中国の習近平国家主席の訪韓がキャンセルに?

韓国の国旗
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

中国の習近平国家主席の訪韓がキャンセルになったようです。

うーん、何となく繋がってきたように思います。

トランプ大統領に訪韓を依頼したことが漏れただけで気密漏洩と騒いでいたのはちょっとおかしいと思っていたのですよね。

何が繋がっているのか順を追って見ていきましょう。


スポンサーリンク

アメリカが韓国に立ち寄ることに

アメリカは日本に来るついでに韓国に寄ることになったようです。

6月下旬に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議の後ぐらいが有力。

アメリカが韓国に立ち寄ることはないかなと思っていたのですが文大統領の周りの人間が頑張ったようです。

とりあえず良い成果と言えるでしょう。

 

韓国がアメリカに訪韓要請

そこで少し問題が発生。

文大統領がアメリカに訪韓を要請したということが野党議員から伝わりました。

5月の訪日の際に少しでも韓国に立ち寄って欲しいという依頼もあったようです。それをもって韓国の野党議員は「物乞い外交」と言い出したので文大統領側もかちんときたようです。

でもその怒りの方向がおかしい。

機密漏洩とかで外交員らの携帯電話調査を行ったのです。

韓国らしいと言えば韓国らしい。

攻撃を受けそれについて都合が悪いと全く違う話を出してきて相手を攻撃する。要するに話を変えて逃げようとしたわけです。

でも日本に来るついでに訪韓を依頼するなんてのは別に機密でもなんでもないわけで、その程度の情報で機密漏洩と大騒ぎするのはおかしい。しかも事実無根だとしながらです。事実無根ならば調査する必要もない。

これでは弾圧とか独裁とか言われても仕方がないでしょう。

外交官の携帯を監察する韓国大統領府の自家撞着

(以下一部引用)

駐米韓国大使館のK外交官が野党・自由韓国党の姜孝祥(カン・ヒョサン)議員に韓米首脳間の電話会談内容を漏えいさせて大統領府の監察を受けているという。漏えいさせたという対話内容は「文在寅ムン・ジェイン)大統領がトランプ米大統領に対し、5月末の訪日を機に韓国に少しでも立ち寄ってほしい、と言った」というものだ。ところが、大統領府はこれを「根拠のない主張だ」と一蹴(いっしゅう)した。虚偽の事実だということだ。

しかし、大統領府はその後、外交部(省に相当)職員の携帯電話の通話記録を一つ一つ確認し、大々的な保安調査を行った。「内部情報漏えい者」を見つけ出すためだ。大統領府は同日、「漏えい当事者を確認した」として、姜孝祥議員に対し「機密漏えい」に該当すると言った。国家首脳間の電話会談内容については「3級機密」に該当する。機密を漏えいさせた外交官は処罰や懲戒処分を受ける可能性が高い。だが、大統領府は、漏えい内容については今も「事実無根」だとしている。事実無根の虚偽情報を言ったことがなぜ「機密漏えい」に当たるのだろうか。

(一部引用ここまで)

引用元:(朝鮮日報日本語版) 【コラム】外交官の携帯を監察する韓国大統領府の自家撞着(朝鮮日報(ヤフー内)2019年5月24日)

 

何故、文大統領側はそれほど怒ったのか?

それでは何故、文大統領側はそれほど怒ったのでしょうか?

この辺りは推測になりますが2019年6月に予定されていた中国の習近平国家主席の訪韓が難しくなったからではないかと思います。

6月来韓白紙の習主席、シャングリラ会合で対韓圧力の可能性も

(一部記事引用)

米中貿易戦争の激化により、中国の習近平国家主席の6月訪韓は結局、中止になったことが24日、分かった。韓国政府は6月末、大阪で開催される主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)前後の習近平主席訪韓を推進してきた。ソウルの外交消息筋は同日、「最近まで韓中両国は習近平主席の訪韓日程を協議していたが、ひとまず『6月は難しい』という方向で結論が出た。中国では当面、訪韓で得られる実益がないと見ている」と述べた。

(引用元:(朝鮮日報日本語版) 6月来韓白紙の習主席、シャングリラ会合で対韓圧力の可能性も(朝鮮日報(ヤフー内)2019年5月25日)

文大統領の今の支持者が中国、北朝鮮寄りということは良く知られていることでしょう。そして文大統領の支持率は就任当初から下落しており今の中国、北朝鮮寄り支持者がいなくなったら崩壊状態。

すなわち、文大統領としてはできる限り中国や北朝鮮寄りの姿勢を見せなければいけないのです。もちろん文大統領の支持者はアメリカとの関係が大切ということも分かっています。だから多少アメリカに誠意を見せても文句はないでしょうが中国をないがしろにしてアメリカにすり寄ったら怒ることでしょう。

そんな状況で中国には訪韓してもらえない、しかもアメリカには物乞いまでして訪韓を依頼していたとなると文大統領側としては支持者に対して言い訳できそうにありません。やっていることは完全にアメリカ寄り。一部の報道によるとアメリカと中国が重なったので中国の訪韓が流れたという説もあります。

この辺りがそのまま文大統領の支持者に伝わったら非常にやばい状況です。

そこで「事実としては認めないけど機密漏洩」というどうにもおかしい理論で大騒ぎして、「中国が訪韓してくれないにも関わらず、アメリカにはお願いしていた。しかもアメリカが訪韓するから中国が来ないのかも」といった都合の悪い事実をなるべく小さなものにしようとしたと推測します。

 

中国は何故、韓国を訪問しないのか?

あと大切なのは中国が何故、韓国を訪問しないのか?現在のアメリカと中国の貿易戦争を考えたら中国は韓国とうまく手を結んでアメリカに対峙したいはずです。

中国が韓国に訪問しないということは韓国の態度に激怒している可能性も考えられます。アメリカ側で中国の敵だとみなされている可能性があるということ。

もしそうだとしたら、これもまた文大統領の支持者にそのまま伝わると大変なことになることでしょう。

そこで韓国のマスコミは他の思いつく理由(習近平国家主席が忙しくて余裕がないなど)を適当に並べて文大統領の支持者の目をごまかそうとすると思います。でもそれでごまかせるのか?

この辺りは韓国の保守系のマスコミと革新系のマスコミとで報道の仕方が全く異なるかもしれないので注目したいところ。

中国の訪韓キャンセルで外交の状況次第によっては国内にも危機が飛び火しそうな気がしてきました。

 

まとめ

文政権がアメリカに訪韓を依頼したことが伝わっただけで激怒しているのがちょっと不思議だったのですが、中国の訪韓が無くなったということで何となく繋がったように思います。

文大統領の支持者にも良い顔を見せようと思ったら中国寄りにも何らかのアプローチをしないと厳しいと思うのですが大丈夫なのでしょうか?

文大統領にとって大変な状況が続いていきそうです。

まずは存在感が薄するのを何とかした方が良さそうな気がするけど。

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国経済

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)