日本が韓国を植民地支配したのか?

韓国の国旗
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

日本が韓国を植民地支配したとうことで、韓国には今でも日本を恨んでいる人が多くいます。特に韓国の教科書では日本をひどく書いているようで、教育によって日本に対抗する意識を植え付けています。

しかしながら、当時の日本は本当にひどい植民地政策をしたのでしょうか?同じように植民地となった台湾は親日ですが韓国は反日であり、その両者には大きな差があります。現実には韓国により多くの投資をしたとも言われており本来ならば韓国が台湾よりも親日になるべきところです。

では、実際に日本は韓国に対しどのような政策を進めたのか?

その結果はどうなったのか?その日本の植民地(?)政策について以下にまとめます。今回は各種サイトやwikiなどに情報があるのでそれを自分なりに分かりやすくまとめ直しました。


スポンサーリンク

日韓併合の歴史

1895年に日本は日清戦争に勝利。下関条約で清(中国)から李氏朝鮮の独立を認めさせました。これだけでも日本の朝鮮に対する貢献は多大なものです。

その後1897年に現在の朝鮮(韓国、北朝鮮)である李氏朝鮮(中国の属国状態)は国号を大韓帝国に変更しました。ただし李氏朝鮮は疲弊していたこともあって独自の独立は困難。そこで1905年に大韓帝国は大日本帝国(現在の日本)の保護国に、日本人統監の支援の下で近代化への道を歩み始めます。

 

何故、日韓併合となったのか?

大韓帝国が近代化を進めるにはインフラの問題や儒教による身分制度の問題などが多くあり大変でした。そこで李朝に反旗を翻した東学党の流れをくむ人々が「一進会」を結成し「日韓合邦」の要望を日本に出します。すなわち日韓併合は韓国人側からの要望によるものでした。

一方で日本では初代統監だった伊藤博文は日韓併合に反対。そのために膠着状態になったとされています。

 

伊藤博文の暗殺

日韓併合に反対していた伊藤博文も日韓併合に理解を示し始めたとされています。それでもそのまま日韓併合に進むには微妙な状況。

そんな時に大韓帝国の安重根が1909年に伊藤博文を暗殺します。それにより日韓併合に反対する勢力の勢いが失われ日韓併合の道に進んでいきます。

(現在の韓国では安重根は日本に抵抗した英雄とされていますが現実には逆で日韓併合を推進した人物と言えるでしょう)

 

1910年に日韓併合

そうして1910年に日韓併合条約により大日本帝国は大韓帝国を併合。

大日本帝国は大韓帝国を朝鮮総督府の統治下に置きました。

この日韓併合はイギリスやアメリカ、フランスやドイツ、中華民国などの世界の主要国はこれを認めており、この条約自体は全く違法性のあるものではありませんでした。

一方で韓国は日本の植民地支配と批判しています。

 

日本は大韓帝国に多大な出費を

当時、日本や大韓帝国にとっての一番の脅威はロシアでした。

そのロシアから大韓帝国を守るために日本は多大な出費をして韓国のインフラ整備や教育などを進めます。当時の日本の国家財政の10%を韓国に投資したとされ日韓併合時期は植民地どころか日本のお金が大韓帝国に使われた時代とも言えます。

それまでの世界で植民地と呼ばれるものは略奪の対象でしたが、日本は与える側だったと言えます。そのため植民地という言葉を使うのもおかしい、日韓併合という言葉を使うべきという意見も多くあるのは当然のことでしょう。

(そもそも併合したのが韓国からの要望であることからも植民地という言い方はおかしいという考えもあります)

 

日韓併合後の大韓帝国の変化

日韓併合による、その後の大韓帝国の変化を見ていきましょう。

 

人口の増加

日韓併合により近代化し、大韓民国の人口が約1000万人から2000万人以上に増えたという説もあれば、実は人口が増えたというのは嘘(誤認)であり、それほど変わらないという説(もともと2000万人程度の人がいたという説)、1.5倍程度に増えたという説などがあります。

諸説ありますがトータルで考えると日韓併合により大韓民国の人口は増えた可能性が高いと言えるでしょう。植民地にすることで圧政をしいていたならば人口が増えることは考えづらいことです。

やはり平和的に日韓併合したと見るのが自然。

 

識字率の向上、5000校近くの小学校の設立

1911年に朝鮮総督府は第一次教育令を公布しています。朝鮮語を必修科目としてハングルを学ぶことになり朝鮮人の識字率は1910年の6%から1943年には22%に上昇したとされています。

特に初等教育に力を入れていたので小学校は100校ぐらいから1942年時点では4945校まで増えたとされています。

ここでは完全に植民地という考え方は破綻しているとも言えます。植民地支配する地に多くの学校を作るはずがない。

すなわち日韓併合の後に日本は韓国のために働き、それによって大韓帝国の子供への教育が行き渡り日韓併合は大韓帝国の近代化に大きく貢献したと言えるでしょう。

現在の韓国では「日本がハングルを奪った」という教育をしているようですが、現実には日本こそが大韓帝国のハングル普及に大きな力を注いでいたのです。

 

