韓国銀行が金利0.5%下げて0.75%と初の0%台、経済対策とウォン安の板挟みに

韓国銀行が金利0.5%下げて0.75%と初の0%台、経済対策とウォン安の板挟みに
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国銀行が金利0.5%下げて0.75%と初の1%台に突入しました。新型肺炎の影響で景気が低迷しており経済対策としては金利を下げるのは当然なのですが経済とウォン安の板挟みに苦しんでいる状況です。


スポンサーリンク

記事「韓国銀行、基準金利0.5%下げ0.75%に…初めての0%台進入」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:韓国銀行、基準金利0.5%下げ0.75%に…初めての0%台進入

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 韓国銀行金融通貨委員会は2020年3月16日に臨時会議を開き、政策金利の基準金利を現行の年1.25%から年0.75%に引き下げへ
  • 韓国銀行は2月27日に政策金利を下げなかったが世界的な新型肺炎の広がりで緊急利下げに踏み切った形
  • これとともに金融通貨委員会は金融仲介支援貸付金利を年0.5~0.75%から年0.25%に引き下げることを決定

参考元:韓国銀行、基準金利0.5%下げ0.75%に…初めての0%台進入(中央日報2020年3月16日)

 

韓国の政策金利は1.25%から0.75%へ

韓国の政策金利は1.25%から0.75%に変更となりました。初の0%台への突入です。

 

韓国は緊急理事会で金利引下げへ

韓国の政策金利が1.25%から0.75%へ引き下げられたのは新型肺炎の影響で経済が冷え込んでいるからです。金利を引き下げることによって貸し出しを増やす目的です。

 

経済対策とウォン安の板挟み

経済対策として当然のように見える金利の引き下げですが金利引下げはウォン安になる可能性があり難しいところ。ウォン安でドルウォンレートはすでに心理的ラインの1200を超えており1300のラインを超えると危険信号と言えます。

(参考:ドルウォンレートの推移、1200突破でどうなる!?

今回、金利引下げを決めたのはアメリカが2度に渡る金利の引き下げで合計1.0%も金利を引き下げたことが要因となっています。

今回韓国が金利を引き下げたのは、アメリカの金利引下げ幅の方が大きいので一気にウォン安に進むことはないという判断といえるでしょう。

韓国は基本的にアメリカよりも少し高い政策金利ということでぎりぎりのラインを狙っています。

 

市中にお金が回るのか?

今回の韓国の政策金利引下げは当然の判断と言えます。

ただし問題としては金利を下げることだけで市中にお金が回るのか?ということです。

すでに借金をかかえている企業が多い中、担保にする資産がなく借金をできないところが多い。

金利を下げるだけではお金を借りれないところも多い。政府の政策などが追加で必要になると思われます。

韓国政府は新型肺炎にかかりきりで経済対策が今一つの印象。困難な状況ですがしっかりとした経済対策が必要と言えます。

 

サイト主からのお願い!

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています。応援クリックはこちら⇒人気ブログランキングへ
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)