韓国の元徴用工の証言「志願して日本へ、倍率は12倍」

韓国の国旗
↑シェア、拡散歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
(基本ルールはこちら⇒引用、転載のガイドライン
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

元徴用工の証言が出てきました。

募集に応じて日本に働きにいったと。しかも倍率は12倍もの競争率だったそうです。

うーん。こんな証言見ていると昨今の韓国の若者の日本就職は怖くなりますね。

韓国で仕事が無いから日本の募集に応募したのに徴用工だ!と言いかねません。

それでは内容をチェックしていきましょう。


スポンサーリンク

韓国の徴用工「日本に行きたくて行った」という証言

韓国の徴用工「日本に行きたくて行った」証言

(以下、一部引用)

戦時中、日本統治下で強制的に連行・動員された朝鮮半島出身の労働者たちは、奴隷のような扱いを受けて塗炭の苦しみに喘いだ──これが韓国社会に定着した徴用工「強制動員」のイメージだ。しかし、『韓国「反日フェイク」の病理学』の著書がある韓国人ノンフィクションライターの崔碩栄氏は、そうしたイメージとは正反対の「証言」が残されているという。

 * * *
最初に紹介するのは、自分は日本に連れていかれたのではなく、志願して仕事をしてきたのに、現在の韓国では全部「連れていかれた徴用」と表現されてしまうことに溜息をつく老人の証言だ。

 韓国で2001年に出版された『私の経験した解放と分断』(趙文紀・著 韓国精神文化研究院、図書出版先人)には、次のようなやり取りが収録されている。

〈(インタビュアー)この話からお願いします、1942年度でしたか? 徴用で行かれたんですよね?

──徴用ではないです。ほとんどの記録が徴用でしょっぴかれたかのように書かれているものが多いですけど、徴用ではなく、徴用という話がなぜ出たかというと、行くときには軍需工場に行ったんです。募集があって行ったんですよ。会社から(募集が)あって、この国の就業紹介所で。ソウルで募集がありました。応募したら合格しました。(倍率は)12対1だったか、ものすごく厳しかったよ。

 実は、私は資格という面で見たら、そこに応募する資格もなかったんですよ。年齢もそうだし、学歴もそうだし、上手く誤魔化して、その募集官という人の前で芝居をして何とか入れてもらったんですが、そこに行って、現地で行った翌年に戦争が激しくなって、軍需工場だから、そこの全従業員を、日本の人だろうが韓国人だろうが、そこはその時、韓国人が何千人もいました。

 みんなが現員徴用(一般募集により配置され働いていた人の身分だけを徴用者に転換する制度)だといって、それで現地で働いている、その状態のまま徴用ということになってしまったんです。徴用でしょっぴかれたのではなく、従業員たちは、日本が定めた法によって、まあ、身分が一日にして徴用者に変わってしまったということです。記録上、それで徴用でしょっぴかれたみたいになっているんだよ

老人の証言によると、徴用が始まる前に学力や年齢などを偽ってまで労働者の募集に応募し、高い競争率を乗り越えて日本へ行き、仕事をしてきたのだという。

そして後に徴用令が施行されると既に日本で働いていた朝鮮人の身分も徴用に変わったため、自分も書類上の身分が徴用労働者に変わっただけだという。それが、現代の韓国では「連れていかれたこと」になってしまったと主張しているのだ。

 別の例を見てみよう。朝鮮人徴用労働者の「通訳」として日本に渡った朝鮮人の証言を見ると、自分は日本語ができたので通訳として行ったから苦労はしなかったし、戦争が終わったときには残念だという思いがあったという。

〈住友炭鉱は、まだ待遇がよかった。三菱の山(炭鉱)は、きついと噂されていた。

「住友炭鉱で日曜日になると、同胞が故郷に送る手紙の代筆をして忙しかったよ。だいたい、わしは日本に来てから苦労してない。言葉を知っとるけん。言葉を知らん人は、みんな苦労しとった」(中略)

 住友炭鉱で働きだして五年経ったころ、日本が戦争に負けた。

戦争が早く終わったんで、本当は悔しかった。住友が大事にしてくれたから

 五百人の朝鮮人坑夫のほとんどが故郷へと帰っていったが、彼は日本に残った。

 ──李基淳(1919年生)〉(『在日一世』李朋彦 リトルモア 2005年)

~途中略~

 このような偏った記憶は、常に「被害性」を強調しながら歴史を語る韓国側にも責任があるが、朝鮮人労働者を常に「弱者」そして「同情の対象」としてしか語らない日本のメディア、研究者たちにも一部の責任はあると思う。

 私が見つけた資料と確認した記録を見る限り、私の先祖たちはそんなに弱い人たちではなかった。彼らは自分の権利と利益を守るため抗議する時は徹底的に抗議をし、上司や監督と揉める時も怯むことはなかった。殴られたら殴り返すくらいの根性もあった。何より経済的な利益に敏感で、少しでも賃金と待遇がいい職場を探して転職や引越しをし、時には脱走も辞さなかった。日韓の教育とメディアが表現する朝鮮人の姿、つまり給料も貰えず、飢えや暴行に苦しみながらも黙っているような臆病で、無気力な人ではなかったのだ。

