三星電子(サムスン電子)中国の最後のスマホ工場も人員削減、韓国の反応も

サムスン電子ロゴ
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

サムスンの中国最後のスマホ工場も人員削減するとのこと。

韓国企業の中国撤退の動きは続いているようです。

いつもの中国ならば反撃しそうなものですが、さすがに今は有効な手段がないという感じに見えます。


スポンサーリンク

三星電子、中国の最後のスマホ工場も人員削減

サムスン電子(三星電子)が中国最後のスマホ工場も人員削減しているとのことです。良いタイミングでの撤退と言えるのではないでしょうか。

三星電子、中国の最後のスマホ工場も人員削減

中国メディア「財新」によると、三星(サムスン)電子は中国内に唯一残っている恵州のスマートフォン工場で従業員の削減を始めたという。退職すれば補償金を支払う希望退職の形で14日まで申請者を受けつけているという。中国市場でのスマホ販売の不振などの影響で、昨年12月に天津工場を閉鎖したのに続く後続措置だ。1992年に恵州工場を建てた三星電子は2006年からスマートフォンを生産してきた。

三星電子は、「世界的なスマホ市場の停滞と企業間競争の激化で、中国内の販売量が減少し、仕方なく物量を調整する一方で、経営の効率化を進めている」と明らかにした。ただ、「米中間の貿易摩擦とは関係がない」と拡大解釈を警戒した。

引用元:三星電子、中国の最後のスマホ工場も人員削減(東亜日報2019年6月6日)

 

韓国企業の中国からの撤退、縮小が続く

韓国企業の中国からの撤退、縮小が続いています。

中国工場で製品を作ってアメリカに輸出するというのが1つのパターンだったのですね。

外国企業の投資を引き込みたい中国に良い顔ができる。また韓国企業よりも人件費が安いのも良いことでした。

しかしながらアメリカと中国の貿易戦争が本格化する中でアメリカへの輸出に関税がかかることになり商品が売れなくなる。

そこで他の国から輸出した方がいいということになり中国からの撤退、縮小が相次いでいるわけです。

 

中国の反撃は?

いつもの中国ならば反撃しそうなものですが今はアメリカを相手にしており余裕がありません。

フェアウェイへの部品供給が重要なのでサムスン電子を敵に回したくないという意識も働いていることでしょう。

中国から脅しをかけられているようで実は今の韓国は一時的ではありますが有利な立場になっていると思います。

中国のプライドを傷つけずにうまく付き合いができればこの難曲も超えられるかもしれません。ただし中国は静かにしていても裏で牙を研いていることは間違いないでしょう。復活した時に復讐される可能性は否定できません。

また中国に余裕がないのは間違いないところでしょう。このまま中国からの撤退が続けば仕事がなくなる国民が増え経済が萎縮し他の企業の業績も下がる、そして国民の不満がたまる、その負のスパイラルで中国に危機が訪れる可能性があります。

 

米中間の貿易摩擦とは関係がないはずがない

サムソン電子は米中間の貿易摩擦は関係ないとコメントしていますが、関係ないはずはないでしょう。

中国の工場で作っても関税の関係で儲からないのは必然。

そのために縮小しているのです。

中国を刺激しないように少しずつ縮小しているという感じでしょう。

先にも書いたように今は中国も余裕がないのでサムスン電子の動きを牽制することは困難な状況。タイミングとしてはかなり良いと思われます。

 

韓国の反応

以下、韓国の反応です。サムスンのみならず韓国企業の早めの撤退を勧める声が多いようです。

<韓国の主な反応>
  • 他のアジア諸国に工場を移転しよう、中国には希望がない
  • 今は中国に工場を保つ意味がない
  • 中国がサムスンの技術と生産ノウハウが必要であった。もともと公正な競争をするつもりがあったのではない。生産技術と工程を身につけるだけ身につけた状態で、サムスンを中国で追い出すのは、自分の会社を生かすためにも押し通すだろう
  • 中国にいてもノウハウや技術を取られるだけ、早めの撤退が良いでしょうね
  • サムスンだけでなく、ロッテ、現代自動車など早めの撤退が必要
  • 今後、中国は自由貿易から撤退させられる。工場を共産国に残しておくと危険
  • 中国は安定した売上高を期待しにくく、外国人差別も激しく、政策もよく変わる。撤退するなら今のうち
  • 半導体も含めて全て撤退すべき

 

まとめ

  • サムスン電子が中国のスマホ工場を縮小、人員削減に
  • 否定しているけどアメリカと中国の貿易戦争の影響は間違いないかと
  • 中国が反発する可能性もあり。ただしどのような形になるか不明

サムスン電子が中国のスマホ工場を縮小していましたが人員削減も進めているようです。さすがサムスン、動きがなかなかに機敏。

他にも同じような動きがあり、今後韓国の中国からの撤退が続く可能性があります。

韓国は中国の機嫌をそこねてしまう可能性がありそうですが大丈夫でしょうか?

そもそも中国が大丈夫なのか?という不安もありますけどね。

今後の中国と韓国の動きは注目と言えるでしょう。

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)