韓国ではマスク製造のために法律改正、労組が反発で訴訟もある?

韓国ではマスク製造のために法律改正したが労組が反発!?
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

何かと問題行動が多いと感じる韓国の労働組合ですが、今度はマスク製造に対して抗議しているようです。どうやら訴訟の可能性もある?一見するとおかしな話のようにも見えますが、、、その辺り報道内容をチェックしていきましょう。


スポンサーリンク

記事「「マスク製造の延長勤労はない」二大労総は訴訟」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:「マスク製造の延長勤労はない」二大労総は訴訟

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 政府が週52時間制の例外を許可する特別延長勤労の理由を拡大し特定のマスクメーカーにこれを許可しようことに対して、二大労総が「行政訴訟を提起する」と反発している状況
  • 背景としては雇用部が1月31日に災害やこれに準ずる状況でのみ限定的に実施してきた特別延長勤労の理由を拡大する内容が盛り込まれた勤労基準法施行規則改正案を公布・施行
  • 週52時間を超えても良いとして追加された理由は「人命保護と安全確保のための緊急措置が必要なとき」「通常の場合に比べて仕事量が大幅に増加して短期間で処理しなければ事業に重大な支障や損害が発生したとき」など合計4種類
  • それに合わせたように政府はマスク価格高騰と在庫切れに備えてマスク製造工場を24時間稼動すると2月2日に明らかにした。これにより、マスク製造など関連企業の特別延長勤労申請が増えると予想される。
  • それに対して二大労総は「労働時間短縮の後退するだろう」と反発している状況
  • 具体的には「特別延長勤労のかの理由は、元の自然災害や災害またはこれに準ずる事故収拾のため、時には母法に規定されている」とし「今回の雇用付加印加した条件の拡大は、労働時間の延長に悪用されることができる」と反発

参考元:「マスク製造の延長勤労はない」二大労総は訴訟(毎日経済2020年2月3日)

 

マスクを製造するために法律改正

韓国ではマスク製造のために法律改正があり労組が反発する動きが出ています。

 

韓国ではマスク製造のために法律改正

韓国では週52時間労働の規制の動きが出ています。大企業では既に実施。

中小企業でも罰則はないものの今年から法律が施行されています。

しかしながらその法律を守ると残業がほとんどできません。その一方でマスクが品薄で大変な状況なので残業は必須な状況。

そのため、労働部はマスク24時間生産体制が必要として1月31日からの法律改正に動きました。

なかなかに法律改正の動きが早い。韓国の法律改正の動きは早いので日本もその辺りは見習いたいところです。

例えば日本では「指定感染症」にするのを決めたのは1月27日ですが実際に施行するのは2月7日の予定でした。緊急事態なのに10日もかかるのでは意味がありません。2月1日に前倒ししましたがスピード感ある施行が必要と思われます。

 

韓国二大労総の反発

労働部がマスク24時間生産体制が必要として1月31日からの法律改正をしたのですが、その動きに対して韓国の二大労総が反発しています。

その理由はその週52時間の法律における週52時間を超えても良いとされる特別延長勤労理由が「自然災害や災害またはこれに準ずる事故収拾のため」だったのに、それに加えて「人命保護と安全確保のための緊急措置が必要なとき」、「通常の場合に比べて仕事量が大幅に増加して短期間で処理しなければ事業に重大な支障や損害が発生したとき」などの4項目が新たに加わったからです。

二大労総の言い分としては、今回のマスク製造24時間体制についても法律を改正する必要はなく「自然災害や災害またはこれに準ずる事故収拾のため」というこれまでの法律にある理由で対応可能として、対象の拡大(4項目追加)はおかしいと反発しているわけです。そして場合によっては訴訟も辞さないとしています。

確かに別に法律改正する必要もなさそう。今回追加されたように「仕事量が大幅に増加した時は週52時間以上もOK」としたら経営者の判断でいつでも週52時間労働を外すことが可能に見えます。これでは法律の意味が薄れます。

いつも韓国の労働組合はおかしな要求をしていますが、今回については正当な要求という感じがします。

 

韓国政府はどさぐさまぎれに法律改正した?

これまでは企業(特に中小企業など)から政府に対し「週52時間労働の法律は厳しすぎて無理」という要求があり、それに韓国政府が法律改正などで答えようにも労組が強くて動けなかった。

でも今回は緊急時ということもあり即座に法律改正しました。悪い言い方をすれば今回の新型肺炎を理由にどさぐさまぎれに政府が法律改正したわけで、反発があるのはある程度は仕方がないようにも見えます。

今後、世論によってどうなるかは分かりませんが訴訟となると泥沼ですね、、、。

 

日本の憲法や法律改正について

ちなみに日本でも今回のような緊急時時のために「緊急事態条項」を憲法に追加すべきでは?という議論が出てきました。確かに「指定感染症」にすると決めたのは1月27日なのに指定日が2月7日になってしまうのはおかしい。それ以外にも今後、何かあった時に緊急時に対応できない状況が出てくる可能性があります。即座に対応できるような条項を憲法に入れるべきという話は理解できます。

その一方で「緊急事態条項」を憲法に入れることによって恣意的に運用される可能性もあり(例えば軍派遣など)、それも問題という意見もあります。韓国と同じく、どさぐさまぎれに変なものを紛れ込ませるな!という反発ですね。

この辺りどちらも言い分も正しいかと。やはり日本においても「緊急事態条項」を入れるべきだとは思いますが例えば衆議院議員の4分3の賛成が必要とか一定の縛りを入れる必要があるでしょう。

もしくは「指定感染症」のような緊急性が高いと思われる法律内に「宣言後即日指定可能」などの文言を入れるべきと思われます。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



5 件のコメント

  • 確かに今回の内容であれば改正は必要がないように思うので別の思惑があったような気がします。
    まぁ、人の解釈によって対応がずいぶん変わってしまうので悪用される可能性もありそうですね・・・

  • 私が暮らしている日本の田舎ですらマスクが店頭から消えてます。フリマサイトなんかを見ると高額で転売されており本当にやめて欲しい。花粉症の自分はこれから必要なのに買えない状況はつらい。

  • 緊急事態の時などは特例として対応すれぼ良いのではと思いますが法律まで改正するのですかぁ…疑問

  • 確かに法律まで変える必要はなさそうですが、韓国国内の問題なので、これ以上は言及しません。
    ただ、記事でも述べられているように、日本政府も積極的な対応は見習って欲しいですね。
    最近の国会でも「桜」ばかりで、うんざりです。
    この件ばかりは、与党も野党も関係ありません。
    せっかくのテレビ中継が入っている国会ですので、対策についての議論をしてもらいたいものです。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)