創氏改名の真実、日本が韓国人の名前を奪ったという嘘

日本が韓国人の名前を奪ったという嘘
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

日韓併合時代に日本は韓国からいろいろなものを奪ったと韓国側は主張しています。その奪ったものはいろいろとあるらしいのですがそのうちの1つに韓国人の名前を奪ったというものがあります。

いわゆる、創氏改名という制度で「日本が韓国人から韓国名を奪って日本名を強要した」と韓国では伝えられています。

しかしながらこれはデタラメ。確かに創氏改名という制度はありましたが、韓国の名前を奪ったというのは嘘です。

今回は韓国が主張している「日韓併合時代に日本が韓国から名前を奪った」というのはおかしな主張であるということを解説していきます。

(その他の韓国の嘘や日韓問題はこちら⇒韓国の嘘、日韓問題シリーズまとめ


スポンサーリンク

創氏改名とは?

創氏改名というのは日韓併合時代に朝鮮総督府(日本)が施行した政策のうちの1つです。

1939年(昭和14年)に、当時の朝鮮人に対して新たに「氏」を創設し「名」を改めることを許可した政策になります。

韓国では儒教文化のために女性は結婚後も他所者として夫や子供の「姓」には加われない(朝鮮では家族名という概念がない)のですが、創氏改名によって個々の判断で決めた新たな「氏」において夫婦一致させることが義務付けられたのです。

朝鮮人の約8割が日本風の「姓」で「氏」を創設しましたが、金や朴など従来の「漢姓」を夫婦の「氏」とすることも可能でした。

単純に考えると、家族名が無いと分かりづらいので(姓の数そのもも少ないので同姓同名も多い)、「氏を家族名として名前を付けてください」という政策をしたというところでしょう。

 

韓国側の主張

ここで韓国側は「日本は創氏改名によって韓国の姓名を日本式に変えさせた」すなわち韓国名を奪ったと主張しています。現代の韓国の教科書などにもそのように説明されています。

韓国において姓は先祖代々受け継いできたもの。それを奪うことで日本は韓国の伝統を途絶えさせようとしたと考えているようです。

すなわち、韓国の文化を奪うために日本が創氏改名という政策をしたという理屈です。

そうして「創氏改名は日本による略奪のうちの1つだ」と韓国では言われるようになりました。

 

創氏改名の真実

このように韓国では「創氏改名で日本は韓国の姓、歴史や文化を奪おうとした」と言われているわけですが現実には全く異なります。

 

創氏改名は強制されたもの?

韓国側の主張では氏を強制することで韓国名を奪ったというのがですが、そもそも強制ではありません。当時の新聞を見れば明らか。

当時の記事を見れば分かるように、創氏改名は強制で実施するなと通達が出ており当時の日本人が韓国の人達に誤解されることがないように苦心していた様子が分かります。

以下、拡大したのですがスマホからだと見ずらいのでその下に文章を転記しています。

創氏改名について

「創氏改名の機会を与えただけ。強制実施するな。一般の誤解を一掃して趣旨を徹底するよう南総督、定例局長会議において強調。

南総督施政の大根幹である内鮮一体を具現して婿養子制度を始め創氏改名への道を切り開かなければと、去る2月10日より実施することとなったが、創氏改名は各方面に相当な話題を与えており、創氏改名を申請した人も相当な数である。しかし、この創氏改名は慎重に取り扱わなければならない性質のものであるから、5日に総督府で開催された定例局長会議で南総督は創氏改名の制度については誤解のないようにすること、強制的に実施するものではないと言った。そして内鮮一体の具体化の為に御仁政を然るべく、その心より朝鮮の人々にも氏を創設する道を開いてくれたのであって、強制するものではないということを、一般の誤解を一層して本来の趣旨を徹底するように明言した」

要約すると「朝鮮の人も日本人と同じように氏を使っていいよ。でも強制ではないよ。誤解している人もいるから趣旨をちゃんと伝えて慎重に進めてね」という感じですね。朝鮮の人達に対してかなり気を使ってます。よく言われるところの日本が朝鮮を支配し強制したというイメージは全くありません

