アメリカ、中国の貿易戦争で韓国が窮地に?

韓国の国旗
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

アメリカ、中国の貿易戦争が2019年5月になり激しさを増しています。

為替や株価も大きな影響を受けています。

そしてこのアメリカ、中国の貿易戦争に大きな影響があるのが韓国。

その影響についての話が少しずつ出てきました。韓国への影響について見ていきましょう。


スポンサーリンク

韓国は輸出大国だが金融が脆弱

まず認識すべきは韓国は輸出大国ということ。

貿易黒字は大きく、輸出で稼ぐことで国が栄えている状況です。

その一方で金融は弱く、ちょっとしたことで国がゆらぐ状況も度々ありました。金融危機がそうです。貿易黒字が続いていても、ちょっとでも赤字の兆しが見えればウォンは売られ金融危機が取り沙汰されます。

何度か金融危機があったので多少はよくなっているとは思いますが2019年の時点でも金融が弱いのは変わらず。ウォンが下がれば海外へ支払う配当が相対的に増え(ドル支払い)、そのまま金融危機に繋がります。

これが貿易黒字の状況ならばそれがウォン買いに繋がるので綱引きになってバランスが取れるのですが貿易赤字になるとウォン安の方向に向かう材料しかなく、あとは仕掛けがあれば一気にウォン安になってしまって金融危機になります。

対策としては金融機関の育成、アメリカと日本との連携を緊密に取るなどが考えられますが文政権はどれも手放している状況なので現状で貿易黒字が減ればかなり危険です。

そしてアメリカと中国の貿易戦争も韓国経済に影を落とします。

韓国経済に悪影響を及ぼすたくさんの要因がある中で非常に厳しい状況になりつつありそうです。

(参考:韓国の経済危機

 

アメリカと中国の貿易戦争による影響

中央日報によるとアメリカと中国の貿易戦争による影響が1兆ウォン(1000億円)を上回ると見ているようです。

これがどこまで正しい数字なのか分かりませんが直接的に年間1000億円の影響ならば月100億円程度。

そのぐらいならばまだ大丈夫かな?と個人的には思います。

ただ、問題はアメリカと中国の貿易戦争で世界的な不景気に突入するケースです。その場合は韓国の輸出が大幅に減らざる得ない。そして貿易黒字が重要な韓国に致命的な打撃を与える可能性があります。

世界的な好景気が2017年から2018年に続きました。その影響で韓国の輸出が増えたわけですが2019年は逆に世界的に不況になる可能性があります。すると韓国経済への影響は大きく急激に正念場を迎える可能性があります。

今後もアメリカと中国の貿易戦争は要チェックです。

以下、情報引用元の中央日報の記事になります。

韓経:「パーフェクトストーム」に直面する韓国…G2ショックに中間財輸出だけで被害1兆ウォン

通商専門家らは米中貿易紛争が深まれば当事国を除くと韓国が最も大きな被害を受けると予想している。米国は中国の最大輸出相手国で中国は韓国の最大輸出相手国であるためだ。韓国が中間財や部品などを中国に送ると、中国がこれを組み立てて米国に送る商品の流れが阻まれる格好だ。韓国貿易協会は直接被害額だけで1兆ウォンを上回るとみている。

~中略~

貿易紛争拡大が世界全般の貿易心理を冷え込ませ輸出に悪影響を与える可能性もある。実際にこれまで相対的に実績が良好だった東南アジアと欧州連合(EU)向けの輸出が今年に入り減少し始めており、産業通商資源部は「貿易紛争の余波が米国と中国以外の他の国まで広がる様相」と分析した。東南アジアへの輸出は2月に3.2%、3月に7.6%減った。

投資も心配だ。企画財政部関係者は「昨年投資が振るわなかった理由のひとつは米中貿易紛争の長期化で企業がこれまで立てた投資計画を先送りするケースが多かったため。最近紛争レベルが高まり投資心理がさらに冷え込まないか心配だ」と話す。1-3月期の設備投資は通貨危機の時である1998年1-3月期以降最低値を記録するなど最悪の不振を体験している。

世界情勢に敏感な金融市場はすでに貿易紛争の影響を大きく受けている。KOSPI指数は7日の2176.99から14日に2081.84まで急落し、ウォン相場は連日年初来安値を更新している。

引用元:韓経:「パーフェクトストーム」に直面する韓国…G2ショックに中間財輸出だけで被害1兆ウォン(中央日報2019年5月15日)

 

まとめ

韓国の輸出は大きくなりかなり強くなったのですが、どうにも金融が弱い。バランスが悪すぎます。そのためにちょっとした逆風でも窮地に陥る可能性がある。

一方で文政権は対策を取るどころか逆に危険の中に入り込もうとしている状況。今後も世界的な景気、そして韓国からは目が話せない状況が続きます。

とりあえず文政権には今の方向性を思いとどまって欲しいところですが、、、。

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国経済

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)