日本人よりも日本のために動く韓国人ユーチューバーWWUK(ウォーク)さん

韓国人ユーチューバー・WWUKさん
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

日本人よりも日本のために動く韓国人ユーチューバーWWUK(ウォーク)さんがおられます。彼の活動を見ると日本人なのに何もしないと恥ずかしいのでは?とも思えます。では記事にWWUKさんの活動の概要が載っているのでチェックし日本人としてどうすべきか考えていきましょう。


スポンサーリンク

記事「「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に“反日洗脳”から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」 」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に“反日洗脳”から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 日韓の歴史を見直し、熱烈な日本愛を語る韓国人ユーチューバーの動画が話題に
  • 韓国人ユーチュバーWWUK(ウォーク)氏は、オーストラリア留学中に、祖国の異常な「反日教育」から目覚め、現在は日本で生活
  • 留学先のオーストラリアで日本人と知り合い、自分が学んだ日韓の歴史に疑問を持ち調べるうちに『日韓併合』や『竹島問題』などについて、韓国の教育とはまったく違う“歴史的事実”が次々に分かった(友達グッジョブ!)
  • 世界の資料にも当たって、『韓国の歴史教育はウソだった』と確信
  • その後、日本で暮らし2018年12月に韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件が発生し、その時に韓国政府の嘘の多い対応に怒りを覚え、時事問題や日韓の歴史もユーチューブで積極的に取り上げるようになった。そして日本の視聴者には大いに注目・支持されるように
  • WWUK氏は「日本はこれまで韓国を甘やかしつけ上がらせてきた。今後も、安倍晋三政権のような強い姿勢を維持すべきだ」と指摘
  • 「日本の若者にも、左派メディアや自虐教育の影響か『日本が悪いことをした』と潜在的に考える人もいる。そういう人たちに、日韓の真実の歴史を伝えたいと言及

参考元:「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に“反日洗脳”から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」(zakzak2020年1月16日)

 

日本人よりも日本のために動くWWUK(ウォーク)さん

日韓の歴史について客観的に情報を提供されるWWUKさんのユーチューブ動画は非常に貴重です。日本人よりも日本のために動いてくれていると言えるでしょう。

 

WWUKさんのユーチューブ動画について

WWUKさんのユーチューブ動画韓国の反日活動がいかに嘘で固められているのか理解できます。是非、WWUKさんのユーチューブチャンネルをチャンネル登録してください。以下、WWUKさんのユーチューブ動画の1つになります。

チャンネル登録や動画チェックはこちらから可能です⇒WWUK TV(WWUKさんのチャンネルへのリンクです)

 

その一方で困った日本人や何もしない日本人

WWUKさんのように日本のために動いてくれる人がいる一方で、残念なことに日本人であるにも関わらずおかしな活動をする人や組織、無関心な人も多いです。

  • 朝日新聞のように捏造記事で日本に大損失を与えた企業(1回謝罪しただけで終わりにしようとしてる?)
  • その嘘情報を元に日本に大損失を与えた福島瑞穂議員(謝罪さえも無い?)
  • そして日韓併合時代についておかしな情報を一方的に流す共産党の赤旗(思想の自由はあるけど日本の政党機関紙ならばせめて両論併記すべき)
  • 他国からの嘘の情報に騙されて日本パッシングする日本人
  • 他国から嘘の情報で日本パッシングを受けているのに何もしようとしない日本人

日本人なのにそれでいいのかなと。このままだと後世に更につけを残すことになってしまいます。

自分の子供たち、後世に迷惑をかけてもいいのかと自問自答したいところです。

 

今、日本人として何ができるのか?

やはり私達は日本人として今、何ができるのか?考えるべきでしょう。

私達が何もしないことで後世につけが残る可能性があります。未来の日本のために後世の日本人が困らないように嘘の情報で日本を攻撃する勢力には対抗すべきでしょう。

そういうと凄く難しいことのように見えるかもしれませんが1つ1つの行動は簡単なことです。

  • 日本についての情報をネットなどで取る
  • 情報が正しいかどうか考える
  • 情報を身近な人に伝える
  • ツイッターなどSNSが得意ならばSNSで発信する
  • ブログが得意ならブログで発信する
  • ユーチューブが得意ならユーチューブで発信する

今、できるだけ多くの日本人が自分ができることをしてもらいたいところです。

例えば100万人が動き、平均1人に伝われば200万人に情報が伝わります。WWUKさんのように大きな影響を与えることはできなくとも1人1人の動きが重要です。

逆に言えばWWUKさんがいくら頑張ってくれても肝心な私達日本人が動かなければ何も変わりません。他国の嘘で日本がパッシングを受けるような状況は無くさなければいけないでしょう。

(もちろん本当に日本や日本人が悪いならば反省し改善する必要があります)

たくさんの日本人が正しい情報を得ることができれば議員にも伝わります。そして正しい行動をしようとする議員さんに勇気を与えます。そして正しい行動をしてくれることでしょう。

しかしながら現在の日本は逆になっているように見えます。日本人を差別するようなヘイト条例が地域でできているような状況です。

日本にいる外国人から要求を受けた議員が日本人を差別するような条例を作っています。

今の日本は、本来の姿とは逆に日本人が差別される状況を作っており後世に大きなつけを残してしまっている状況と言えます。

ひとえに今を生きる日本人の責任で後世の日本人に迷惑をかけてしまう状況になっています。私達、現代を生きる日本人は行動を起こさないことを恥ずべきでしょう。

 

WWUKさんの書籍もチェック

あとWWUKさんの書籍も最近出ているのでそちらも良かったらチェックしてください。

楽天ならこちら⇒韓国人ユーチューバーWWUK 韓国人のボクが「反日洗脳」から解放された理由 [ ウォーク ]

アマゾンならこちら⇒韓国人ユーチューバー・WWUK 韓国人のボクが「反日洗脳」から解放された理由 (WAC BUNKO 315)

これら書籍には先の記事の内容を更に詳しく、WWUKさんの考えや韓国に対する思いや苦悩など、そして今度の活動方針などが書かれています。

やはり祖国を悪く言うことは精神的にしんどいことも多い。そんな思いをしてでも日本のために動いてくれることに感謝したいところ。

ユーチューブを見るだけでなく、書籍も読むと更に理解が深まると思うので良かったら書籍もチェックしてください。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



6 件のコメント

  • 世界の資料にもあたるってすごいと思います。いろいろな視点から物事を見たりすることって重要ですよね。

  • こんな方も韓国にいるんですね。あまり目立ちすぎると韓国に目をつけられそうだから、気をつけて行動してください。

  • 教えられたことをそのまま鵜呑みにせずにきちんと自分自身で勉強して理解することが重要ですね。

  • WWUKさんのユーチューブチャンネルの内容は、韓国の記事を元にしていますので、韓国国内での報道内容や国民感情が正確に伝わってきます。
    報道に対するWWUKさんのコメントも的を得ています。
    ただ残念ながら、母国の韓国では国民だけでなくマスコミからもバッシングを受けておられます。Googleの規約変更で、ユーチューブ活動も厳しそうですね。
    現在は、この記事にもあるように執筆活動もされておられるので、書籍を購入することで応援したいと思います。
    また、日本に帰化申請もされておられるとのことです。
    ただ、「反日種族主義」の作者たちと同様にWWUKさんも韓国を見捨てたわけではなく、韓国を愛するが故の憂国のための活動なのではないのでしょうか。
    いずれにせよ、今後の活動にも期待し、応援したいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)