日本とドイツの戦争責任の違い【西尾幹二氏の動画と解説】

日本とドイツの戦争犯罪や謝罪の違い 【西尾幹二氏の動画と解説】
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

よく韓国や一部の韓国寄り日本人は日本に謝罪を求める時にドイツを引き合いにだします。でも日本とドイツは戦争時にやったことは全く違います。比較すること自体がおかしい。

その辺り西尾幹二氏が話されている動画がすごく分かりやすいので紹介します。

(その他の韓国の嘘やダブスタ、日韓問題はこちら⇒韓国の嘘、日韓問題シリーズまとめ


スポンサーリンク

ドイツと日本の違いについての西尾幹二氏の解説(動画)

第二次世界大戦のドイツと日本の行い(戦争犯罪)の違いについての西尾幹二氏の解説しています。それについて以下に文字起こしするので動画が削除された場合や文字ベースで確認したい人は以下の文章も確認ください。

 

ドイツの戦争犯罪について

<ドイツの戦争犯罪について(動画の文字起こし)>

ドイツの話がさっきから出ているので、ちょっと、ついでに申しあげますけれどもね。ドイツは50年前の話はもう忘れて、あるいは許されてと言うけれども、おそらくドイツは1000年許されないであろうと私は思いますね。

つまりドイツのやったことと日本のやったことと根本的に違う。

一つの民族を地上から抹殺するために、600万~700万の人間をですね強制収容所に入れてガス室で殺したというその犯罪はですね、恐らくそりゃスターリンが似たことをやったかもしれないけれどもね、恐らくですね、全くですね、日本の軍国主義なんかと比肩できるような問題じゃないんですね。

韓国は日本に対してドイツを引き合いに出します。ドイツは戦争犯罪を謝罪しているのに日本は何故謝罪しないのか?というわけです。

しかしながら日本とドイツは比較することがおかしいぐらいに全く異なります。

ドイツは民族を抹殺するために600万~700万人の人間を強制収容所などに入れて殺害したという事実が伝わっています。日本はそのような虐殺は行っていません。

この時点ですでに日本とドイツを比較すること自体がおかしいと言えるでしょう。全く違う事例なのに日本とドイツの賠償や謝罪について比較するのもおかしな話。

そもそも日本は日韓併合時代に多額の資金を使って学校を作りハングル語の教育を行いインフラを整備して生産性を上げ、朝鮮の発展に尽くしました。韓国(朝鮮)の人口も増えたとされています。米の消費量もそれにともなって増えました。日本が韓国に尽くした時代とも言えます。

(参考:韓国は植民地だったのか?~日韓併合について~

何で大虐殺を行ったドイツと日本は比較されなければいけないのか?どう考えても全く違う事例であり、比較すること自体がおかしいと言えるでしょう。

 

ドイツとポーランドの関係について

<第2次世界大戦時のドイツとポーランドについて(動画の文字起こし)>

日韓という関係でよく言われるのは、ドイツとポーランドの関係なんです。

皆さんはね、ドイツのやった犯罪についてはユダヤ人やジプシーのことばかり考えているかもしれないけれど、ドイツのやったポーランドに対する犯罪というのは凄まじくてですね、ドイツ人はポーランドの占領時代に小学校4年生以上の教育は許さないと、500まで教えられて、自分の名前をかければよい、と。あとはドイツ人に従順な奴隷をつくるために高等教育を受けた者は粛清されるべきだと言ってですね、実際に占領時代に100万人の指導階級が虐殺されているんですよ。

100万人ですよ?そしてその例えば学校の教師とか弁護士というのは軒並み理由もなく連れ去られて虐殺されているんですね。

ドイツがポーランドにしたことは明らかに犯罪行為と言って良いでしょう。教育は小学校4年までしか許さず。

そして教師や弁護士など知識階級や指導階級を100万人を虐殺したとされます。

すなわちドイツにとって都合の良い人間だけを残そうとしたということです。

日本は知識階級の人の虐殺などしていません。やはり比較すること自体がおかしいと言えるでしょう。

 

ドイツとポーランド、日本と韓国との関係の違い

<ドイツとポーランド、日本と韓国との違い(文字起こし)>

そこで比較で言いますよ。小学校4年生以上の教育を与えないと言ったドイツと、(一方で)日本が朝鮮民族の絶滅を考えたことが一度でもありますか。夢に見たこともないでしょう、そんなこと。

それどころか日本人になってくれと言ったんじゃありませんか。いいですか、小学校4年どころか京城には京城帝国大学をつくったんですよ? 京城帝国大学は大阪帝国大学よりも前につくっているんですよ? 台北にも帝国大学をつくりましたが。そして、それはどういうことを意味したかというと、日本の優越感だったでしょう、高等教育を与えてやっているんだぞという類の優越感があったことは間違いありません。

しかし、それがその後に韓国が切り拓いた近代化への道に何にも役に立たなかったなんていうことは絶対にあり得ないはずです。それを素直に認めなければ、日韓関係は、正常なものには、私はならないだろうと思います。

すなわちよく本人が日本人が韓国の、、、よく時々変なことを言う人がいるんですよね、ユダヤ人に対して十分な償いをしたドイツ人の100万分の一も日本人は韓国にやっていないと。それは、やったことが違うんですから。

ドイツがポーランドに行った保証の100万分の1も日本は韓国に償いをしていないと主張するおかしな日本人もいるようですが、、、比較対象として全くおかしい。

日本は虐殺もしていない。それどころか韓国(朝鮮)に大学まで作っています。日本に大阪大学を作る前に韓国に大学を作っているのです。どれだけ韓国に尽くしていたか分かることでしょう。

一方でドイツはポーランドに小学校4年までの教育しかさせず、しかも知識層100万人を虐殺しています。全く事例がちがう。比較すること自体がおかしいということです。日本は韓国(朝鮮)にたくさんの学校まで作ってハングル語を整備し新しくハングル語の教科書まで作って教えていたのです。そして大学まで作った。

(参考:韓国は植民地だったのか?~日韓併合について~

あと「日本は大学まで作った。当時の他の植民地とは違う。日本は韓国に尽くした」という主張をすると、何故か、他の特異な事例を出して「他の植民地で大学を作った事例もある、日本だけが特別ではない」と反論する人もいます。

賠償の話になればドイツと違って日本は賠償していないと言い、日本は朝鮮に大学を作ったと言えば全く違う事例を出してあたかも日本は韓国にひどいことばかりしたのに謝罪もしないと誘導しようとする、、、反日思想の人は都合の良いところピックアップして比較し日本を批判しようとします。

明らかに言論としてはおかしいと言えるので注意すべきでしょう。

 

まとめ

よく韓国や一部の韓国寄り日本人は日本に謝罪を求める時にドイツを引き合いにだしますが、大虐殺をしたドイツと韓国(朝鮮)に尽くしていろいろなものを与えた日本とを比較すること自体がおかしいと言えるでしょう。

都合の良い事例だけを抜き出して日本を批判する勢力も多いので注意したいところです。

(その他の韓国の嘘やダブスタ、日韓問題はこちら⇒韓国の嘘、日韓問題シリーズまとめ

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)