韓国の外貨準備高2019の推移、内訳

韓国の外貨準備高2019
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

日本と韓国の対立が深まると韓国の外貨準備高が心配になります。韓国の外貨準備高は世界8位レベル、4000億ドル(40兆円以上)もあるとされ普通に考えたら多少のウォン安など問題はなく通貨危機など起こりません。

その一方で韓国の外貨準備高についてはおかしなところが多いと指摘され実はやばいのではと囁かれることも多い。

という感じでいろいろと指摘されることもありますが、その辺りあまり細かいことを考えずに外貨準備高のデータをまとめたので確認ください。


スポンサーリンク

韓国の外貨準備高の推移(年別)

外貨準備高
(億ドル)
前年比較
(億ドル)
2000 962.5
2001 1028.8 66.2
2002 1215.0 186.3
2003 1554.7 339.7
2004 1991.9 437.2
2005 2105.5 113.6
2006 2391.5 286.0
2007 2625.3 233.9
2008 2015.5 -609.9
2009 2704.4 688.9
2010 2921.4 217.1
2011 3069.4 147.9
2012 3277.1 207.7
2013 3456.9 179.9
2014 3628.4 171.4
2015 3667.1 38.7
2016 3701.5 34.5
2017 3887.9 186.3
2018 4030.7 142.9

2000年から2018年にかけて外貨準備高は増えています。2008年は通貨危機で外貨準備高が減りましたがその後は回復しています。

韓国の外貨準備高の推移

グラフにすると上の通り。2008年以外は順調に増えています。規模的には4000億ドル世界8位と大きいのですが2008年は2500億ドルの外貨準備高でも枯渇して通貨危機になりアメリカ、中国、日本とスワップを結んで何とか切り抜けたとされているので、何かあった時に4000億ドルで十分かどうかは不透明です。

(参考:韓国、外貨準備高の実態

 

韓国の外貨準備高の推移2019(月別)

外貨準備高
(億ドル)
前月比
(億ドル)
2019年1月 4055.1 18.2
2019年2月 4046.7 -8.4
2019年3月 4052.5 5.8
2019年4月 4040.3 12.2
2019年5月 4019.7 -20.6
2019年6月 4030.7 11.0
2019年7月 4031.1 0.4
2019年8月 4015.0 -16.0
2019年9月 4033.2 +18.4

2019年に入って外貨準備高が減少傾向にあるのが気になるところです。2019年8月は今年最低で1年ぶりの水準。このまま減るようだと来月には4000億ドルを切るかもと思われましたが2019年9月に増えました。内訳を見ると証券が急激に増えています。

2019年9月は外貨準備高で運用益が出たという説明ですがどうなのでしょう?2019年8月まではドル高で外貨準備高が減っているという説明もあったりとちょっと不思議なところです。運用益など細かい部分の説明はないんで本当なのかも分からない。何か危険な投資に使っていないか心配です。

このあたり韓国の外貨準備高は以前から謎が多い。本当に危険な状況になった時に外貨準備高がどこまで使えるか心配です。

(全体傾向としては証券が減って現金が増えている。ドル高ウォン安の是正のために証券を現金に変えて為替介入に使った可能性が考えられます)

(追記:為替介入に使っていると中央日報が暴露してました⇒韓国の外貨準備高が減少(2019年)

一方で日本は外貨準備高の意味合い通り、米国債などの安定資産が多いので危機の時には特に問題はありません。また為替介入するにしても経済危機になった際の日本の介入と言えばドル買いです(円高介入)。それでドルが増えるので外貨準備高は増える方向でやはり問題はありません。この辺りは円とウォンの信頼性の差が出ているところ。

では次に外貨準備高の内訳を見ていきます。各月ごとの外貨準備高の内訳をチェックしていきます。

 

韓国の外貨準備高2019の内訳詳細(各月ごと)

韓国の外貨準備高で項目別の細かい数字も見ていきましょう。

韓国の外貨準備高の内容で突っ込みどころとしては金(GOLD)の金額がずっと同じことでしょうか。どれだけの量を保有しているのか分かりませんが金額が変わらないということはあり得ないでしょう。当然のことながら日本では毎月その金額は変動しています(保有量も公開している)。

もしかしたら韓国がGOLDを持っているというのも嘘の可能性があるかも?とか疑ってしまいますね。

以下、その辺りも含めて参考にしてください。

韓国の外貨準備高2019年8月

2019年8月は証券、現金共に減っています。韓国銀行はドル高で減っているという解説をしていますが、それだけでこれだけ減るものかどうか疑問が残るところです。(基本的には外貨準備はドルが基本のはず)

証券を現金化して為替介入に投入し、その分では足りずに現金も投入した可能性もあります。

項目 金額
(億ドル)
前月比
(億ドル)
合計 4015.0 -16
証券 3710.0 -10
現金 197.0 -6
SDR 34.0 0.0
IMFポジション 27.0 0.0
金(GOLD) 48.0 0.0

 

