世界で最高の国ランキング2019で日本は2位、韓国は?

韓国の国旗
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

世界で最高の国ランキングで日本は2位という成績だったようです。

かなり高いですね。素晴らしいことだと思います。

ちなみに日本人は出てくる評価に対して(今回の結果に限らず)、高すぎるという判断をする人が多いそうな。

逆に海外の人は評価に対して低すぎると判断する人が多いらしい。

日本人は自己評価低いですからね。

そして韓国の世界ランキングはどうなのでしょう?その辺りの状況や日本の現状などについてチェックしてみました。


スポンサーリンク

世界で最高の国を決めるランキング2019で日本は2位

世界で最高の国を決めるランキングで日本は2位、2018年には5位だったのでランキングがアップしているようです。

このランキングから考えて日本はいい国だと言えるでしょう。

個人的にも日本はいい国だと思います。普通に仕事をしていれば食べることに困ることはない。

コンビニやスーパーがたくさんあるから買い物にも困るという地域はかなり少ないことでしょう。

最悪の場合は生活保護もあるし支給される金額も諸外国に比べて高い。物価も昔は諸外国に比べて高かったけど今は逆に安いぐらい。

犯罪も少ないと思う。警察官がしっかりしている。

他国に比べたら生活しやすい国ではないかと思います。

不満があるとしたら子供を育てるのに楽な環境ではないということかな。子ども手当てとかはもっと国が負担すべきだと思います。そのために消費税を上げるのはありかなと。

 

日本人は満足度が低い?

日本が特徴的なのは自己評価が低いことらしい。

ランキングよりも下に見積もる。

おそらくは日本がどれだけいい国なのか分かっていない。恵まれているということが分かっていない。

他人の目さえ気にしなければ何をするにも楽な国だと思う。

日本は「第2位」“世界で最高の国”ランキング2019

(以下、一部引用)

“世界で最高の国”を決める国際ランキング「ベスト・カントリーズ」(2019年版)で、日本が総合第2位に選ばれ、注目を集めている。

~途中略~

日本は総合ランキングで2位。これは2016年の7位から、前々回と前回の5位を経て、躍進したかたちだ。しかし、この結果を「そうか、なるほど」とすんなり受け入れる日本人はどれだけいるだろうか?

詳しい内容を見る前にひとつ示しておきたいことがある。それは、今回の調査対象となった国々のほとんどで、自国に対するイメージが他国からのイメージを上回っているということだ。

だが、日本はその逆をいく最たる例で、他国の人々が日本についてよく思っていても、日本の人はそんなに素晴らしいとは感じていない、という結果だった。

引用元:日本は「第2位」“世界で最高の国”ランキング2019(クーリエ・ジャポン(ヤフーニュース内)2019年5月22日)

 

韓国のランキングは22位

韓国は世界で最高の国を決めるランキングで22位とのこと。

このランキングそのままで考えていいのかどうかは微妙なところもありますが、まあ韓国で生活するのは大変だと思う。

日本と比べると教育に使うお金がとんでもなく高いらしい。大学進学率は短大・専門学校を含めると80%台(日本は50%超)、塾に通わせるのは当然で月3万円以上はかかります。

受験戦争は激しく小学生でも学校から直接家に帰らず夜遅くになるらしい。

日本でも以前あったような光景ですね。

そうやって頑張って大学に入れても就職はない。若年層の失業率は10%以上で実質25%とも言われています。

就職も大変、アルバイトもない、お金は貯まらない。そのためエリートでないと結婚も大変。

男性は徴兵制もあるので男性は2年~3年ぐらいは軍隊に所属しなければいけない。そこでもらえるお金もたいしたことはないのでそこでもお金が貯まらない。

エリートと言われる人でも大手企業だと40代ぐらいで肩たたきが待っているらしい(もちろん本当に優秀は人材は残る)。一方で日本はなんだかんだ言っても終身雇用制がまだ残っている。年金受給まで頑張ればまあなんとかなりそう。

その年金も韓国では確か5万円以下ぐらい。物価も日本と変わらないのに蓄えがなかったらどうやって生活していくのか。

自殺率が日本の4倍とも言われ、特に高齢者の自殺が多いらしいのですがそれも分かるような気がします。

韓国はかなり大変。正直、私は今のメンタルだと韓国で頑張る自信はない。

「韓国人に生まれなくて良かった」元駐韓大使が心底思う理由

(以下、一部引用)

