韓国、私募ファンド発の金融危機?

韓国、私募ファンド発の金融危機の可能性あり!?
↑シェア、拡散歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国、私募ファンド発の金融危機が出てくる可能性も指摘されています。それでは記事の内容をチェックしていきましょう。


スポンサーリンク

記事「【中央時評】金融危機がまた来れば=韓国」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:【中央時評】金融危機がまた来れば=韓国

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 韓国国内には私募ファンドが1万1000個あるとのこと
  • その一方で、どのように運営されているのかは誰も知らない
  • 1兆5000億ウォン(約1380億円)が凍結されたライム資産運用事態は氷山の一角の可能性が高い
  • 私募ファンド発の金融危機が来る可能性も
  • その他、不動産バブルと家計の負債はいつ問題が発生してもおかしくない時限爆弾
  • 我々には危機を迎えるたびに秘蔵のカードがあった。97年の話になれば「自分が通貨危機克服の功労者」と武勇談を語る人がいるが、何といっても秘蔵のカードは健全な財政だった(本当は日本のおかげなのに、、、)
  • 2008年の秘蔵のカードは外貨準備高でなく、友邦と結んだ通貨スワップだった。良い関係を維持した米国や日本。外貨準備高よりもアメリカと日本が助けるという明確な信号が金融危機から韓国を救った
  • 今や財成は悪化し米国や日本との関係も悪化。カードがない状況

参考元:【中央時評】金融危機がまた来れば=韓国(中央日報2020年1月7日)

 

韓国の私募ファンドが危険?

韓国の私募ファンドは11000もの数があるとのことです。

私募ファンドというのは公募ファンドの対極にあるものでして公募ファンドのような規制(内容の透明性の確保など)を受けない代わりに投資の上限の設定が厳しくなっています(韓国もおそらく同じかと)。

この規制を受けないというのがちょっとした問題であり、どのような運用をしているのか分からないのです(日本でも怪しいのがたくさん)。

そのうちの1つライム資産運用は株式操作などの疑惑などで運用停止状態。投資家は損失を受けることになると思われます。

これは氷山の一角の可能性があると記事内で指摘されていますがその通りでしょう。危険な投資はかなり多く存在していると思われます。中にはマルチ商法的にお金を集めて計画倒産するような投資も出てくることでしょう。

そういった会社が倒産すれば大きな社会問題になることは必須。金融危機まではさすがにいかないと思われますが大変な問題になる可能性は高いと思われます。

韓国では他にも不動産バブルの崩壊、個人の借金問題などがありいつ爆発してもおかしくない問題が多数あります。これらが連鎖的に爆発する可能性もあります。

これまで韓国が通貨危機になればアメリカや日本が助けていましたが今の状況では両国共に韓国を助けないでしょう。韓国は自ら茨の道を歩んでいる状況と言えます。

(参考:韓国通貨危機の時の日本支援と韓国の反応

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)