ゴールデンレイ号、転覆の原因と保険や再保険は?

ゴールデンレイ号転覆の原因と保険について
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

2019年9月8日(日)に韓国、現代グロービスの自動車積載貨物船、ゴールデンレイ号が米南東部ジョージア州で転覆しました。事故原因は急な旋回とも言われていますがそれだけで沈没するはずもなく、原因の究明が進められています。

何故ゴールデンレイ号は転覆したのか?

また、気になるのは保険です。韓国船は保険(再保険)に入ることができないとも噂されておりその辺りがどうなっているのかも気になるところです。保険に入れず現代グロービズが全てかぶるというということであれば大変なことになります。


スポンサーリンク

ゴールデンレイ号の転覆原因は?

それでは現在までに報道されているゴールデンレイ号の転覆の原因について列挙します。

 

急旋回が原因

まずゴールデンレイ号は日本のエメラルドエース号とすれ違った後に転覆したと伝えられています。そして運行記録などを見るとエメラルドエース号を避けようと急旋回したことでバランスを崩して転覆したようです。

そうなるとエメラルドエース号にも責任の一端がありそうでもありますが、専門家によると急旋回したぐらいで船が転覆するはずはないとのことで今回の転覆の原因ではあるものの、責任追及されるべきものではないと思われます。

なお衝突などの事実はありません。また天候にも問題が無かったとされ悪天候による転覆でもありません。

 

復元力の問題で転覆

それでは何故、ゴールデンレイ号は急旋回したぐらいで転覆してしまったのでしょうか?その原因は復元力にあるとされています。通常船は多少バランスを崩しても復元力があって転覆しません。復元力が落ちていたことが原因と考えられます。

復元力が落ちていた原因はいくつか考えられています。

まずは運搬しようとしていた自動車の固定の問題。例えば船のどちらか一方に固定されると当然のようにバランスが悪くなります。また固定が甘いと車が船内で移動してバランスが悪くなります。その辺りは現時点では不明。

また復元力を高くするためにバラスト水を船の下方に入れますがそのバラスト水が少なかった可能性も指摘されています。バラスト水が少ないと重心が高くなるのでバランスが悪くなり傾きやすくなります。

水深が低いブランズウィック項を抜けていく出入口の水深が低いセントサイモンス渓谷(St. Simons Sound)を通って行くために船の平衡を合わせるバラストタンクの水を放出した状態で、事故が発生したという証言も出てきた

(引用元:ゴールデンレイ号、車両6100台載せられていた?(ATLANTAK2019年9月8日)韓国語なので翻訳必要)

 

過積載の可能性も

あとは過積載の問題。当初は4000台程度の自動車が乗っているとされていましたが6100台乗っていたという報道もあります。

ただし最大積載量は7400台ともされており積載量については特に問題はないものと思われます(ただし申告よりも多くの船が乗っていた場合は何らかの責任を問われる可能性あり)。

去る8日、ジョージア州ブランズウィックウィクハン近くで転倒事故に遭った現代グロービス所属ゴールデンレイ号に出荷された車両が当初知られている4200台ではなく6100台に達するという主張が提起された。

(引用元:ゴールデンレイ号、車両6100台載せられていた?(ATLANTAK2019年9月8日)韓国語なので翻訳必要)

 

ゴールデンレイ号は出発時から傾いていた?

ゴールデンレイ号は出発時から傾いていたという証言もあります。

これが事実であればもともと復元力に問題がある状態と分かった上で出港したことになり船長の責任問題となる可能性があります。

船の港を出発する時から傾いていた証言も出てきた。ジェフ・ジョーンズ(Jeff Jones)ジョージア下院議員は、「港の労働者は、船が港を出発したときに、一方に傾いていたと話した」

(引用元:ゴールデンレイ号」出発から傾いていた」証言も(ATLANTAK2019年9月8日)韓国語なので翻訳必要)

 

ゴールデンレイ号の保険、最保険、保証関係は?

ゴールデンレイ号を所有しているのは現代グロービスです。そしてその保険を引き受けているのが現代海上とのことです。

 

ゴールデンレイ号の船舶保険、再保険について

保険会社の現代海上は再保険をかけており1000億ウォンの保険に対して現代会場の実際の負担は10%未満と報道されています。まずは巨額な保証でなくて安堵しているとのこと。保険にも入っていて更には再保険にも入っていたということです。一部、噂されている保険に入れないという話は違うということでしょう(ただしロイズは引き受けないかもしれませんが)。

現代海上は1000億ウォンに達するその保険商品の保険を聞いリスクをヘッジ(Hedge)した状態で、保険の支払い責任の10%未満

(引用元:現代海上、ゴールデンレイ号1000億保険のうち、10%未満の負担(thebell2019年9月16日)