 

そのまま姓を氏にする人も

創氏改名の施行により、朝鮮人は氏を届ければ新しい家族名が付きました(新しく設定したということで、これを設定創氏と言います)。

しかしながら中には氏を届け出しなかった人もいます。そういった人は姓がそのまま氏になりました(これを法定創氏と言います)。

このことからも創氏改名が強制では無かったということが明らかです。「自分の好きに氏を作って名乗ってください」というのが創氏改名ということです。名乗らなかった人はそのまま伝統的な姓がそのまま氏になりました。

 

氏を作らないと不利だったのでは?

一方で韓国側からは「日本の氏がないと学校に入れてもらえない」「日本の氏がないと総督府機関などに採用してもらえない」「だから事実上の強制だった」と主張しています(現代の日本人でもそのように主張される方もおられます)。

しかしながら現実にはそういった資料はなく噂レベル。

しかも姓をそのままにして選挙で当選した人もいたとされ、現実には姓がそのままで不利になるという話はあり得ないと言えるでしょう。

以下は選挙ではないけど不利ではないという実例。

他にも自民党の議員さんが情報出しておられます。創氏改名で名前を変えていない上層部の方も普通におられたので強制などあり得ない。韓国名を奪ったという話はあり得ない。

山田宏 自民党参議院議員の公式ホームページ、動かぬ証拠シリーズも必読です。

動かぬ証拠(山田宏 自民党参議院議員の公式ホームページ内)

創氏改名制度では差別するどころか創氏改名が始まってすぐに数十万人の応募がありました。わざわざ差別する必要も理由もありません。もちろんその当時の朝鮮人の人の間に「創氏改名すれば有利になるかも?」という意識は働いたかもしれませんがそれを同調圧力と呼ぶのはあまりにも無理筋でしょう。

そういった当時の意識を逆にとって創氏改名しなければ不利な扱いを受けるという説を唱える方もおられるがそれも無理筋。80%もの人が創氏改名をし創氏改名をしなかった人は少数派となっていますがそれでも先に紹介したようにそのまま朝鮮人名でも普通に出世する人がたくさんいました。

 

何故、日本は創氏改名を施行したのか?

それでは何故、当時の日本は創氏改名を施行したのでしょうか?

単純に考えて家族名がないのはややこしいからでしょう。それでは不便ということで氏を創設したということです。

また、創氏改名は韓国側からの要望だったとも言われています。

麻生元総理大臣によると「当時の朝鮮人が日本名の方が仕事がしやすいから日本名が欲しいという要望があった」そうです。すなわち日本人と同等の権利を与えようとしたのが創氏改名ということ。

先の新聞記事などで残っている資料も含めて考えると、これが真実と考えるのが自然。

それが後年には「創氏改名で韓国の名前を奪った」ということにされてしまうのですから当時を知る日本人としては寂しい限りでしょう。普通に考えてわざわざ韓国名を奪うとかそんな面倒なことをするはずもない。

追記)以下のツイートのように満州で働くには日本人であると有利だったので日本名が欲しかったという話もあるそうです。

 

日本でもおかしな主張をする人が

創氏改名制度が実は韓国人(朝鮮人)の主張で取り入れられたものであり、また強制ではなかったのは先の文献などで明らかと言えるでしょう。

しかしながら韓国だけでなく日本でもおかしな主張をする人やマスコミなどがあるので注意したいところです。

 

総理候補までおかしなことを、、、

日本人でも創氏改名についておかしなことを言う人がいます。

「なぜ韓国は『反日』か。もしも日本が他国に占領され、(創氏改名政策によって)『今日から君はスミスさんだ』と言われたらどう思うか」

引用元:石破氏「今日から君はスミスと言われたら」日韓連携訴え(朝日新聞2019年10月5日)

