大村知事をリコールする方法や署名より効果的な方法とは?マスコミ偏向報道にも注意

愛知県は反日
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

今話題になっているあいちトリエンナーレ2019の問題ですが、マスコミがかなりおかしな報道をしているので注意したいところです。

大村知事の被害者コスプレを利用し、マスコミは大村知事がまるで被害者のように扱っています。

現実には大村知事、そして津田監督は今回については問題の当事者であり、見方によっては加害者であるということを理解する必要があるでしょう。そしてこのような内容の展示館を公共の場で行うことは大問題です。リコールすべきという声がありますが当然のことと言えるでしょう。

それではあいちトリエンナーレ2019の問題とマスコミ偏向報道の問題、そしてリコールの方法や署名も重要ですが、それ以外にも有効な方法などをまとめていきます。


スポンサーリンク

あいちトリエンナーレ2019の展示物の問題

あいちトリエンナーレ2019の展示物の一番の問題は天皇陛下の肖像画を焼くようなまるで天皇陛下を蔑視するような映像が流れていたということ。そしてその次に慰安婦像です。他にも愚かな日本やアメリカを蔑視するような内容の展示物もあったようです。

 

天皇陛下を蔑視するような映像

以下が、天皇陛下の肖像画を炎で焼くような映像です。どうみても左寄り勢力の方達の意図がある作品と言えるでしょう。多数の人が本気で怒っています。

 

慰安婦像

マスコミ報道では先に紹介した天皇陛下蔑視の映像の話はほとんど出てきません。出てきてもさらっと流すだけ。ほとんどこちらの慰安婦像の話しか出てきません。

慰安婦像も問題ですが天皇陛下を辱める行為は絶対に許せません。

 

多額の税金投入

なんとこのような反日活動に対して、10億もの税金が投入されているとのこと。このような展示館に日本の税金が使われているとかあまりにもあり得ません。

津田監督は大村知事に内容を伝えていたとしています。本当に大村知事が内容を知っていて10億もの税金を投じたならばリコールすべきという意見も理解できるところです。

 

他国に対する影響

もしこれが日本の税金を使って行われた展示会だと他国が知ったらどうなるでしょう。

他国にいる日本に敵対する勢力は天皇陛下を蔑視するような行動を取る可能性があります。そしてそれに対して文句を言っても「日本は国や自治体が認めていることなのに何の問題がある?」と反撃されてしまいます。

あいちトリエンナーレ2019でやっていることは日本の反対勢力の既成事実化と言えるでしょう。

大村知事は大変なことをしでかしたのです。知事をやめるどころでは済まされないようなことをしています。

天皇陛下は日本だけでなく海外でも好きな人が多い、ファンが多い。天皇陛下を通じて日本を好きになった海外の人もいることでしょう。

今回の展示会はそういった人たちをも傷つけています。本当にあり得ない話と言えるでしょう。

 

あいちトリエンナーレ2019側の主張や嘘

あいちトリエンナーレ2019広報担当は当初なんら問題視していませんでした。しかも嘘を付いてまであいちトリエンナーレ2019の展示を継続しようとしていました。展示物の内容について嘘を付く時点で後ろめたいものがあったということでしょう。

 

愛知県庁は何ら問題視せず

愛知県庁は天皇陛下の写真を焼いた映像も慰安婦像も何ら問題視していませんでした。表現の自由という便利な言い訳で日本ヘイトをしていたのです。これが日本人の税金をもらって仕事している人の言葉だと思うと悲しくなります。

 

あいちトリエンナーレ2019広報担当者の嘘

「昭和天皇でも慰安婦像でもありません。見た人の思い込み」という言い訳をしていました。でも、どう見てのあの映像は天皇陛下であり、慰安婦像でしょう。

記事タイトル:昭和天皇の写真燃やしたと疑われる 「あいち-」芸術祭側が反論 慰安婦像展示も否定

 

<記事をざっくりまとめると>

  • あいちトリエンナーレ2019の広報担当はモチーフやテーマにした作品ではないと否定
  • 慰安婦ではない「平和の少女」というであると否定
  • 展示は継続する予定

