アップルが脱サムスンを模索

アップルが脱サムスン?
↑シェア歓迎します!上のボタンから自由にどうぞ↑
ブログ継続のための応援クリック宜しく!⇒人気ブログランキングへ

今回はアップルが脱サムスンを模索しているというお話。仮に実現すればサムスンピンチですが、、、。

たける
米アップルが脱サムスンを模索しているらしい
ようこ
アイフォにはサムスンの部品がたくさん入っているということ?
たける
そうだね。主要部品の半導体、ディスプレイはサムスン製の割合が高い
ようこ
何で脱サムスンの動きが出ているの?
たける
その辺りはいろいろと理由があるね。それでは記事の内容をチェックしてみよう

スポンサーリンク

記事「イ・ジェヨン副会長、今回はディスプレイ「アップル脱サムスン」解決策模索」より

アップルが脱サムスンを検討していることに関する記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:イ・ジェヨン副会長、今回はディスプレイ「アップル脱サムスン」解決策模索

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • イ・ジェヨン副会長はサムスンの各工場を視察、今後の展望について議論
  • ディスプレイ部門の赤字体質が悩み
  • アップルがサムスンだけでなくLGディスプレイをはじめ、中国のBOEなどでもOLEDパネルの供給を受けるのも悩み

参考元:イ・ジェヨン副会長、今回はディスプレイ「アップル脱サムスン」解決策模索(マネートゥデイ2019年8月26日)

 

アップルの脱サムスン

アップルが脱サムスンを検討中。特にOLEDパネルについて脱サムスンを考えているようです。

その理由としては安定供給を図るため。供給先が1つだと、どうしても不安定になる可能性があります。そしてもう1つの理由がアップルとサムスンの仲が悪いということだと推測します。

これは確定情報ではありませんが、アップルはサムスンにOLEDパネルを発注しながら購入できなかったことで多額の違約金を払ったという話が出ています。一説によると825億円もの違約金。

おそらくアップルとしては違約金を支払いたくなかったでしょう。今後もOLEDパネルを注文するから違約金を下げて欲しいといった交渉をしたでしょうが、それをサムスンが突っぱねた形。

となるとアップルとしてはサムスンにディスプレイなどの部品を頼るのは大きなリスクだと判断した可能性があります。それが今回のLGや中国への注文という形に繋がったと考えられます。

これでサムスンピンチかというところですが、中国Huawei社がサムスンのディスプレイを採用するという話も出てきています。これでサムスンも一息付けるかも?ただし中国が相手なので今度は違約金などの話が出た場合は無視される可能性があります。また中国でもOLEDパネルの開発は進んでいるのでそちらの目処が経てば一気にサムスンディスプレイは窮地に立たされる可能性もあります。

スマホ業界も業界再編が進んでいる印象です。ただ、この話に日本勢が全く絡んでいないところが寂しい、、、(アップルは多少はジャパンディスプレイからも供給を受けるとは思いますがその量は少ないのかな)。

 

韓国の反応

韓国の主な反応は以下の通り。

<韓国の主な反応>
  • イ・ジェヨン副会長頑張れ、応援してます
  • イ・ジェヨン副会長は裁判で有罪になるべきではない貴重な人材
  • イ・ジェヨンがこの国の真の経済大統領であり愛国者だ。文大統領は嘘ばかり
  • サムスン応援しています。韓国企業頑張れ
  • サムスンが頑張っているのに文政権が足をひっぱる
  • ムン・ジェイン政府は大企業を抑圧するより、中小企業と一緒に共存の道に行くことができるようによく調整しなければならない。規制を迅速になくすべき。そして公平な競争を促すべき
  • 次世代技術開発に先立っていくのが最善
  • チョグクの問題から目をそらすために有罪にするかもしれない。注意すべき

 

まとめ

たける
サムスンもなかなか難しい。アップルは脱サムスンを考えているのは間違いないところ
ようこ
でもサムスンは大きいから何とかなるのでは?
たける
もちろん、そうなんだけどやはり大きな顧客を失うのは厳しい。そして今回Huawei社と組むということで中国寄りになった。アメリカから見ると目の敵になるかも
ようこ
どんどんややこしい方向に向かっている気もするね
たける
すぐにどうこう問題が出るわけでもないかもしれないけどアメリカ中国の貿易戦争でサムスンが受ける影響は更に大きくなっていくかもしれないね。今後も目が離せない状況。そして韓国国内の裁判もある。どのような裁判結果が出るかも注目だね

(参考:韓国、朴槿恵元大統領とサムスン副会長の裁判を生中継

たける
最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメントなど宜しくお願いします。皆様の協力もあって成り立っています
ブログ継続のための応援クリック宜しく!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国経済

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)