江選手のおばあさんも『水泳とかどうでもいい。とにかく病気を治してほしい』と言っている。まずはそこですよ」と一刀両断。

羽鳥も「人として『ガッカリ』というコメントはこのタイミングでは出てこないと思う」と同調した。

(引用元:玉川徹氏がメダル至上主義の五輪担当相を一喝「病気をまず治すということが何よりも大事」、auポータルの東スポweb:2月13日)

 

マスコミの方が人としてどうなのか?

今回の桜田五輪相に対するマスコミ報道は事実を湾曲しておりBPO案件になると言う声もあります。コメントをそのまま報道するならまだしも、一部だけを切り取って更には全く離れたコメントを繋ぎ合わせて全く違う印象の内容に変えています。

事実と違う内容として報道して人格否定しており許されない行為だとも言えるでしょう。

桜田五輪相に対して「人としてどうなのか?」という投げかけをしている報道もあるのですがマスコミ自体が人としてどうなのか?と感じます。

もちろん、人によっては受け取り方は様々でしょう。

全文を読んでもなお、桜田五輪相の発言はおかしいと感じる人も多いことでしょう(ただし既に固定概念が入っている可能性は否定できない)。

それはそれでいいのですが、やはり発言の一部だけを切り取って全く違う内容にして悪意のある報道をするのは人格否定であり犯罪行為。しかもそれは個人ではなくマスコミという立場なのでその罪は非常に重いと言えるでしょう。

 

マスコミ報道に対する批判

以下はマスコミの報道に批判的な内容の報道です。

東スポWEBなんですけど、、、先にも紹介した通り東スポWEB自体が湾曲報道していいますよね。何を言っているのか?という感じがしないでもないです(東スポはゴシップ誌だから許される?)。

タイトル:桜田五輪相の不適切発言に悪意なし? マスコミへの批判強まる

桜田義孝五輪相(69)が競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)に対して「ガッカリした」などと発言し、謝罪した問題で、ツイッター上ではマスコミを批判する声が上がり始めた。

ホリエモンこと堀江貴文氏(46)は「マジでマスコミくそ」とつぶやき、理由には触れなかったものの、桜田五輪相を擁護した。

また、構成作家の百田尚樹氏(62)は「桜田五輪相は、記者の質問に対して、五輪について発言したからこそ、『がっかり』や『盛り下がり』みたいな言葉が出た。その発想が情けない!『今は五輪なんて関係ない! 治療に専念してほしい』と馬鹿な質問する記者を一喝すべきだった」とツイート。

「命を失うかもしれない女の子を前にして、五輪やメダルへの落胆を言葉にする感覚が許せないと言ってます。もちろん、そんなことを質問する記者も同類。大臣のコメントを聞いた池江さんがどう思うかを考えれば、記事も映像もボツにしてほしかったと言いたい」と主張した。

百田氏は「テレビや新聞の記者たちは、何も考えずに、関係者のコメント取りに走ります。とくにテレビは、ニュースに使える有名人を追いかけます。そこには選手に対する配慮も気遣いもありません。あさましい、としか言いようがない。まるでハイエナです」と続けた。

桜田五輪相の発言を巡っては、問題発言の前に記者からの質問で「競泳の中でも有力な選手だ」との前振りがあったことが判明。全体の発言を通しても池江の体調を気遣う趣旨となっており、ネット上では大臣としての資質は別にして「誘導」「発言の切り抜き」などと報道側にもブーイングが飛び交っている。

桜田五輪相の不適切発言に悪意なし? マスコミへの批判強まる、ヤフーニュース内の東スポWEB:2月14日)

ヤフーのコメントを見ると「切り取り発言や印象操作はかなり明るみになってきた」、「これまではマスコミの意のままに操られていたと痛感」といったコメントが多くマスコミ批判が多くなっている印象です。

 

マスコミに反省なし

先の東スポwebのように違う視点からの報道は一部ありますが、マスコミからは反省の声は全く見られません。

事実と違うことを報道して更には人格否定にまで発展しているのに、それについて全くコメントなし。マスコミには全く自浄作用を期待できないということでしょう。

最近はネットが発達してマスコミの報道がおかしいという意見が増えてきました。マスコミの闇をあばくということでネットの素晴らしい部分です。ただしネットも行き過ぎることが多く問題が多い。結局の所、マスコミもネットも闇の部分があるということです。そして現状ではそれぞれに自浄作用はほとんど期待できない。

よって、今後はネットとマスコミが相互に監視していく状況が必要だと感じます。どちらかが乗っ取る形になるとやはり情報操作されてしまい危険、うまく両立するような形にする必要があるでしょう。

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国経済

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



1 個のコメント

  • マスコミは自分たちの書いた記事がいかに読まれるかを信念としているので、事実と異なる、または誇張した内容で書いてしまう気持ちは理解できますが、それらに操られることなく自分自身で本質を見極める目を養っていきたいなと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)