参考元:昭和天皇の写真燃やしたと疑われる 「あいち-」芸術祭側が反論 慰安婦像展示も否定(デイリースポーツ(ヤフーニュース内)2019年8月2日)

 

更には内部資料でその嘘がはっきりしました。

天皇陛下であり慰安婦だったのです。あいちトリエンナーレ側は嘘を付いてまで、展示したかった意図は何なのでしょう?このような嘘は作品を作った人に対する冒涜でもあるでしょう。

その内部資料は以下の通り。間違いなく天皇陛下、慰安婦と書いてあります。広報担当者が知らないということはあり得ないでしょう。

 

多くの人があいちトリエンナーレ2019の内容に怒りの声を上げて問題視

このような展示はあまりにもひどいということで多くの人が問題視しました。

そして怒りの声を上げています。

特に天皇陛下を蔑視するような内容についての怒りの声が上がっています。その辺りの情報は別途まとめているのでそちらを参考にしてください。

(参考:日本侮辱のあいちトリエンナーレが気持ち悪い、慰安婦像に天皇陛下侮辱映像まで

 

あいちトリエンナーレ2019は中止だが大村知事は被害者コスプレ

あいちトリエンナーレ2019は中止となりました。

しかしながら大問題を起こした大村知事は展示内容については謝罪せず、脅迫を受け危険と判断したから中止したとまるで被害者のようにふるまっています。

(参考:あいちトリエンナーレ2019が中止、大村知事は被害者コスプレで謝罪せず?

さすがに天皇陛下を蔑視するような内容を展示したことについての謝罪するかと思ったのですがまさかの開き直りです。

被害者になりきり、問題をすり替えて反撃する姿はどこかの国と同じような気持ち悪さを感じます。

 

マスコミは大村知事の意見をそのまま垂れ流し偏向報道

マスコミは、大村知事に反対した河村名古屋市長を悪者にしたかのような偏向報道を続けています。

それに対して大阪府の吉村知事は河村市長が悪者のように言われるのはおかしいと反論しています。

大村知事は展示物について内容を検閲するのはおかしい、憲法違反と主張しています。そしてマスコミはその主張をそのまま垂れ流しています。

しかしながら公共イベントだからそ、表現の自由という便利な言い訳を使って天皇陛下を侮辱するような内容を展示してはいけない。これは吉村知事の言う通りでしょう。

公共イベントだからこそ内容をチェックするのは当然です。それを「憲法違反」とか「検閲」という言葉を使って言い訳するところに大村知事のひどさを感じます。

検閲というのは民間がやることに対して公共機関が妨害することです。自らが主催していて「憲法違反」とか「検閲」とか意味不明の言い訳です。

あと、マスコミの報道では日本人が敏感に反応しそうな天皇陛下を蔑視するような映像は流しません。ほとんどが報道のタイトルにも付けていません。日本国民の反感を恐れてのことでしょう。そして慰安婦像の方を全面に出して「この平和の像の展示を中止することは表現の自由に反する可能性がある」と報道しています。

こうやって内容の一部だけ切り取って報道する偏向報道には注意すべきでしょう。

 

大村知事はリコールすべき?リコール方法は?

明らかな問題行動をしても表現の自由だからと自らの責任を認めない愛知県の大村知事はリコールすべきという声が多くなっています。

では県知事をリコールすることは可能なのでしょうか?

 

県知事をリコールする方法、署名

県知事をリコールするには有権者の3分の1以上の署名が必要です。

現実的に簡単ではありません。リコールが無理でも数が集まれば一定の力には成り得るでしょう。

また、それ以前の問題もあります。大村知事が知事になったのが2019年2月です。1年間はリコールができません。リコールができるのは2020年2月からです。

都道府県知事・市町村長の解職
選挙権のあるもの(有権者)の3分の1以上(有権者総数が40万人を超えるときは、40万を超える数の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上、80万を超えるときは、80万を超える数の8分の1と40万の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上)の署名を集めて選挙管理委員会に請求できる(地方自治法第81条第1項)。[1] 請求が有効であれば、請求から60日以内に住民投票が行われる(地方自治法第81条第2項)。投票の告示は、都道府県知事については少なくとも投票日の30日前に、市町村長については少なくとも投票日の20日前にしなければならない(地方自治法施行令第116条の2)。
解職投票において有効投票総数の過半数が賛成すれば、その首長(都道府県知事・市町村長)は失職する(地方自治法第83条)。ただし、投票前に対象の首長が職を失い又は死亡した場合は解職投票を行わない(地方自治法施行令第116条の2)。
その首長の選挙から1年間(無投票当選を除く)又は解職投票日から1年間は解職請求をすることができない(地方自治法第84条)。

