「日本戦犯企業」不買条例、問題だらけでストップも

韓国、戦犯企業不買条例の現状
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国の様々な自治体で「日本戦犯企業」不買条例が出ていましたがあまり良く考えずに出したので問題だらけでストップした自治体も多いようです。

たける
韓国では「日本戦犯企業」不買条例なる条例を作る自治体が続々と出ている
ようこ
ようするに日本嫌いだから日本のものを買わないでおこうという話だよね
たける
早い話がそんなところだね
ようこ
ちょっと残念。そうやって韓国は自ら日本から離れていく。韓国の議員さんってそんな人ばかりなの?
たける
結局は自治体の議員も人気取りが一番。日本に反対する条例とか出てきたら賛成するしかないのが今の現状ということだろうね。では内容をチェックしてみよう

スポンサーリンク

記事「「日本戦犯企業」不買条例 対象の不明確さなどで議決延期の動き」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:「日本戦犯企業」不買条例 対象の不明確さなどで議決延期の動き

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 日本企業を「戦犯企業」と規定し、公共機関がこれら企業の製品を購入しないよう努力義務を設ける条例案の制定が進んでいる
  • ただし議決を延期する動きも。忠清南道議会、世宗市議会は可決を延期
  • 購入を制限する品目が明確ではないとの主張が出ているため。あまりに対象が広く韓国人が被害を受ける可能性もあり
  • 一方でソウル市議会や釜山市議会、江原道議会、忠清北道議会などは条例案を可決
  • 具体的に進めているのはソウル市のみ。他は公布の前に対応を考慮している状況(他の自治体の様子見状態)
  • 購入を制限することでWTO違反になる可能性も

参考元:「日本戦犯企業」不買条例 対象の不明確さなどで議決延期の動き(聯合ニュース2019年9月16日)

 

韓国で「日本戦犯企業」不買条例の動きと現状

韓国で「日本戦犯企業」不買条例の動きが出ています。

正直言えば、あほみたいな条例。

戦犯企業といっても幅広い。関連企業とか子会社だったらどうするのか?そこまで考えるとかなり多くの企業が入ってくることでしょう。

現在、韓国で流通している日本関連商品は非常に多い。考えようによってはスマホの部品も日本製なのでその辺りから考えたら何も購入できない可能性も。

不買運動では代替え不可能な商品と代替可能な商品で区別していましたが、条例で規定するとなるとそのようなあいまいな区別はできないことでしょう。

部品レベルから考えると相当多いだけにどうやって区別するのか見もの。

ステッカー貼るとか言っていますが、、、。

そして後から後から市民から文句が出てくる可能性もあります。あの企業はどうなのか?この企業はどうなのか?と質問対応するだけでとんでもない時間とコストがかかりそう。

結局の所、適当に施行して適当にやるしかないのではないでしょうけどそれが許されるのか?管理などをきっちりしている日本でもできるとは思えない条例。

とりあえずどうすれば良いのか分からずストップする自治体も出てくる中で、まずは先行しているソウル市がどうするのか?他の自治体も注目していることでしょう。

 

韓国の反応

韓国の主な反応は以下の通り。

<韓国の主な反応>
  • 日本ボイコット?戦犯企業ボイコットなのに日本人がなぜ問題視する?
  • 対馬を韓国に返せば許してやろう
  • 私達のすることにいちいち干渉するのは何故?
  • 非常に良い条例。全ての都市で採用しよう
  • オリンピックに旭日旗使うような国は何も言う権利はない
  • 情けないね。不買運動は民間団体レベルで進行しなくちゃ
  • 社会に蔓延している親日派清算し、この機会に日本からの経済独立します。したがって、不買運動は継続しなければならない

 

まとめ

たける
とにかく面倒な国だね。議会レベルでこれだからどうにもならない
ようこ
韓国国民もそれに賛成しているみたいだし、これで日本が嫌いでないと言われても納得できないね
たける
そうだよね。やっていることと言っていることが全く違う。理解できない
ようこ
このおかしな流れをどうにかできないかな?
たける
無理だと思うよ。日本は冷静に対応するしかない。韓国がおかしなことをしたら今回のようにきちんと「おかしい」と指摘することも大切。やるべきことをしっかりとやっていくべきだろう
たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国経済

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)