私は、韓国人に生まれなくて本当に良かったと思う。韓国は過酷な競争社会である。大学の受験戦争、就職難、結婚難、老後の不安、OECDの中で最も高い自殺率……。加えて男性が虐げられた社会である(女性はそうは思わないかもしれないが、男性にとって悲しい現実)。

~途中略~

しかもその努力たるや。高校生は、朝、2つの弁当を持って登校する。放課後、夜の10時まで図書館に籠って自習し、その後は「学院(ハグォン)」で勉強を続ける。まさに人生を懸けた戦いである。

~途中略~

韓国では、子どもの教育費に散財し貯えの乏しい家庭が多い。加えて子どもの結婚費用にそれまでの蓄財を使い果たし、借金までする親がいる。2014年に基礎年金制度が発足し、所得が下から70%までは月に10〜20万ウォンが支給されているが、国民年金や公務員年金を受給する高齢者はわずか32%である。

高齢者の収入を比較すると日本は16万円、韓国は36万ウォン(3万6000円)であり、高齢者の貧困比率は48.6%である。日本では、高度成長期に会社勤めをしていた人ならば、国民年金と厚生年金に加入していたはずである。韓国では、非引退世帯の12%は国民年金・退職年金・個人年金のいずれにも加入していない。

引用元:「韓国人に生まれなくて良かった」元駐韓大使が心底思う理由(ダイヤモンド・オンライン:武藤正敏2017年2月14日)

 

日本に生まれて良かった

元駐韓大使の武藤正敏氏が「韓国人に生まれなくて良かった」と言っていますが私は「日本人に生まれて良かった」と思っています。生まれながらにして恵まれている。

日本人は今の環境を当たり前だと思っていてはいけないと思います。

もちろん、他の国の状況を見て他の国を卑下してはいけません。

そうではなく、私達は恵まれているのは間違いないということでその恩恵をありがたいと考え、その中で一生懸命に生きることが必要だと思います。

先にも書いたように日本は他人の目を気にしなければ本当に生きやすい国です。他人の目を気にしすぎたり他の人と比較しすぎると思う。自分らしく生きるということを考え、他人他と比較しなければ日本は本当に過ごしやすい良い国と思います。

 

世界で最高の国ランキングTOP80

以下、世界で最高の国ランキング2019の1位~80位です。参考にどうぞ。

世界で最高の国ランキング
順位 国名
1 スイス
2 日本
3 カナダ
4 ドイツ
5 英国
6 スウェーデン
7 オーストラリア
8 米国
9 ノルウェー
10 フランス
11 オランダ
12 ニュージーランド
13 デンマーク
14 フィンランド
15 シンガポール
16 中国
17 ベルギー
18 イタリア
19 ルクセンブルク
20 スペイン
21 アイルランド
22 韓国
23 アラブ首長国連邦
24 ロシア
25 ポルトガル
26 タイ
27 インド
28 ブラジル
29 イスラエル
30 ギリシャ
31 カタール
32 サウジアラビア
33 ポーランド
34 トルコ
35 メキシコ
36 クロアチア
37 南アフリカ
38 マレーシア
39 ベトナム
40 エジプト
41 チェコ共和国
42 モロッコ
43 インドネシア
44 コスタリカ
45 スリランカ
46 ペルー
47 ハンガリー
48 アルゼンチン
49 ドミニカ共和国
50 フィリピン
51 エストニア
52 パナマ
53 チリ
54 タンザニア
55 ラトビア
56 スロベニア
57 リトアニア
58 エクアドル
59 スロバキア
60 ウルグアイ
61 ミャンマー
62 ルーマニア
63 オマーン
64 グアテマラ
65 ウクライナ
66 コロンビア
67 ブルガリア
68 カザフスタン
69 ガーナ
70 アゼルバイジャン
71 ヨルダン
72 チュニジア
73 ベラルーシ
74 ナイジェリア
75 パキスタン
76 レバノン
77 セルビア
78 アンゴラ
79 イラン
80 イラク

引用元:Best Countries 2019

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国経済

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)