なんと上記の通り総理大臣候補に名前が上がっている人までおかしなことを言っています。

知っていて嘘をついているのか、それとも知らずに発言しているのかは不明ですが、、、。

このような認識をされている人が総理大臣になるのは恐ろしい話です。安倍政権では何とか踏みとどまっていますがこのような歴史認識している人が首相になったら再び韓国に利用される可能性があります。

あと、以下は創氏改名があった当時の新聞。こちらも確認ください。

 

朝日新聞の社説(創氏改名は強制だった)に疑問の声

韓国関連になるととにかく残念な情報を出す朝日新聞。

社説では「創氏改名に強制があった」と書かれているようですが週刊ポストセブンはそれに違和感があると報じています。

この記事全体に流れるような強制性の甚しいものだったのだろうか。我々は何となくそう思っている。朝鮮人が朝鮮名のままだと警察に逮捕され刑務所にぶち込まれるというように。だが、実態はかなり違う。

(中略)

昨年一月二十一日付産経新聞連載「海峡を越えて」第二回では「金や朴など従来の『姓』をそのまま『氏』として使うことができた」。実例として、検事・閔丙晟(びんへいせい)、陸軍中将・洪思翊(こうしよく)、女性舞踏家・崔承喜(さいしょうき)を挙げている。

引用元:創氏改名は朝日新聞が主張するほど強制性が甚だしかったのか(週刊ポストセブン2019年1月28日)

事実を見れば朝日新聞の主張が明らかにおかしいと言えるでしょう。

慰安婦の捏造の件と言い、朝日新聞は韓国の歴史の話になると捏造や誤報が多すぎると感じるところです。

 

共産党の赤旗もおかしな主張

共産党の赤旗には創氏改名について「名前を日本式に変えさせようというものでした。拒否する人にはさまざまな圧力が加えられました」と書かれています。

(参考:抑圧36年、日本は朝鮮で何をしたか(赤旗2019年9月11日))

すなわち創氏改名は日本の強制だったという韓国側の主張をそのまま書いています。

しかしながらこれまで提示した過去の文献や事例などを見れば創氏改名は韓国人からの要望であり、更には強制ではなくそのままの姓を名乗っても問題ありませんでした。共産党の赤旗の主張がおかしいのは明白と言えるでしょう。

また共産党の赤旗には根拠がないだけでなく両論併記もありません。一方的に韓国側の思想のみを押し付けているだけのものです。

議論の余地のある話について一方的な内容でこのレベルのことを書いているのですからあまりにもひどいと言えるでしょう(しかもかなり以前ならまだしも書いてあるのが2019年時点ということでびっくりするしかない)。

共産党は頑張って活動している党員が多いのに何故か日本の敵と言われることも多いのですが、この辺りの内容を見るとそう思われても仕方がないと感じるところです。

もちろん赤旗の全体が駄目というわけではありません。するどい視点でデータを集め自民党政権の経済政策の問題を指摘することも多々あります。また普段、日が当たらない個別の問題に焦点を当てて問題提起するような素晴らしい記事も多いです。

しかしながら、こと日韓の歴史問題になるとどうにもレベルが低く残念な状態になるように感じます。そして頑張って情報を集めて良い記事を書いている人も多いのに、一部のおかしな主張によって支持されないのが残念で仕方がありません。

 

現代の通名制度との違い

ここまで説明したことから分かるとは思いますが現代の通名制度と創氏改名は全く別物です。

現代の通名制度の意義はいろいろありますがその目的の1つに差別問題があります。

やはり在日韓国人、在日朝鮮人の方々は日本人名がないと就職がしずらいなどの問題があります。この辺りは日本も反省すべきところです。

ただし現代社会において多種多様な外国人が日本に住むようになっている状況で通名を使ったら日本人と判断が付かないのは他の外国人との逆差別になるという視点もあります(白人の方や外国人の方は通名を使ってもすぐに外国人と分かる)

現代社会の通名制度は基本的に止めるべきでしょう。

 

その他、韓国の嘘シリーズ

その他にも韓国の嘘やダブルスタンダードなどをまとめています。以下のリンク先で参考までにどうぞ。他にも作って欲しい嘘シリーズがあれば下の方にあるコメント欄から連絡ください。優先的に記事作っていくかも(断言はできませんが)。

(参考:韓国の嘘、ダブスタなどまとめ

(参考:日本が日帝時代に韓国からハングルを奪ったという嘘

(参考:慰安婦問題、韓国の嘘を桜井氏が指摘

(参考:ライダイハン問題と慰安婦問題の比較、何故ライダイハン問題は黙殺されるのか?