引用元:日本におけるリコール(wiki)

リコール賛同者を募集しているサイトもあるので必要ならばそちらも強力するといいでしょう。強制力は全くありませんが多くの数が集まれば力になる可能性はあります。

昭和天皇の御影を焼く映像を作品として展示することを許可した大村秀章愛知県知事のリコールを

 

大村知事の責任を追求する効果的な方法

大村知事の責任を追求する効果的な方法は助成や協賛するスポンサーに確認を取るといものです。

あいちトリエンナーレ 協賛・協力
((追記)協賛・協力を削除した模様です。今はトップページに飛ぶようになっています。ほんとやり方が卑怯ですね)

すでにいくつかのスポンサーは降りた可能性があります。

なお、市議の小坪しんや氏によると「ポイントは抗議ではなく問い合わせすること」だとしています。

記事タイトル:【効果的な抗議方法】トリエンナーレに関し、大村知事の責任を問い、政治を動かす方法【共に戦う人はシェア】

 

<記事をざっくりまとめると>

  • 炎上開始後、一部の協賛企業がHPから削除されている
  • 効果的な抗議方法、そのターゲットはトリエンナーレの協賛企業
  • TOYOTAおよび豊田自動織機、麻生グループ、銀行関係などが効果的
  • 抗議ではなく回答を求める形が良い
  • 難しいと思う人は例文を使うと良い(罵倒表現を使わない前提でできるだけ自分の言葉にした方がいい)

参考元:【効果的な抗議方法】トリエンナーレに関し、大村知事の責任を問い、政治を動かす方法【共に戦う人はシェア】(小坪しんや2019年8月5日)

 

例文の内容は以下の通り。なるべく丁寧に相手を完全否定せずに「御社が知らなかっのであればしょうがないけども、日本の企業としてさすがにこの展示はひどいと感じますよね」ということを相手に伝え「本当にこんな反日行為を手伝っていいのでしょうか?」という感じで回答を求めるというものです。

あいちトリエンナーレへの企業協賛への抗議及び問い合わせ

大暑の候、御社におかれましては、益々ご繁栄のことと存じます。
あいちトリエンナーレの企業協賛に御社の名前が掲示されているため、本事業について異議を述べるとともに問い合わせをさせて頂きます。

報道にもありますように、公共施設において展示することが適切か議論を生じる作品が多数ありました。中には、昭和天皇の御真影を焼く映像や、天皇陛下の写真を燃やしその灰を踏む映像作品までありました。

当該展示物については、記者会見にあったように中止となりました。
名古屋市長は展示物に問題があったことを認め、撤去を求めるべく発言しました。また、官房長官も文化庁の助成事業として適切であるかコメントをしています。しかし、知事は記者会見において展示物についての問題は、一切言及しておりません。

会見で明らかになったのは、芸術監督である津田大介氏(トリエンナーレを統括する責任者)が事前に天皇陛下を焼く映像や、慰安婦像の展示を把握していたことです。
および知事の会見において、知事も同種の作品が存在すること、そのようなテーマであることを把握していたことが明らかとなりました。

その中で特筆すべき点は、大村知事も津田・芸術監督も炎上する可能性について認識していた点です。その上で炎上対策として電話回線数を増やしたり、投稿禁止などの看板を掲げる、および警備員の常駐などの対応をとったとのこと。
日の丸・星条旗を侮辱するような展示物(馬鹿な日本人の墓というタイトル)や、トランプ大統領を揶揄するものも存在し、明らかに国際問題になる可能性を孕んだ展示物でした。これを把握しつつ、炎上の可能性も視野にいれつつ展示した経緯が明らかとなりました。