 当時の朝鮮人労働者たちを弱者、同情の対象として見る見方はむしろ、貧困と差別と闘いながら苦境の時代を乗り越えた彼らの根性と気迫を過小評価する「失礼」な行為ではないだろうか。

※崔碩栄・著『韓国「反日フェイク」の病理学』(小学館)より一部抜粋、再構成

【プロフィール】チェ・ソギョン/1972年、韓国ソウル生まれ。高校時代より日本語を勉強し、大学で日本学を専攻。1999年来日し、関東地方の国立大学大学院で教育学修士号を取得。大学院修了後は劇団四季、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど日本の企業で、国際・開発業務に従事する。その後、ノンフィクションライターに転身。著書に『韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由』、『韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態』(以上、彩図社)、『「反日モンスター」はこうして作られた』(講談社)など。最新刊は韓国の「反日」の正体を検証した『韓国「反日フェイク」の病理学』(小学館新書)。

(一部引用ここまで)

引用元:韓国の徴用工「日本に行きたくて行った」証言(NEWS ポストセブン(ヤフーニュース内)2019年6月3日)

 

元募集工の証言によると倍率は12倍

元募集工の証言によればソウルで募集に応じて応募したと倍率は12倍だったと証言しています。

全く強制徴用ではない。

日本に行きたくても行けない人が多数いたということです。

逆に行けた人が凄いラッキーということ。

 

強制徴用ではない

また、徴用工の定義というのはどうやらいろいろあるっぽい。

募集工として働いていたけどそのまま徴用者扱いになったとされています。

すなわち徴用工といっても基本的には自分から応募していて働いていたと。そして名目上、徴用者になったけどそこに強制はなかったということです。

「徴用工は強制的に連行されてひどい扱いを受けた」ことにしないと都合の悪い韓国によって作られた嘘の歴史。ファンタジーがここでも発揮されています。

男性版慰安婦という言葉もありましたがまさしく扱いは同じ。嘘で歴史を固めています。

 

強い韓国人労働者

そして、「日韓の教育とメディアが表現する朝鮮人の姿、つまり給料も貰えず、飢えや暴行に苦しみながらも黙っているような臆病で、無気力な人ではない」としています。

当時でも引っ越しや転職もしていたらしい。何ともすごいバイタリティです。

単純に韓国では良い仕事がないから日本の募集に応募して日本に行った。すると更に良い仕事もあったので転職もしたという感じ。そこには悲惨なところは微塵もない。

そりゃ今の韓国人を見ていたら分かるよね。

労組がほんと強い。

そしてこの徴用工の話を読んでいると韓国から日本に就職してもらうという今の状況がちょっと怖くなります。

 

徴用工の慰謝料請求

そして韓国では徴用工でもないにも関わらず韓国人は日本に慰謝料を請求する事例が多発しています。

何やら直接関係ない親族でも訴えることができる?もうめちゃくちゃ。

そもそも日本政府は韓国政府に個人賠償もすると言いましたがそれを韓国政府が個人賠償は韓国国内でするから一括して賠償金が欲しいと通達してきたので日本が韓国政府に賠償金を支払っています。

韓国はそれを個人賠償に使わずに経済発展のために使った。ようするに支払い義務は韓国政府にあるのです。その責任を日本になすりつけるために韓国司法は日本企業への賠償を命じたのです。

何ともひどい責任転嫁ですがこれが韓国。日本は一歩も妥協してはいけないでしょう。

なお、徴用工問題の一連の流れについては以下のリンク先で確認ください。

(参考:徴用工問題とは?わかりやすく説明

 

まとめ

  • 韓国から日本へは募集工としてやってきた
  • 倍率は12倍ということで日本に行きたくても行けなかった人がほとんど
  • 募集工でも徴用工とカウントされている可能性あり
  • 会社が大切にしてくれたという証言も
  • 転職などする人もいて一方的に飢えや暴力に耐えていたわけではない

韓国から日本へ行けた人は倍率12倍。募集工として日本に行きたくてもいけない人がほとんどだったようです。ただし、そうやって募集工として日本にやってきた人も徴用工としてカウントされている可能性があります。それはカウントするべきではないでしょう。

また、「会社が大切にしてくれた」という証言や「更に良い職場を求めて転職するする人もいた」ということです。日韓のマスコミが作ったイメージ「一方的に飢えや暴力に耐えていたような人たち」ではありません。

「徴用工は日本の被害者である」というイメージを作るために様々なフィクションを韓国は作り上げるでしょうがそういった日本はフィクションに負けないようにする必要があります。特に反日マスコミの嘘のイメージ報道には注意が必要でしょう。

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)