韓国の人口推移(1980年~2020年)日本との比較も

韓国の人口推移、増えているのは外国人?
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

今回は韓国の人口推移についてまとめていきます。

韓国の人口は順調に増えていると思われましたが出生数の減少などで早くも2020年には人口が減少すると言われています(2018年までは2028年に減少を開始すると言われていた)。

その辺り、実際のデータや表をまとめたので確認ください。

ただし、一部は他のデータと数値が合わないような気がするので参考までにとどめてください。


スポンサーリンク

韓国の人口推移、人口増減(世銀統計)

以下、韓国の人口推移ならびに人口増減の表を作ったので確認ください。

 

韓国の人口推移

韓国の人口推移2

1980年から2000年ぐらいまで順調に人口が伸び、その後少し伸び悩んだかと思いきや再び2005年ぐらいから人口が伸びています。

韓国の人口(万人)
1980年 3812
1981年 3872
1982年 3933
1983年 3991
1984年 4041
1985年 4081
1986年 4121
1987年 4162
1988年 4203
1989年 4245
1990年 4287
1991年 4330
1992年 4375
1993年 4420
1994年 4464
1995年 4509
1996年 4553
1997年 4595
1998年 4629
1999年 4662
2000年 4701
2001年 4737
2002年 4765
2003年 4789
2004年 4808
2005年 4819
2006年 4844
2007年 4868
2008年 4906
2009年 4931
2010年 4955
2011年 4994
2012年 5020
2013年 5043
2014年 5075
2015年 5102
2016年 5122
2017年 5143
2018年 5164
2019年 5171
2020年 5178

(2019年、2020年は韓国のサイトから数字を引用しています)

これだけを見ても分かりづらいので増減数もグラフにしました。

 

韓国の人口増減の推移

韓国の人口増減の推移1981年~2018年

人口増減の推移をグラフにするとこのような感じになります。韓国も日本と同じく少子化傾向ということもあって人口増加数が減少傾向なのは仕方がないでしょう。

韓国の増減数(万人)
1980
1981 60
1982 61
1983 58
1984 50
1985 40
1986 40
1987 41
1988 41
1989 42
1990 42
1991 43
1992 45
1993 45
1994 44
1995 45
1996 44
1997 42
1998 34
1999 33
2000 39
2001 36
2002 28
2003 24
2004 19
2005 11
2006 25
2007 24
2008 38
2009 25
2010 24
2011 39
2012 26
2013 23
2014 32
2015 27
2016 20
2017 21
2018 21
2019 7
2020 7

ここ数年を見ても韓国の人口は20万人前後増えています。

しかしながら韓国の出生数は減少を続けており死亡者数との差から考えられる自然増加数は数万人レベル。そのため、ここ数年で増えているのは外国人と考えられます。

(参考:韓国の出生数、死亡者数の推移

(参考:韓国の出生数、出生率の推移

この辺りについては外国人を含めないと明らかに数字が合わないので外国人の増加数なども調査します。(人口統計に詳しい人でこの辺りの矛盾を説明してくれる人がいたらコメントで教えてもらえると嬉しい)

 

韓国の人口が早々に減る可能性も

韓国の人口減少が始まるのは2018年の時点で2028年頃と言われていましたが、2019年になり2018年までの統計が出てくると、もっと早くに人口減少が始まると言われるようになりまいた。

なんと短期間のうちに2028年⇒2024年⇒2020年と8年間も予想が短縮されています。

今回のグラフを見る限りではまだ人口の減少は見られませんが2020年には韓国の人口の減少傾向が見られる可能性があります(外国人の流入を考えない場合)。

また韓国の出生率が低いことから、その後の人口減少の勢いは日本よりも早くなる可能性があります。

 

韓国と日本の人口比較

韓国(100万人) 日本(100万人)
2000 47.01 126.83
2001 47.37 127.13
2002 47.65 127.40
2003 47.89 127.63
2004 48.08 127.73
2005 48.19 127.75
2006 48.44 127.75
2007 48.68 127.76
2008 49.06 127.69
2009 49.31 127.55
2010 49.55 127.59
2011 49.94 127.83
2012 50.20 127.55
2013 50.43 127.33
2014 50.75 127.12
2015 51.02 126.98
2016 51.22 126.96
2017 51.43 126.75
2018 51.64 126.50

韓国と日本の人工を比較するとおよそ日本の人口は韓国の2.5倍になります。

日本は既に2012年から人口減少が始まっており韓国よりもおよそ10年近く早く人口減少が始まっています。

ただし韓国は出生率が低く2019年には1.0を切っています。日本は1.4程度なので今後は韓国の人口減少が日本よりも早まる可能性もあります。

(参考:韓国の出生数、出生率の推移

 

韓国の人口推移まとめ

  • 韓国の人口増加数が2018年に入って急減
  • 2020年には人口が減る可能性あり
  • その後の人口減少は日本よりも早くなる可能性が高い

2018年に急激に人口増加数が減った韓国。2020年には人口減になると予想されています。年金制度の破綻などもささやかれており、今後の韓国の運営は難しくなりそうです。

データ参考元(1980年~2018年)
韓国人口世銀統計
https://www.globalnote.jp/p-cotime/?dno=9230&c_code=410&post_no=13021

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)