おめでとう韓国、ギリシャが6月15日から入国許可!ただし、、、

おめでとう韓国、ギリシャが6月15日から入国許可!
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

ギリシャが韓国などに対して6月15日からの入国許可を出しました。諸外国に対して入国許可を求めてきた韓国の外構勝利!?

でも現実にはちょっと違うかな。韓国の反応を見ても微妙な雰囲気。それでは報道の内容を解説していきます。


スポンサーリンク

記事「ギリシャ、来月から韓国人観光入国許可」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:ギリシャ、来月から韓国人観光入国許可

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • AFP通信によると、ギリシャが新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響で禁止してきた観光客の入国を再開することにして、韓国をはじめとして入国できる国29カ国のリストを確定して発表
  • 許可を受けたのはドイツ・オーストリア・フィンランド・チェコなどヨーロッパ連合(EU)加盟国16カ国と韓国・日本・オーストラリア・中国・ニュージーランド、イスラエルのなど非加盟国13カ国の入国
  • イタリアとスペイン、イギリス、フランスなどはまだ感染被害が大きい国の観光客は入国許可の対象から除外
  • ギリシャの新型コロナの累積確定者数は2909人、死亡者は175人で欧州主要国に比べて相対的にウイルス被害が少ない状況
  • 6月15日から首都アテネと北部テッサロニキ国際空港を通じて入国が可能。ただし入国の際には新型コロナの検査が必要
  • ギリシャは地方空港が一斉に動作を再開する7月1日から入国許可国を拡大する方針

参考元:ギリシャ、来月から韓国人観光入国許可(韓国語・ソウル経済2020年5月30日)

 

ギリシャは6月15日から韓国人の観光入国を許可

ギリシャは6月15日から韓国人の観光入国を許可を出すとしています。諸外国に入国許可を求めていた韓国としては喜ばしいところだと思いきや微妙な感じのようです。

 

韓国は諸外国に韓国人の入国を求めている状況

韓国は諸外国に韓国人の入国を求めている状況です。

特に日本やアメリカなどに対してビジネス目的の入国を許可してくれるようにと求めています。

それ以外の国に対しても入国の許可を求めています。

韓国国内では新型コロナを抑え込んでおり感染拡大の問題はないので諸外国には入国許可を出して欲しいということ。

韓国国内に目を向けると航空会社が瀕死の状況、更には輸出も低迷しているので是非とも韓国人の入国を許可して欲しいところなのです

 

ギリシャが韓国人の入国を許可

そんな中でギリシャが韓国人の入国許可を出すというニュースが入ってきました。

2020年6月15日からギリシャへの入国が可能になります。これは韓国にとってはグッドニュースなのでは?韓国外交が求める結果が出たきたのです。

ただ韓国の外交努力が実ったのなと思いきやそうではなさそう。他にも日本を含む29カ国に入国許可を出しています。ギリシャは観光の国なので少しでも早く観光を国内観光を盛り上げたいという意識の表れのようです。

あと新型コロナが蔓延しているということでギリシャ入国の際には新型コロナの各種検査は必須条件になります。

実は日本も同じように入国許可を受けています。新型コロナが少ないギリシャとは言え、ヨーロッパの国に行くのはまだ複雑なところですが韓国人はどのように見ているのでしょう?

 

韓国の反応

韓国の主な反応は以下の通り。やはり微妙な反応が多いです。まだ時期尚早という感じがしますね。

<韓国の主な反応>

  • 今誰がヨーロッパ旅行行くのか?無料でも行きたくない
  • 無料ならば行くかな?でもかなり怖いのは間違いない
  • 収束するまでは海外旅行は駄目だよね
  • これって行けたとしても帰ってきたら2週間の隔離が必要だよね?ちょっと無理
  • 今のヨーロッパは人種差別されそうな気がする
  • 今、ヨーロッパに行くのはナイトクラブに行くようなものでは?
  • 逆に韓国は出国禁止にすべき。入国者のコロナ感染者がずっと多い
  • タイトルを見たら外交部の成果かと思ったら29カ国のうちの1つでしかもギリシャから求めたもの。タイトルがおかしい

 

サイト主からのお願い!

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています。応援クリックはこちら⇒人気ブログランキングへ
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



4 件のコメント

  • 題名の「ただし、、、」がすごく気になって記事を読みました!笑
    許可は韓国だけではなかったのですね。でも、今の時期に行くのは怖いですね。

  • K国は、貿易も貿易外も外国頼み。
    内需拡大策を取るべきですが、K国にそんな意思は全く見られません。
    それは、K国の政治的影響力や経済浸透力は強いのだ、と錯覚しているからです。
    (本当に強ければ、焦る必要はありません。)

  • 観光産業のウエイトが高い国ほど、国を挙げて必死。
    できるだけ、多くの外国に、門戸開放したい。
    ウェイトが高くない国でも観光産業関係の人は必死。
    所詮政治家や行政、メデリア等、自分が「経済的死」
    に該当すると思わない人には解らない感情。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)