日本が日韓併合時代に韓国から米を奪ったという嘘

↑シェア、拡散歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国の教科書では日本が日韓併合時代に米を奪った(もちくは持ち去ったetc)とされています。その説は本当なのでしょうか?過去のデータなどから検証したので紹介します。


スポンサーリンク

日本が日韓併合時代に米を奪ったという説について

「日本が日韓併合時代に米を奪った」と韓国の教科書には書かれています(最近では「米を搬出した」とかマイルドな表現に変わっている教科書も多い)。

その根拠としてあげられるのが「韓国人の1人あたりの米消費量が変わっていない」というものです。

 

米の1人辺りの消費量は若干減少?

韓国主食からの1人辺り1日カロリー摂取量

(引用元:食糧と農村と人口流出(1945年への道)

上記のグラフの通り韓国人(朝鮮人)の1人あたりの米消費量は1911年から1939年にかけてほとんど変わっていません。(見方によってはわずかに減少傾向)。

一方で次の項目で述べますが韓国(朝鮮)における米の生産量は増えています。そのため「米の生産量は飛躍的に伸びているにも関わらず韓国国内での消費量が変わらないのであれば、生産量が増加した分だけ日本が奪っていったということが言えるだろう」というのが日本による収奪説ということになります。

 

生産量と韓国内消費は増加

朝鮮の米生産量、輸出量、国内消費量

(引用元:書籍「反日種族主義[李 栄薫]

一方でこちらは書籍「反日種族主義」のデータになります。韓国(朝鮮)での米の生産量が1911年から1940年頃までに倍近くに跳ね上がっています。

それに伴って韓国(朝鮮)での米消費量も増えています(消費量は1.5倍程度の増加)。

そして日本への輸出量も急激に増えています。

 

韓国(朝鮮)での米の生産量、消費量は増えたが1人当りの消費量は減少

これら全体のデータを通してみると「日韓併合時代において韓国(朝鮮)での米の生産量、そして韓国(朝鮮)国内での消費量は増えたが1人あたりに換算するとほとんどその消費量は変わっていない」というのが結論と言えるでしょう。

そしてこれらのデータから「日本が米を奪った」「日本米を持ち去った」というのはあまりにも無理な説明とも言えます。

本当に「米を奪った」「米を持ち去った」ということならば、人口が急激に増えた韓国(朝鮮)において1人あたりの米の消費量は一気に減少したことでしょう。でも現実には人口増加に伴って消費量も比例して増えたというのが現実。

また、本当に韓国(朝鮮)の食糧事情が困窮していたならば人口が急増するというのも説明ができません。人口が増えた以上に米の生産量が増えたのでその分を日本に輸出したと考えるのが自然でしょう。

先の収奪論はあまりにもデーターの見方が飛躍しすぎています。

 

韓国の新聞が日本に米をもっと買うようにと進言

また1931年の東亜日報の新聞記事においては「日本は朝鮮米をもっと購入すべき」といった内容のことが書かれています(詳細は反日種族主義を読んでください)。

仮に、日本が韓国(朝鮮)の米を奪っていたのであればこのような記事になるはずがありません。

記事からは「日本は韓国(朝鮮)からきちんと正規のお金を出して米を購入(輸入)していた。しかも極端に安価に買い叩いていたわけでもなく、正規価格で輸入していた」ということが見て取れます(もちろん品質問題や輸送費用もあるので日本の米よりは安かったでしょう)。

また韓国(朝鮮)での1人当りの米消費量はそれほど増えなかったかもしれませんが、日本に輸出したことで韓国に外貨が落ちたわけでそれ以外の食べ物でまかなっていた可能性が高いとも考えられます。

そもそも、韓国(朝鮮)で食べるにも困っている人が多数いたら、日本に「もっと米を買え」とは言わないでしょう。

 

韓国(朝鮮)は日本に米を輸出していた

すなわち、これらのデータや残っている文献から日本が韓国(朝鮮)から米を奪ったのではなく、韓国(朝鮮)は正規ルートで日本に米を輸出していたというのは明らかでしょう。

一部データだけを過剰に意識して(1人あたりの米の消費量が変わらないもしくは減少傾向)、日本が米を奪ったとする説もありますがそれはあまりにも無理な解釈と言えます。

おそらくは結論を先に決めてから理論を後に考えているのでしょうが、その手法は非常に危険ということです。

 

まとめ

「日韓併合時代に日本が韓国(朝鮮)から米を奪った」という説については嘘であると言えるでしょう。

過去のデータや文献を見る限りは日本は韓国(朝鮮)から正規ルートで米を輸入していたことは明らかです。一部データだけを過剰に意識して日本は韓国(朝鮮)から米を奪ったとする説は誤りだと考えられます。

もちろん、今回の説が絶対的に正しいと言うつもりはありません。

この辺りは諸説あるので様々なデータを見て「日本が韓国(朝鮮)から米を奪ったという説は正しいのかどうか」ということについて考え検証してください。

(参考元)
食糧と農村と人口流出(1945年への道)・・・日韓併合時代に日本は韓国にひどいことをしたとする説

書籍「反日種族主義」[李 栄薫]

書籍「今こそ、韓国に謝ろう」[百田尚樹]

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



3 件のコメント

  • 解説にもありますが、結論を決めてから後から理論構築を考える,というのはよくやること。
    ただし、今の時代、情報ソースが開示されていて、検証できることも多いですからね。
    間違いがバレたら、自論に固執するより、間違い認めた方が後々は、うまくいくことが多いのですが・・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)