アメリカが韓国製鉄鋼製品のベトナム迂回輸出に関税をかけることに

韓国が製鉄鋼製品をベトナム経由でアメリカに不正輸出!?
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

アメリカが韓国製鉄鋼製品のベトナム迂回輸出に関税をかけるようです。


スポンサーリンク

記事「米政府、韓国製鉄鋼製品「ベトナム迂回輸出」を最終判断」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:米政府、韓国製鉄鋼製品「ベトナム迂回輸出」を最終判断

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 米国商務省が韓国製メッキ鋼板と冷間圧延鋼板(冷延鋼板)がベトナムを通じて不正に迂回輸出されているという最終判断を2019年12月26日に下した
  • そのため韓国製の鉄鋼をベトナムで加工し米国に輸出された製鉄鋼製品には韓国製品と同じ水準の関税が適用されることになる
  • 韓国の対ベトナム熱延鋼板の輸出額は2018年の4億1095万6000ドルから2019年は9月までで4億7142万9000ドル規模に増えていた
  • ポスコは「対米輸出の物量は韓国製や中国製を使用していないため、今回の決定の影響は受けないだろう」と楽観的なコメント
  • ベトナムで在庫が増えているという情報も(別記事)

参考元:米政府、韓国製鉄鋼製品「ベトナム迂回輸出」を最終判断(ハンギョレ新聞2020年1月4日)

 

韓国がベトナム経由でアメリカに迂回輸出

韓国は鉄鋼製品をベトナム経由でアメリカに迂回輸出していました(ベトナムで若干の加工をしてベトナム製としてアメリカに輸出)。

何故、このようなことをするのかというと韓国からアメリカへの輸出には一定の関税がかけられているからです。これは韓国だけでなく日本やヨーロッパ各国なども同様。

韓国の場合は一定数以上の量に対して多額な関税をかける形でした。

その問題を解決するために韓国はベトナムに鉄鋼製品を輸出し簡単な最終加工を施してアメリカに輸出していました。それによって関税逃れをしていたわけです。

それをアメリカは韓国の迂回輸出は不正であり許さないとして今回の決定に至ったわけです。

このため韓国はベトナム経由で迂回輸出する意味が無くなったわけです。韓国からベトナムへの鉄鋼の輸出も減ることでしょう。当然、ベトナムにある韓国系工場の稼働率は下がり、工場によっては閉鎖、撤退する可能性もあるかもしれません。ベトナム経済に与える影響が心配なところです。

またアメリカの決定で在庫がだぶついてきている状況。その在庫を韓国が引き取るべきという声もベトナムから出ており(他記事にありました)、韓国側の対応が困難な状況。

あと今回の問題によりベトナムからアメリカへの輸出に税金がかけられるだけでなく、何らかの追加処置の可能性もあるかもしれません。これまでの迂回輸出の分を韓国からの輸出とすることで韓国からアメリカへの輸出が更に厳しくなる可能性があるかもしれません。

ボスコは「対米輸出の物量は韓国製や中国製を使用していないため、今回の決定の影響は受けないだろう」と楽観的なコメントをしていますが先に紹介した追加処置の可能性もありますし、更にはアメリカが決定したことで他国も同様の処置を取る可能性もあるかもしれません。そうなるとベトナムで最終加工した製品は他国に対しても関税がかかる可能性もあります。

今回のアメリカの決定で韓国の鉄鋼業界が大きな打撃を受ける可能性があります。2020年に向けて韓国経済の懸念材料の1つになるかもしれません。やはり2020年は韓国にとって厳しい年になりそうです。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



1 個のコメント

  • ポスコの楽観論のように進むのか、記事論調にあるようにヴェトナム及び韓国の業界に多大な影響があるのか、これからのデータを
    追っていくことになりますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)