 

韓国でベストセラーになり、日本でも反響の大きい書籍「反日種族主義」では著者が「韓国人は嘘付き、韓国政府は嘘付き、韓国の歴史学問は嘘、韓国司法も嘘」と断罪しています。それが本当かどうかの判断は書籍で確認ください。

(参考:「反日種族主義」はヘイト本!?あらすじ感想、口コミなど

 

現在の韓国政府が嘘付いた事例もあります。日本に対して嘘を付くのは常習犯ですが、アメリカにまで嘘を付くようになったのかも。

(参考:韓国は約束を守らない!アメリカに嘘を付いてGSOMIA破棄した?

 

「創氏改名の真実、日本が韓国人の名前を奪ったという嘘」まとめ

今回は「創氏改名の真実」ということで韓国で言われるところの「日本が韓国の名前を奪ったという説は嘘である」ということを解説しました。

現実的には「氏という家族名があったほうが分かりやすい(個人個人を判断しやすい)」「韓国の人が日本で仕事をしやすいように日本式の氏を語る権利を与えた」ということでしょうが、現代の韓国では「日本が韓国名を奪おうとした」と曲解しています。

日本が韓国のためにと思って行動したことが曲解されるのは悲しいことです。正しい情報を韓国には知ってもらいたいところ。

もちろん日韓併合時代の日本の行いが全て善というわけではありません。韓国人に対してひどいことをした事例もあったことでしょう。しかしながら基本的に、全般的には当時の日本人は韓国のために努力したことは間違いありません。

現在のお金にして63兆円ものお金を使い5000以上もの学校を作って教育制度を整え、道路や鉄道を作ってインフラを整備し工場なども作って朝鮮(韓国)に貢献したのです。当時の日本人が朝鮮(韓国)のために懸命に働いたのです。

(参考:韓国は植民地ではなかった?

全てを善として日本を称える必要はありませんが少なくとも日韓併合時代に「日本が韓国に対してひどいことをした。全てを略奪しようとした」というのは間違いであるということを韓国人、そして日本人にも知って欲しいところです。

(その他の韓国の嘘や日韓問題はこちら⇒韓国の嘘、日韓問題シリーズまとめ

(以下、創氏改名について参考にしたサイト)
創氏改名(wiki)
事実が歪められた「創氏改名」(日本政策研究センター)
動かぬ証拠 第六弾(山田宏)
創氏改名(世界史の窓)・・・創氏改名で日本が韓国から名前を奪ったとする説

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



4 件のコメント

  • とてもわかりやすい記事でした。
    中国からの漢字で平仮名や仮名を作り、宣教師たちからのローマ字を作った日本は、韓国の文字に関する事で尽力を尽くした歴史を改竄され、罵られているのが悲しいです。

  • 歴史は現在との対話でいく通りも作られる、といえばそれまでだか、当該解釈をして誰がどういう実益?

  • 昭和14=1939年での(朝鮮民事令改正19.20=創氏改名)、1923年(朝鮮戸籍法)、1909(民セキ法)。すべては統監府以来の日本人による近代化の証でしょう。つまり”創氏改名”時点での(姓・本貫)は戸籍法:民セキ法において総督府・統監府が届出受理・戸口実調査して確認:記録したものということになります。(族譜)たるを参照にはしたんでしょう。(族譜)には”両班”いがいの”しゅつじ”も記録されていたのか?統監・総督府にての”近代化”でしょう。メイカ・旧家➡法定創氏が2割合。残りの8割は、”本貫・姓”自体が統監府から許可されたものたる可能性でしょうね。昭和14年での総督府当事者の記憶:記録なし?

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)