「韓国、2019年第2四半期のGDP成長率1.1%」韓国の反応も

韓国の国旗
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
たける
韓国、第2四半期のGDP成長率1.1%という数値が出てきた
ようこ
かなり良い数値だね!
たける
この数値だけを見れば韓国経済は安泰と言えそうだけど、、、
ようこ
何か引っかかるところがあるの?
たける
民間の活力が失われている感じがある。その辺りを記事で見ていこう

スポンサーリンク

記事:民間は低迷、予算175兆ウォンを投じて1.1%成長より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:民間は低迷、予算175兆ウォンを投じて1.1%成長

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 韓国銀行(中央銀行)4-6月期の国内総生産(GDP)が前期比1.1%(5兆ウォン)増の460兆ウォン(約42兆円)だったと発表
  • 4-6月期はマイナス成長だった1-3月期(0.4%減)に比べれば大きく改善
  • ただし内容は政府が予算を集中的に投入したことによる「税金主導成長」だった
  • 4-6月期の成長率への寄与度は政府部門が1.3ポイント、民間がマイナス0.2ポイント

参考元:民間は低迷、予算175兆ウォンを投じて1.1%成長(朝鮮日報(ヤフーニュース内)2019年7月26日)

 

韓国の第2四半期のGDP成長率1.1%は政府支出によるもの

主体別(寄与度P) GDP
民間 政府
2017年Q1 0.6 0.2 0.9
2017年Q2 0.4 0.2 0.5
2017年Q3 1.3 0.2 1.5
2017年Q4 -0.3 0.3 -0.1
2018年Q1 0.9 0.1 1.0
2018年Q2 0.2 0.3 0.6
2018年Q3 0.6 -0.1 0.5
2018年Q4 -0.3 1.1 0.9
2019年Q1 0.1 -0.6 -0.4
2019年Q2 -0.2 1.3 1.1

上の表は2017年からの韓国のGDP成長率の変化をまとめたものになります。

第2四半期のGDP成長率1.1%は政府支出によるものが大きい。民間部門の寄与度は-0.2Pなので政府支出が現状維持ならば再びGDP成長率はマイナスだったことが分かります。第2四半期の政府部門の寄与度が+1.3Pだったので全体としてプラスになったということです。

また今回の記事にはありませんが政府予算(470兆ウォン)は5月までに財政執行率が54%に達していると言われています。すなわち、上半期の財政執行率が60%程度になっていると予想されるので2019年度後半は政府部門の寄与度は再びマイナスになる公算が高い。2019年に2.0%以上のGDP成長を確保しようとすれば大きな補正予算を組む必要が出てきそうです。

韓国では日本が経済戦争を仕掛けておりそれに対する予算を組む必要があるとしており、その大義名分で政府予算を捻出する可能性があるかもしれません。現実には政府の失敗で成長率が落ち込んでいるにも関わらず税金を投入して成長しているようにみせかけるわけです。

韓国政府は日本とのいざこざをうまく利用している印象もあります。

(2018年Q4、2019年Q2と2回も政府の税金ドーピングしていることが先の表から分かりますね。実質的に韓国の民間の成長は2018年からふるわなくなっています)

 

民間部門がふるわない理由

民間部門がふるわない理由はアメリカ中国の貿易戦争の影響や半導体価格の低迷が大きな原因としてと考えられます。今後しばらくはその構図に変化がみられないと思われるので民間部門の苦戦は続きそうです。

また、国内に目を向けるとやはり最低賃金を大幅に上昇させた影響が出ていると思われます。従業員を雇う余裕がなくなる企業も増え海外へ進出する企業も増えています。雇用が失われ消費もふるわなくなる。また、韓国に投資する外国企業が減っている状況で更に民間の活力が失われている状況。

政府は実質的に政策の誤りを認め2020年の賃金上昇率は大幅に抑えられます(実質マイナスという意見も)。政府の政策転向で今後は雇用に活気が戻る可能性もあります。

 

韓国の反応

韓国の主な反応は以下の通り。

<韓国の主な反応>
  • 文大統領、一度も経験したことのない乞食のような国を作ってくれてありがとう。
  • 経済、外交、安全保障全て駄目。なんでこんなことに
  • この政府、四半期ごとに補正予算を組んでいるのでは?
  • 税金ばんばん使って必要もない老人雇用を作り経済成長をみせかけている
  • 競争を良しとせず、平等、安全をさけんでいたら成長するはずもない
  • 文大統領は無能なのではなくわざと韓国を落とそうとしているように見える
  • 領空は侵入されて、同盟国は不信感を増し、日本では報復されて、中国では無視される文政権
  • 政府の財政投入が成長なのか?民間の成長はマイナスだと?だからこれらの人が補正予算組もうとしている。政府がお金広がり注いまるで成長したかのように指標作成されているこれらの人をどうすべきか?
  • 税金主導抑止成長

 

まとめ

たける
政府部門でなんとかプラスにしたけど第2四半期も実質マイナス成長と見ることができるかもしれないね。韓国の反応も概ね厳しいものとなっている
ようこ
第3四半期はちょっと怖いね
たける
現状、輸出はまだ回復していないので第3四半期も厳しそうだ。そして政府予算もあてに出来ない状況。再び厳しい数字が出てくるかもしれない
ようこ
第3四半期も政府予算をぱっと使って補正予算を組んだらいいのでは?
たける
実質的にそうすることを韓国政府は考えている可能性はあるね。日本に対抗するために予算を組む必要がある!と大騒ぎしているのはそのためかもしれないね。とりあえずは第3四半期の韓国GDPもチェックしていこう
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)