知事は、撤去はしたましたが、これら展示物の問題については一切のコメントを拒否し、その点についての責任は明言しなかったため、現在も激しく炎上しています。

あいちトリエンナーレは、事実上、愛知県が主催するものであり、8億超もの県税が投じられます。また、文化庁の助成事業として国費も投じられます。税の使途として、国民が異議を唱えることは当然のことかと存じます。

これらの費用は、作品の製作費として作者にも支払われることと推察いたします。当然、いわゆる慰安婦像の作者にもお金が流れることでしょう。世界には慰安婦像の量産金型が4つ存在すること、および日本にも一つがあることがトリエンナーレの記者会見で明らかになっております。

製作者に多額の対価が支払われた結果、日本で慰安婦像が量産され、全国の各地に設置される危険性は否定できません。中止は明言されましたが、知事は文化庁に補助申請を続ける旨を主張しており、どうしても税金も使いたい方針です。
日本人の血税でこれら作品群の展示が実施されたことに対し、日本全国で本件が注目されることは当然の流れです。

税のみならず、企業からの協賛金も含め、これらの展示物にお金が流れて行くことが許せません。日本有数の企業が企業活動において得た収益をもって、日本を貶めていくのかと思うと残念でなりません。

御社にお問い合わせいたします。

①企業として協賛するにあたり、社内ではどのような手続きを行われましたか?
②炎上するような展示物があることをトリエンナーレ事務局もしくは愛知県から事前に説明は受けられていたでしょうか?
③展示物に、昭和天皇の御真影を焼く映像が含まれていることは把握しておられましたか?
④いわゆる慰安婦像や昭和天皇の御真影を焼く映像に対し、御社の支払う協賛金が対価として支払われる可能性について、どのように認識しておられますか?
⑤企業として、日本国の方針、併せて同盟国である米国を強く批判する事実上の政治活動に賛同することのリスクについて教えてください。
⑥複数の企業が、トリエンナーレのHPから法人名を削除していることを把握されていらっしゃいますか?
⑦今後もトリエンナーレへの協賛企業として名を連ね続けるご予定はありますか?

最後にお願いになります。
日本を代表し地域を牽引する有力企業として、御社にはあいちトリエンナーレの協賛を今から取り消して頂きたく存じます。

参考
http://blog.esuteru.com/archives/9358422.html

h ttps://twitter.com/f07f13/status/1156975848915779584

h ttps://twitter.com/wadamasamune/status/1158384614768910336

 

住所
氏名
連絡先

あとは、ツイッターとかで#トヨタを付けて「天皇陛下の写真を焼く映像の展示にトヨタが協賛、トヨタは天皇陛下を写真を焼く映像作成に協力しているの?」みたいに、みんなでつぶやくといいかもしれませんね。

トヨタの売上が下がれば効果てきめんだけどさすがに日本は韓国みたいに不買運動まではしないかな。そう考えると、韓国のトヨタ不買運動はありがたいことかもしれません。

 

まとめ

  • あいちトリエンナーレ2019にて表現の自由を隠れ蓑にした天皇陛下蔑視映像や慰安婦像が出てくる
  • あいちトリエンナーレ2019は10億もの税金を使った公共事業
  • 表現の自由で何でも展示していたら日本の品格が問われる
  • 海外からも天皇陛下蔑視が自由に行われても問題ないと思われてしまう
  • 名古屋の河村市長は抗議
  • 大問題の展示なのに愛知県大村知事は問題視せず逆に被害者コスプレ
  • マスコミ報道も問題の論点ずらし
  • 愛知県知事のリコールは現実問題としてかなり困難(署名は一定の力になるのでするのはOK)
  • 抗議方法としては協賛企業への働きかけが有効と思われる

あいちトリエンナーレ2019の内容は本当にひどいものでしたが一番の問題は大村知事がその展示内容について問題視していないことです。このような人が知事である限りは税金を使った事業で表現の自由という名の元に日本が蔑視されるされ続ける可能性があります。

もちろん、表現の自由も大切です。表現の自由だから全く問題視しないというのも1つの意見でしょう。その辺りは個人個人で考えてみるといいでしょう。

問題視する人については大村知事リコールの署名をするのもいいでしょうし、協賛企業への働きかけも効果的なので、できる範囲で動いてください。

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国経済

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)