韓国、文喜相議長の徴用工問題解決策が実は無茶苦茶だった(知日派韓国人とは?)

徴用工問題、文喜相議長の解決案が無茶苦茶だった!?
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

日本側でも一定の評価がなされているという文喜相議長の徴用工問題解決策でずが、実は内容が滅茶苦茶であることが判明しました。


スポンサーリンク

記事「韓国、元徴用工救済“噴飯法案”の中身 いつのまにか「被害者」範囲拡大、受け取り拒否なら裁判・請求を続けられる“抜け道”も 」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:韓国、元徴用工救済“噴飯法案”の中身 いつのまにか「被害者」範囲拡大、受け取り拒否なら裁判・請求を続けられる“抜け道”も

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が「元徴用工」判決の解決策として法案「記憶・和解・未来財団法案」の共同発議に入った
  • 内容は日韓の企業と国民が自発的に募った寄付金から「慰謝料」を支給する法案(1+1+α)で日韓政府は支給しない
  • 元徴用工らが受け取った場合、韓国最高裁判決による日本企業の韓国内資産差し押さえの強制執行の請求権、または裁判請求権を放棄したものと見なすと規定
  • ただしよく見ると内容は滅茶苦茶
  • 慰謝料の支給対象(被害者)は、韓国の裁判で勝訴した「元徴用工」だったが、いつの間にか新たに旧日本軍の軍人や軍属まで追加しているという
  • 韓国メディアによると、韓国政府が公式に認めた被害者だけで約22万人おり、軍人は約3万人、軍属は約3万人
  • 韓国の新たな社会保障のようなものであり、必要な予算規模はどんどん膨らむ
  • さらに、元徴用工が「慰謝料」を受け取るかは自由なため、拒否した場合、日本企業への裁判や請求は続くことになる。徴用工問題の抜本的解決にはつながらない(慰安婦問題のようにエンドレス)
  • そもそも日本から見れば日韓請求権協定で終わった話で本来ならば韓国国内で解決すべき問題
  • 室谷克実氏は茶番にすぎないと批判的

参考元:韓国、元徴用工救済“噴飯法案”の中身 いつのまにか「被害者」範囲拡大、受け取り拒否なら裁判・請求を続けられる“抜け道”も(zaqzaq2019年12月17日)

 

文喜相議長の無茶苦茶な徴用工問題提案

韓国から文喜相議長の徴用工問題解に対する解決策が提案されていましたが内容が無茶苦茶であることが判明しました。

 

日韓の企業からの支出+寄付という案(1+1+α)

文喜相議長の案では日韓の企業からの支出+寄付が財源になります。

これについては自発的な支払いということで日本側でも一定の評価がなされています。本来ならば1965年の日韓請求権協定で支払い済みの話なので大きな妥協にも見えますが日本が妥協するならば、こういった自発的な支払いに頼るしか無さそう。

ただし記事中にもあるように、日本企業が支出すると株主賠償請求される可能性もあるので及び腰になることでしょう。小さい金額ならまだしも大きな金額の支出は困難。

となると支出する企業の数は少なく、更には金額も少なくなると思われます。韓国企業についても同じく、そして韓国企業が出すとなると国民からの反発もあることでしょう(何故日本企業に出させないのか?という声が出てきそう)。

両国共に企業からの支出はそれほど集まらないと予想されます。絵にかいた餅になりそう。

 

支払対象が無茶苦茶

また支払対象も滅茶苦茶になっています。もともとは、韓国の裁判で勝訴した「元徴用工」への支払いが対象だったのに、新たに旧日本軍の軍人や軍属まで加えているとのこと。

全く関係のない話まで繋げてきており日本側としては全く話にならないと言えます。

 

根本的な解決にはならない

また受け取りを拒否すれば裁判は自由に続けられるということで根本的な対策にもなっていません。

すなわち今の慰安婦問題のように継続的に問題を訴えてくる可能性があるわけです。やはり日本としては受け入れられない案と言えるでしょう。

 

韓国政府は関与せず

そしてこの動きには韓国政府は関与しないとのこと。

すなわち韓国が国として責任を取るつもりはないのでそういう意味でも無茶苦茶な話になっています。

 

日本は受け入れず無視を継続すべき

結局のところ、文喜相議長の案は全く話になりません。

一番の問題は支払対象が増えたこと。何故か必要な金額が増えていると思ったら対象者を軍関係者にまで勝手に広げていたようです。

当然のことながら日本としてはあり得ない話。しかも受け取りを拒否した人は継続的な裁判ができるということで根本的な解決にもならない。日本側が応じる意味は全く無いと言えるでしょう。

日本としては協力できないと突っぱねて日本企業には自制を促しつつ、それでも自発的に寄付する企業の動きまでは規制しないという形で良いのではないかと思われます。

 

知日派は親日とは限らない

文喜相は知日派と言われていますが現実に提案していることは韓国の反日議員とそれほど変わりありません。やはり基本路線は韓国中心で客観的な視点はありません。

「天皇に土下座して謝罪しろ」とした発言もそうですが、韓国の知日派が親日とは限らないというのは日本人は認識すべきでしょう。あくまでも文字通り「日本を知っている」というだけの話です。

マスコミなどで「知日派」という言葉が出てくると親日家と感じるかもしれませんが韓国に限ってはそうでもないと言えるでしょう。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



1 個のコメント

  • 結局は韓国の反日勢力にウケの良い案であって、日本に折れろと言っているのと同じです。
    1965年の日韓請求権協定の件がある限り、日本の企業が支払うなんて事がないように日本政府がコントロールすべきです。また、日本政府もしっかり抗議すべきですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)