あと、、、今回の事故回復が1000億ウォンで足りるのかどうか?ということは気になるところ。

岸に近いということで転覆船の引き上げは比較的安価ですることができると思われますが、今回は引き上げが困難。最悪の場合は引き上げに数ヶ月かかるとも言われておりかなりの費用がかかると思われます。引き上げが長引けば数千億ウォンかかってもおかしくはないでしょう。

また先に紹介したようにゴールデンレイ号側に過失があれば保険が出ない可能性もあります。その場合は現代グロービズが負担する必要が出てきます。

 

車両の浸水・全損被害は輸入する米国企業

一方で車両の浸水・全損被害については輸入する米国企業が入っているとされ現代グロービズ、現代海上が負担する必要はないとのことです。

現代海上はゴールデンレイ号運搬していた車両の浸水・全損被害に対する補償責任は負わない。現代グロービスは、現代海上に船舶保険を加入しただけで荷を保証する保険は、車両を輸入する米国企業が自主的に他の保険会社を通じて加入したからである。

(引用元:現代海上、ゴールデンレイ号1000億保険のうち、10%未満の負担(thebell2019年9月16日)

ただしこちらについても今回の事故の原因がゴールデンレイ号にあるとなれば保険が出ない可能性もあり、その場合は現代グロービズが多額の費用負担を受けなければいけないかもしれません。

 

日本のエメラルドエース号に責任転嫁?

韓国報道では日本のエメラルドエース号が急接近したためにゴールデンレイ号が急旋回して転覆した。だからエメラルドエース号にも責任があるとしています。

保険業界の関係者は「今後、現代海上はグロービスなど保険金の支払いを終えた後、ゴールデンレイ号に接近したことで知られる日本の船舶メーカーなど構想請求訴訟を進める可能性が高い」と述べた。

(引用元:現代海上、ゴールデンレイ号1000億保険のうち、10%未満の負担(thebell2019年9月16日)

とは言え、船同士がぶつかったわけでもなく、旋回して沈没することはあり得ないとされていることから日本のエメラルドエース号に責任転嫁するのは困難でしょう。

ただ相手は韓国なのでどのようなからめ手で進めてくるか分かりません。日本側は警戒した方が良さそうに感じます。

 

ゴールデンレイ号、その後の最新情報

ゴールデンレイ号のその後ですが1ヶ月経った後でもまだ引き上げができていないようです。

まずは油の抜き取り作業が継続されており、その後、解体して引き上げるようです。

素人考えでは何らかの力を加えて船を立て直してはどうか?みたいな考えもありそうですが現実的にはそれは不可能のようです。

More than 250,000 gallons of fuel have been removed from Golden Ray so far. There are an estimated remaining 50,000 gallons left on the vessel. It’s not known how much oil and waste have leaked into surrounding waters, but tar balls and oily waste have been reported along the shoreline and in the water.
After all fuel is removed, the St. Simons Unified Command team is planning to disassemble the vessel and remove it from the water in sections. Himes told CNN he anticipates an approved plan could be in place by mid-November.引用元:Smoke coming from capsized cargo vessel off Georgia coast(cnn2019年10月20日)

また、記事を見る限りは現時点では11月中旬ぐらいから解体が始まる計画。まだまだ先は長そうです。

(2019年11月13日現在、まだ解体の計画は立っていないとのこと。侵食をさけるために船の横に岩を置くとしています)

 

まとめ

2019年9月8日(日)に韓国の現代自動車グループの現代グロービズの貨物船が転覆しました。幸いにして死者は出ず軽傷のみとされています。この辺りは本当に良かった。

一方で今回考えられるゴールデンレイ号の転覆事故原因は以下の3点といったところでしょうか。

  • 自動車の固定ミス(偏っていた)
  • 自動車の固定ミス(固定されずに動いた)
  • バラスト水ぶそおく

出発当初から船が傾いていたという情報もあり、ゴールデンレイ号側の過失とされる可能性もあります。

保険は1000億ウォンまでは保険会社の現代海上と再保険会社から出るとされていますが過失があれば保険が出ない可能性もあり流動的。また仮に保険がおりたとしても1000億ウォンで足りるのか?という疑問もあります。

また車の保険も輸入側のアメリカ側で入っており負担する必要がないと言われていますが過失があれば現代グロービズ側で負担する必要が出てくる可能性もあります。

そして一番怖いのが日本のエメラルドエース号の責任にされる可能性です。原因を見る限りでは日本のエメラルドエース号に責任はないと思われますが韓国がどのような話にするか分からず怖いところです。

その他、何が情報が入ってきたら追記編集などする予定です。ブックマークするなどして、たまに確認してください。

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)