CATEGORY 日本における反日行為

日教組はまるで政治系の市民団体、自虐教育内容に問題はないのか?

日教組は政治系の市民団体?自虐教育で嘘を教えている可能性も

産経新聞にて日本教職員組合の教育研究全国集会(教研集会)の情報が報道されています。ざっと見ると日教組はまるで政治系の市民団体。正しい歴史を教えることもできていないようにも見えます。では産経新聞の記事の内容をチェックしてい…

相変わらず良くわからない朝日新聞社説、今度は「東京五輪の年に旗を振る」について

日韓関係のこじれの原因は朝日新聞

朝日新聞に再び意味不明な社説が出てきました「東京五輪の年に端を振る」ことについて考えてみようというものです。記事の内容を見ていきましょう。 記事「(社説)東京五輪の年に 旗を振る、って何だろう」より 記事をざっくりとまと…

「日弁連という病」のあらすじ感想、評価など

「日弁連の闇」ケント・ギルバード、北村晴男のあらすじ感想

「日弁連という病」という書籍を読んでいます。 少しずつ読んでいるので感想を継ぎ足す形になります。 この本が気になっている人はたまにチェックしてください。 なお、著作権の関係もあるので細かく書けない部分もあります詳細が知り…

大村知事が日本人のための芸術祭に対し「法的処置も検討」⇒渡邉哲也氏「ダブルスタンダード」、竹田恒泰氏「お前がいうな!」

あいちトリエンナーレ2019

大村知事が「日本人のための芸術祭」に対し「法的処置も検討」すると発言しているようです。 記事「反移民の催し「明確にヘイト」 大村知事、法的措置も」より 記事をざっくりとまとめると以下のような感じ(リンク先は朝日新聞の有料…

日本人のための芸術祭「あいちトリカエナハーレ2019」はヘイトなのか?高須院長「大村知事はこのイベントも擁護しなくちゃ」

あいちトリエンナーレ2019

日本人のための芸術祭「あいちトリカエナハーレ2019」なるものが開催されているようです。まるであいちトリエンナーレのパロディみたいな感じですが、、、。 記事「「日本人のための芸術祭」催しを続行 反差別団体は抗議」より 記…

朝日新聞「天皇陛下の肖像画を燃やすのはヘイトではなのか?」⇒高須院長「習近平や文在寅の肖像画を燃やして聞いてみたらいい」

あいちトリエンナーレ2019

朝日新聞は社説にて「天皇陛下の肖像画を燃やすことはヘイトではない。あきれる話だ、表現の自由」と断言。社説なので朝日新聞の総意と言えるでしょう。ほんとうに呆れる話です。 (参考:あいちトリエンナーレ2019、朝日新聞が社説…

あいちトリエンナーレ2019、朝日新聞が社説で全力擁護

あいちトリエンナーレ2019、朝日新聞社説が全力擁護

大村知事の暴挙とも言えるあいちトリエンナーレ2019の問題ですが朝日新聞が社説において全力で擁護しています。おかしな主張の多い朝日新聞ではありますが、今回はさすがに違和感を感じます。 記事「(社説)あいち芸術祭 閉幕後も…

朝日は日本人に対するヘイトは違法ではないと指摘、どうどうとダブルスタンダード

朝日新聞日本人に対するヘイトは法律違反ではないと容認

いつも「人権が!」「差別はいけない!」と叫んでいている朝日新聞ですがなんと日本人に対する「ヘイトスピートは違法ではない」とツイートしたようです。 朝日新聞官邸クラブのツイート ●少女像の展示は日本人に対する一種のヘイトス…

在日三世が日本を侮辱し在日韓国人への憎悪を掻き立てる

在日韓国人は日本を憎悪しているのか?

在日三世の方が日本における差別を無くすように訴えています。しかしながらその内容が悲しすぎる。逆に在日の人達への憎悪を掻き立てるような内容になっています。 情報を発信するならばもう少し考えたほうがいいのではないかと思います…

「メディア売るために「差別」は間違い」(毎日新聞)に対する反論や賛成意見など

韓国なんていらない?

毎日新聞がメディアを売るために差別は間違いとする記事を出しています。子供向きの記事であり分かりやすい。ただし内容はどうなのでしょうか? 記事「メディア 売るために「差別」は間違い」より 記事をざっくりとまとめると以下のよ…

新大久保の韓流タウンが過疎化?

新大久保の韓流タウンが過疎化?

新大久保の韓流タウンが過疎化しているとの情報がありました。日韓の政治問題について日本国民は特に不買運動をしなかったのですがやはり韓流タウンも影響を受けているのでしょうか? 記事「安倍晋三×文在寅 日韓首脳の不毛な対立で過…

「韓国なんていらない」はおかしな主張?

韓国なんていらない?

最近「韓国なんていらない」という報道が話題になりました。最後は週間ポストが謝罪までしたのですが何が問題なのでしょう?その本質について考えてみます。 記事「「韓国なんて要らない」は、本当に「一線を越える」見出しだったか 週…