インフラ(鉄道、道路、上下水道、病院、学校、工場など)

大韓帝国にはインフラがなかったので日本はインフラにも多大な投資をしたとされています。

それまで朝鮮半島にほとんど存在しなかった鉄道、道路、上水道、下水道、電気インフラ、病院、学校、工場など、最新鋭のインフラの整備を行い、近代教育制度や近代医療制度の整備を進め、朝鮮半島を近代化に貢献しました。

1,527件の農業用ダムと410件の水路の建設、5億9千万本以上の植林や砂防ダム建設などの水利事業も行われたとされています。

この辺りもやはり植民地と言うにはおかしい。日本が大韓帝国の近代化に寄与したことから植民地とは違うとする意見もあるのは当然のことでしょう。

もちろん、インフラの工事は日本企業主導であり、そのお金は日本に還流しているので全て大韓帝国のために無償で行ったというわけではありません。また安価に労働力を確保したのも間違いないところで日本の企業は潤ったことでしょう。

とは言え、それは現代の発展途上国への先進国の投資も基本的に全く同じです。全く同じどころかその当時の日本の国力から考えると過剰な投資をしていたわけであり、日本としてはかなりの無理をして韓国の近代化に力を注いだと言えるでしょう。

そうして、インフラ設備が乏しかった大韓帝国に投資し近代化に貢献、大きな資産を残したのは間違いないところです。インフラ整備を見ても大日本帝国が大韓帝国を植民地化していたという言葉は当てはまらないと言えるでしょう。

 

水田の生産能力の向上

インフラを整備したことで水田は併合前の84万町歩が1920年は155万町歩になり、1928年には162万町歩となり、1942年には177万町歩となったとされています。水田の生産面積がほぼ倍増。

更に生産効率も向上したとされ1910年の1反あたり0.796石から1937年には1.635石へと倍増したとされています。

単純計算で大韓民国の水田は4倍の生産能力になりました。

その食料を日本が奪ったという主張もありますがやはりおかしい。現代の先進国の発展途上国への投資も同じ形です。先進国は発展途上国に投資しそこで生産された食料品などを先進国が輸入することでお互いにwinwinの関係を作っています。それと全く同じ話。

また、その生産した米を日本に輸出することで現在のサムスングループの創始者である李秉喆らは多額の利益を上げたとされています。現代の韓国が大きく発展したその芽がこの時期に生まれたと言っていいでしょう。

 

経済成長

2004年にはソウル大学が「1911年から1937年にかけての朝鮮における産業構造の変化が、第1次産業で75%から45%、第2次産業で7%から22%、第3次産業で18%から33%にそれぞれ上昇し近代化、資本経済化が急速に進んだ」と調査結果を発表しています。

また大韓民国の1912年から1937年にかけての年平均実質GDPが4.10%、実質GDEが4.24%の成長(同時代の日本本土やアメリカは3%台、欧州は1%台)となっており、世界恐慌下においても飛躍的な成長を遂げていたとの調査結果を発表しています。

大韓帝国の近代化に大日本帝国が大きな貢献をしたことは間違いないと言えるでしょう。

何故、これだけの結果を残しているのに「日本は大韓帝国を植民地支配してひどいことをした」ということになるのか不思議なところです。

現代の常識にあてはめてもおかしなところは何もありません。むしろ現代の発展途上国への投資よりも当時の日本は大韓帝国に貢献したと言えるでしょう。

 

まとめ

日韓併合により当時の日本(大日本帝国)は韓国(当時の大韓民国)を植民地化し支配しひどいことをしたという説が基本路線になっていますが結果を見る限りそれはおかしい。

現実には植民地化というよりは大日本帝国は大韓民国と共に歩むために、近代化に大いに協力したと考えたほうが自然だと考えられるでしょう。

もちろんその中には現地の労働力を格安で使ったというような状況もあったかもしれません。でもそれは現代でも先進国から発展途上国への投資で普通に行われていることです。

更にはその当時の日本は学校を作り教育までしていた。これは現代の投資でさえもあり得ないことです。

それなのに、現在の韓国では日本の侵略行為だとしておりその認識の差は大きい。韓国には現実の結果、数字で判断して欲しいところ。

現実に先に紹介した数字や結果を見る限りは日本は韓国の近代化、発展に大きく寄与したと考えられます。

それを植民地支配してひどいことをしたと一方的に批判するのはあまりにもひどい話と言えるでしょう。

参考サイト一覧:日本統治時代の朝鮮(wiki)、韓国併合(wiki)、日本の独立日本の朝鮮植民地支配日本の戦争の歴史日韓併合時には、朝鮮人の人口はどのくらい(Yahoo知恵袋)、嫌韓厨が示す朝鮮の人口推移データを考察する(誰かの妄想)

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国経済

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)