朝日新聞「天皇陛下の肖像画を燃やすのはヘイトではなのか?」⇒高須院長「習近平や文在寅の肖像画を燃やして聞いてみたらいい」

あいちトリエンナーレ2019
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

朝日新聞は社説にて「天皇陛下の肖像画を燃やすことはヘイトではない。あきれる話だ、表現の自由」と断言。社説なので朝日新聞の総意と言えるでしょう。ほんとうに呆れる話です。

たける
以前も同じ話題が出てきたけど朝日新聞は天皇陛下の肖像画を燃やすことはヘイトではないと断言している

(参考:あいちトリエンナーレ2019、朝日新聞が社説で全力擁護

ようこ
ちょっと理解できないよね。何故、そういう考えに至るのだろう?
たける
ほんと分からない。表現の自由ということで芸術の範疇に入るからヘイトではないというのが理屈らしい
ようこ
おかしいよね。例えば私が大切な人の写真を燃やされたら悲しい。表現の自由だから問題ないとか芸術だから問題ないと言われても納得できない
たける
それが普通の感覚だと思う。それに対して高須院長が鋭い切り返しをしているので注目していこう

スポンサーリンク

ツイッター:「高須院長「簡単に説明できます」」より

朝日新聞の社説やツイッターの発言などをざっくりとまとめると以下のような感じ。

ツイッター:高須院長「簡単に説明できます」

 

<ツイッターの内容をざっくりまとめてみると>

  • 朝日新聞が社説で「天皇陛下の肖像画を燃やす映像をヘイトとするのは呆れた話。表現の自由」だと批判
  • 明らかにヘイトではない作品をヘイトとして取り締まるのはおかしいと断言
  • 高須院長は「習近平や文在寅の肖像画を燃やしてかの国の民に聞いてみたらいいです」とツイッターで発言

 

芸術ならばヘイトではない?

天皇陛下の肖像画を燃やして足げにするような映像はヘイトではないとする朝日新聞の主張はあまりにもおかしいと言えるでしょう。

 

特定の人の肖像画を燃やすようなものは芸術ではない

誰だか分からない人を燃やすのであればまだしも(それも微妙だと思うが)、天皇陛下の肖像画を燃やす時点で何らかの思想が入っていると考えるのが自然です。

多くの日本人が怒り、人によっては涙するような映像。それなのに「芸術だからヘイトではない」とするのは詭弁と言えるでしょう。

朝日新聞は普段から人権問題について問いており、弱い立場の人を助けるべき、ヘイトはいけないとする良い記事や社説も多いのですが今回ので台無し。典型的なダブルスタンダードと言えるでしょう。

慰安婦捏造記事もそうですが失敗があまりにも大きすぎる。地域を巡って問題点をあぶり出し社会的弱者の問題について言及する良い記事を書いている人達も多いのですが、その人達が本当に気の毒です。朝日新聞というくくりだけで信用してもらえない場合も多いことでしょう。

 

高須院長の反論

それに対して高須院長の反論が分かりやすい。「習近平や文在寅の肖像画を燃やしてかの国の民に聞いてみたらいいです」とツイッターで反論。

朝日新聞は身近な芸術家にお願いして他国の要人の肖像画を燃やす芸術映像を作ってもらってその国々の人に話を聞いてみたらいいでしょう。

「芸術作品だからヘイトではない」とか主張したら間違いなく激怒されることでしょう。

もちろん、そのようなことをしたら日本が非常識な国と認識されるので実際にやってもらったら困りますけどね。

 

議論するまでもない一般常識

この辺り、議論するまでもない一般常識、良識だと思われます。

芸術だからといってヘイト行為が認められるはずがない。ましてや今回は公共事業で税金が入った展示会です。特定の思想や政治的主張が入ることも許されない。

朝日新聞はどうしてヘイトではないとこれほどまでに軽く言えるのか?人に情報を伝えることが仕事なのにあまりにも文章が軽すぎる。大いに反省すべきだと感じます。

 

ツイッターの反応

ツイッターの主な反応は以下の通り。

<ツイッターの主な反応>
  • 本当に簡単でした。 かっちゃんは、説明力も素晴らしい
  • 国によっては粛清される
  • 確かにそうですね、日本だから抗議ですが他国なら死人がでてもおかしくない
  • 権利があるからと言って表現行為によって他人の権利を侵害する事は許されない。小学生でもわかる。
  • 自分の家族の写真を何処の誰とも分からない赤の他人に焼かれた上、踏みにじられた挙げ句、その一部始終を撮影されYouTubeにupされ、更にバズって広告収入で利益出たwwwってTwitterで呟いているの見かけたて激怒しない人いないと思うんですよね…。 大村氏や津田氏のやってる事はそれと大差ないですね?
  • 朝日新聞さん、間違っていることもわからず、それで本当の真実を様々なニュースをきちんと伝えられるのでしょうか?
  • 対日批判は、表現・言論の自由 対中対韓批判は、ヘイト 思想や方法論の違いはあって当然だけど、このダブスタ姿勢のメディアは報道を名乗る資格がないと思う

 

まとめ

たける
人の肖像画を燃やす映像も一種の芸術と言える可能性はあるかもしれない。でもそれを特定の人物に対してやってはいけないだろう。悲しむ人が必ずいる
ようこ
普通に考えて今回のは天皇制などに反対する人達の主張という感じだよね
たける
うん、特定の思想の人達の主張と言えるかと。こういったヘイトをやっちゃだめなのは当然だけど、特に公共事業でやってはいけない。日本がヘイトや政治主張を認めたようなものだからね。それは絶対に許されない
ようこ
表現の自由とヘイトの線引は難しいけど、今回は明らかにアウトだよね
たける
完全にアウトだと思う。アンケートでもほとんどの人がアウトだと言っている。朝日新聞は自分たちの思想や物差しで物事を語るのではなく一般常識、良識で語って欲しいところだ。今回の朝日新聞の主張はとにかく残念としか言えない
たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



8 件のコメント

  • 芸術だからヘイトではないと言われても、それを見た人は悲しいと思いますね。私も悲しいです。

  • これを表現の自由というのは個人的にちょっと無理があると思う。
    朝日でこの記事を書いた人はメディアの前に顔を出してそれでもこれを堂々と言えるぐらいの覚悟を持っているのだろうか。

  • 本当にくだらない。こんな事を平気で言える人達が書いた新聞なんて、絶対に読みたくない!

  • 韓国問題というより朝日新聞問題のようですね。
    この記事に限らず、朝日論調に対してハテナ?と思うことは私も多々。
    朝日がメジャー新聞であり一定の読者はいるし、朝日主張も言論の自由範疇とは認めますが、、、

  • 朝日新聞はヘイトの定義をしっかり説明してから述べて欲しいですね。
    「ひろしまトリエンナーレ2020」でも既にプレイベントでも同じものが展示されているようですので、この問題はまだまだ続きそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)