韓国では反日のために書籍「反日種族主義」を図書館から撤去!?

韓国の自治体が図書館から書籍「反日種族主義」を撤去!
↑シェア、拡散歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国では反日のために図書館の本まで規制しているらしいという情報も出てきました。ますます情報規制がひどくなっている様子。それでは記事の内容をチェックしていきましょう。


スポンサーリンク

記事「「反日種族主義」図書館から撤去」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ(リンク先は韓国語です)。

記事タイトル:「反日種族主義」図書館から撤去

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 韓国の水原市は2019年12月23日に16の図書館16冊の「反日種族主義」書籍をすべて貸し出しと閲覧の両方不可能にした
  • 「本を見たくない」などの市民の苦情や歴史歪曲指摘なども考慮したと説明
  • 華城市は12の図書館に15冊の「反日種族主義」を本検索システムのリストに出ないようにした。また閲覧終了後に廃棄処分する方針も。
  • 平沢市も閲覧が終わり次第7冊の本すべてを倉庫に別々に保管するという計画
  • 他でも検討中の自治体が多数
  • 出版禁止などの法的処分なしに自治体が動くのは異例のこと

参考元:「反日種族主義」図書館から撤去(二川日報2020年1月10日)

 

韓国の図書館で「反日種族主義」を撤去する動きが本格化

今回はシンシアリーさんのサイトにあった情報でびっくりした話を抜き出してきました。なんと韓国ではベストセラーになった書籍「反日種族主義」が図書館から撤去されてしまうという事態になっているようです。

韓国では反日なら何をしても良いという雰囲気が自治体にもありその流れで書籍「反日種族主義」の撤去しているようです。

書籍「反日種族主義」の内容は日韓併合時代についての韓国側の認識がおかしいのではないか?ということでデータや文献などを交えて説明している歴史書です。

決して日本を美化しているわけでもなく事実を淡々と積み重ねているという感じの書籍(日本を否定している部分もあります)。

(参考:「反日種族主義」はヘイト本!?あらすじ感想、口コミなど

そしてこの書籍「反日種族主義」では慰安婦や徴用工については韓国側の認識がおかしいと説明しています。

この書籍は韓国としては都合が悪いのでしょうが、さすがに発禁にするわけにもいかない。言論の自由、思想の自由を禁じるわけにはいかないからです。

そのため、図書館にある書籍だけでもなんとかしようということで市民団体が自治体に要求、自治体がその要求に対応したという形での図書館からの撤去のようです。

韓国では何でもありなんですがベストセラーになった書籍まで撤去し思想や言論を弾圧するとかあまりにもひどい状況と言えます。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



3 件のコメント

  • 法的に本の発行禁止ができないので、図書からら撤去ですか・・・。
    自分と異なる意見を認めることは、基礎の基礎ではないでしょうが。
    こういうことをやると、どういう国なのか「お里が知れる」
    状態になります。
    冷静に考えると、国益にマイナスと解るはずです。

  • 本ぐらい自由にさせてあげても良いのでは?反日すべきかどうか本人に判断させるべき。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)