ドルウォンレートの推移、1200突破でどうなる!?(2020年)

ドルウォンレート2019年1月1日~2020年3月18日
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

ウォンドルレートが1200突破すると韓国に通貨危機が起きるとも言われています。

個人的には1200突破しても特に何ともない。逆に韓国の主力である輸出が好調になるので良い方向性に向かうと思います。

ただし1300ラインになると危険かなとそれ以上になったら注意すべきだと感じています。

とりあえずは1200が攻防戦とのことで直近のウォンドルレートをチェックしていきます。


スポンサーリンク

ドルウォンレート推移

ドルウォンレート2019年1月1日~2020年3月18日

こちら2019年からのドルウォンレートの推移のグラフです。2019年9月ぐらいまではきれいな右肩上がりでウォン安進行。その後、10月に一旦ウォン安トレンドが終了したかにも見えました。

その後、2019年の年末はアメリカと中国の貿易戦争が一段落ということで1155近辺までウォン高に。安心感が広がりました。

そうして2020年は1155ぐらいからのスタートでしたが、新型肺炎の影響で再び1200を超す展開になっています(かなり急激にウォン安になっています)。

その他の要因としては世界経済が不安定になると安全で信用のある通貨である円は買われ、ウォンのような不安定な通貨は売られます。これがウォンという通貨の本当の実力と言えます。

日付 ドルウォンレート概要
2020年4月2日 ドル不足か?ウォン安進行で1230超え
2020年3月27日 市場が少しずつ落ち着いてきた1210までウォン高
2020年3月23日 再び1280までウォン安進行やばい
2020年3月19日 韓米通貨スワップで1260までウォン高
2020年3月19日 1280超えやばい!
2020年3月18日 1260超えやばい!
2020年3月17日 一時1240超え
2020年3月16日 1230超え
2020年3月13日 1220超えで危険状態
2020年3月3日 1180までウオン高、一旦落ち着く
2020年2月24日 1220手前までウォン安
2020年2月21日 1210を突破
2020年2月20日 1200近辺までウォン安
2020年2月12日 1180までウォン高
2020年2月8日 再び1195水準に
2020年2月4日 新型肺炎の危機薄れ1180付近までウォン高
2020年2月1日 1197付近でスタート。1200間近
2020年1月31日 1190までウォン安進行
2020年1月30日 新型肺炎で1180までウォン安
2020年1月1日 1155近くまでウォン高
2019年12月13日 米中合意?で1170近くまでウォン高
2019年12月3日 ウォン安で1190近くに
2019年11月23日 再びウォン安1180に
2019年11月8日 10月10日頃からウォン高1160に
2019年10月5日 週末に1200を切る
2019年10月3日 1200突破し定着
2019年9月25日 1200近辺までウォン下落
2019年9月16日 1180までウォン上昇
2019年9月5日 1200を切る
(アメリカ中国の貿易戦争緩和)
2019年8月12日 1220突破
2019年8月5日 1215突破
2019年8月2日 1200突破
2019年8月1日 世界経済不安でドル高、1195に下落
2019年7月31日  

ホワイト国除外絡み?1190台に下落

2019年7月8日 更にウォン安、1180台に
2019年7月4日 日本の制裁?少しウォン安で再び1170台に
2019年6月20日 ドルの利下げ観測でウォンが急騰1160台に
2019年6月16日 1180台で小動き続く
2019年6月1日 1190近辺
2019年5月29日 再び1195に
2019年5月24日 1185まで戻す
2019年5月17日 1195まで進行
2019年5月16日 1192まで進行
2019年5月15日 1185まで進行
2019年4月30日 1164まで進行
2019年4月20日 1135
2019年3月30日 1137
2019年2月28日 1120
2019年1月31日 1112
2018年12月31日 1114
2108年11月30日 1120
2018年10月31日 1124
2018年9月30日 1110
2018年8月31日 1115
2018年7月31日 1118
2018年6月30日 1118
2018年5月31日 1076
2018年4月30日 1070
2018年3月30日 1061
2018年2月28日 1084
2018年1月31日 1070

最新韓国株価参考⇒韓国株価指数(ヤフーファイナンス)

最新の韓国ウォンチャート⇒韓国ウォンリアルタイムチャート(Investing.com)

 

2020年のウォン安について

2019年後半にウォン高になり2020円はドルウォンは約1155でスタート。余裕がありました。

しかしながら新型肺炎の影響で1月末には1190レベルまでウォン安進行。節目となる1200に一気に近づいています。

 

2020年3月のウォン安

その後、2月~3月の前半までは1200近辺でうろちょろしていましたが3月10日過ぎにドルウォン1200以上が定着。

そして3月19日にはドルウォン1280超え。1300に近づいてきました。

しかしながら韓米通貨スワップ協定の締結で一気にウォン高に。1260ラインまでウォン高になっています。

 

2019年のウォン安について

2019年に入ってアメリカ中国の貿易戦争が本格化。中国元の下落と共に韓国ウォンも下落しています。

 

2019年4月~5月に急激にウォン安へ

2018年のドルウォンレートは比較的安定していました。1070~1100ぐらいということで少しウォン高という感じでしょうか?

おそらく韓国としてはウォンドルレート1100~1150ぐらいが一番良いレベルだと思います。

ウォンが強すぎると輸出がふるわなくなり、逆にウォンが弱すぎると外国への借金が返せないということで難しい状況です。

そのウォンドルレートが2019年4月から急激にウォン安に触れ心地よいレートから外れてきました。2019年5月17日には1195までウォン安が進行。その後は1200を手前に一進一退の状況です。

 

2019年6月~7月はやや戻す

その後2019年6月~7月はややウォン高にふれています。1160までウォン高に。

アメリカ中国の貿易戦争が一息ついたという情報もあったのでリスク選好の形になったのでしょう。

 

2019年8月にウォン安へ

その後、2019年8月に再びウォン安になり1220近辺までウォン安が進行しています。9月に入ってやや落ち着いていますが危険な水域と言えるでしょう。

 

2019年10月~11月中旬にウォン高

その後、10月~11月中旬はアメリカ中国の貿易戦争が一息ついたということでウォン高進行。

1160近辺までウォン高が進んでいます。

 

2019年11月中旬以降

11月中旬以降は再びウォン安に。一時1160付近までウォン高になりましたがそこからウォンが売られて1180を超えてました。再び1200に近づき、1200を超す展開が2019年内にあるかもしれません。

ただし韓国がGSOMIA破棄を撤回したのでしばらく落ち着く可能性もあります。

(参考:韓国がGSOMIA延長、そしてWTO提訴も停止

 

韓国株価指数下落もウォン安要因

韓国の株価指数下落もウォン安要因になります。

株価は韓国企業の業績を反映しているので当然と言えば当然。

(ただし日本の場合は通貨が強いので日本の株価が下落しても円安にはならない。逆に株安でも信頼できる円が人気になり円高になることも多い)

株価は2000を切ると危険と言われていますが個人的には1900ぐらいが危険なラインと思います。

そして2018年以降は株価も通貨も少しずつ危険水域に接近しています。株価が暴落すればウォン安が一気に進行する可能性があるし、逆にウォン安が進行することで株価が暴落することもあり得ます。

どちらも韓国にとては考えたくないシナリオですが十分にあり得ます。韓国の株価指数も要チェックです。

(参考:韓国株価指数2019の推移、暴落はあるのか?

 

まとめ

2019年4月以降、ウォンが売られて通貨安の状況。1200や1250が1つの防衛線とも言われているので注目していきたいと思います。(個人的には1300ぐらいまでは全然大丈夫だとは思っていますけどね)

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)