韓国の外貨準備高2019年7月

2019年7月は証券が減って現金の割合が増えています。世界経済不安に備えて現金化して為替介入の準備をしているようにも感じます。

項目 金額
(億ドル)
前月比
(億ドル)
合計 4031.1 0.4
証券 3720.2 -18.2
現金 202.4 17.5
SDR 33.9 -0.7
IMFポジション 26.7 1.8
金(GOLD) 47.9 0.0

 

韓国の外貨準備高2019年6月

2019年6月は証券が減って現金の割合が増えています。世界経済不安に備えて現金化して為替介入の準備をしているようにも感じます。

項目 金額
(億ドル)
前月比
(億ドル)
合計 4030.7 11.0
証券 3738.4 -19.5
現金 184.9 27.8
SDR 34.6 2.8
IMFポジション 24.9 -0.2
金(GOLD) 47.9 0.0

 

韓国の外貨準備高2019年5月

項目 金額
(億ドル)
前月比
(億ドル)
合計 4019.7 -20.6
証券 3,757.9 16.3
現金 157.1 -36.7
SDR 31.8 -0.1
IMFポジション 25.0 -0.1
金(GOLD) 47.9 0.0

 

韓国の外貨準備高2019年4月

項目 金額
(億ドル)
前月比
(億ドル)
合計 4,040.3 -12.2
証券 3,741.6 -33.4
現金 193.8 21.1
SDR 31.8 -1.8
IMFポジション 25.1 1.9
金(GOLD) 47.9 0.0

 

韓国の外貨準備高2019年3月

項目 金額
(億ドル)
前月比
(億ドル)
合計 4,052.5 5.8
証券 3,775.0 -16.1
現金 172.7 20.6
SDR 33.6 -0.2
IMFポジション 23.2 1.5
金(GOLD) 47.9 0.0

 

韓国の外貨準備高2019年2月

項目 金額
(億ドル)
前月比
(億ドル)
合計 4,046.7 -8.4
証券 3,791.1 -11.4
現金 152.1 3.1
SDR 33.9 -0.1
IMFポジション 21.8 0.0
金(GOLD) 47.9 0.0

 

韓国の外貨準備高2019年1月

項目 金額
(億ドル)
前月比
(億ドル)
合計 4,055.1 18.2
証券 3,802.5 6.5
現金 149.0 11.7
SDR 33.9 -0.3
IMFポジション 21.8 0.4
金(GOLD) 47.9 0.0

 

韓国の外貨準備高が心配される理由

韓国の外貨準備高が心配される理由は4000億ドルあっても足りない可能性があるからです。

4000億ドルもの資金があるのにショート?

その理由は何なのでしょう?

その原因の1つが経済不安時などのウォン安です。経済不安時には韓国への投資が減るのでウォンが下落しやすい。そしてウォンの通貨防衛のために外貨準備高のドルをウォンに交換する動きが出ます。

すなわち経済不安時のウォン安で外貨準備高が減るわけです。

また経済不安な時には輸出が落ち込みます。韓国は貿易黒字で成り立っている国でそれがマイナスになると更にウォンが売り込まれます。

そして外貨準備高が減る。

韓国が不安となれば韓国に投資している資金が海外に逃げます。その際にもウォンをドルなどにする動きとなるのでやはり通貨安に繋がり、それを防衛しようとして外貨準備高が減る方向になります。

このように世界経済や韓国経済に問題が起きるといろいろな形でウォン安が進行するので注意が必要ということになります。

2019年8月現在ではドルウォンレートが1つの節目と言われる1200を越しました。韓国当局としてはウォン安防衛にすでに動いている可能性が高い。少し危険な状況に差し掛かってきたと考えるのが自然でしょう。

(参考:ドルウォンレートの推移、1200突破なるか?

 

まとめ

韓国の外貨準備高は4000億ドル、世界8位ぐらいで全く問題ないように見えます。ただしデータをよくよく見ると怖い部分もありますね。

ということで、しばらくは韓国の外務準備高のデータもウォッチしていこうと思います。

韓国関連データ参考元:韓国銀行

日本関連データ参考元:外貨準備高の状況(日本財務省)

 

韓国データ関連集

以下、韓国関連データ関連集になります。

韓国の経常収支の推移、日本との比較

韓国の外貨準備高の推移、内訳

韓国の失業率推移(雇用統計)

韓国の出生数、出生率の推移

韓国のGDP推移(日本比較)

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



4 件のコメント

  • コメントが無いのは、
    メールアドレス必須に見えるからだと思うよ。
    任意と書いておいたらどうでしょうか?

    • >匿名さん

      ありがとうございます。変更しました。状況によっては変更するかもしれませんが。

  • 外貨準備高のほとんどが、証券なのは、一般的ですか?必要な時には換金できないように思うけど。

    • >よっちさん
      日本の場合は、85%程度
      韓国の場合は、92%程度です。
      噂では、韓国の証券は「ジャンク債」と言われています。
      現金化は難しいでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)