韓国ライムファンドに続きアルペンルートファンドも資産運用停止

韓国、ライム資産運用に続きアルペンルート資産運用も運用停止!?
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国ライムファンドに続きアルペンルートファンドも資産運用停止になっているようです。


スポンサーリンク

記事「「第2のライム事態」結局起こった… アルペンルート、2300億買い戻し中断」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:「第2のライム事態」結局起こった… アルペンルート、2300億買い戻し中断

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 有望ベンチャー企業に集中投資するアルペンルートの資産運用が2300億ウォン規模のヘッジファンドの買い戻し中断を決定
  • 「モンブラン4807」と「マッターホルン4478」などアルペンルートの代表ファンドは年平均20%前後の高収益を誇っているがオープンファンドで運用したのが裏目に出た形
  • 韓国投資証券は、アルペンルートの資産運用が投資した原資産の問題が発生しではなく、ポートフォリオの調整レベルで行われた措置と見ている

参考元:「第2のライム事態」結局起こった… アルペンルート、2300億買い戻し中断(韓経ドットコム2020年1月27日)

 

アルペンルートファンドも資産運用に問題?

今回、アルペンルートファンドの資産運用が停止になったということでライムに続いての大問題か?ということで騒がれています。

(参考:韓国 ライム資産運用ファンドが再び運用停止

ただし現時点ではライムほどの大問題に発展するかどうかは微妙なところと言えそうです(まだ先行き不透明な感じ)。

情報が少ないので何とも言えませんが、不安になった証券会社が一気に現金化しようとしてそれで運用停止になったような印象。

投資会社としても流動資産がそれほどあるわけでもないので、急に現金化の動きがあると運用停止にせざる得ない状況もあり得ます。今回はその程度だと思いますが現実の運用状況の中身が分からないので何とも言えないところもあります。

他の投資ではアルペンルートは全体的に良い成績を収めている会社なので流動性さえ確保できれば問題ないと思いますが、、、どうなのだろう?

私募ファンドは高収益が期待できる一方で今回のように透明性に欠けるという問題もあり難しいところです。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



1 個のコメント

  • ベンチャー企業に集中投資という投資方針であれば、ハイリスクハイリターン想定は、韓国に限らず、法制度・経済制度違えど、どの国や地域でも共通でしょう。
    流動性の欠如の可能性も、ある意味想定されていること。
    それから、外部環境の影響は、いわいる大手企業より大きく受けやすいし、こういった運用停止報道も、投資方針に内包されたリスクのひとつかと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)