韓国銀行が量的緩和、無制限の金融支援へ

韓国銀行が量的緩和、無制限の金融支援へ
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国銀行も量的緩和に乗り出しました。無制限の金融支援を実施するとのこと。韓国は大丈夫なのでしょうか、、、。報道の内容をチェックしていきます。


スポンサーリンク

記事「韓国銀行、無制限で資金放出…通貨危機当時も使わなかった「韓国版量的緩和」」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:韓国銀行、無制限で資金放出…通貨危機当時も使わなかった「韓国版量的緩和」

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 韓国銀行が当分金融会社に流動性(資金)を無制限に供給することに
  • 当面は買い戻し条件付き債券(RP)を金額に関係なく買い入れる形での資金提供
  • 金利は基準金利の年0.75%に0.1%を加算した0.85%を上限に設定
  • 今回の措置にともなうRP買い入れ対象拡大規模は約70兆ウォンと推定
  • 1997年の通貨危機や、2008年の金融危機の時も使わなかった破格なカード

参考元:韓国銀行、無制限で資金放出…通貨危機当時も使わなかった「韓国版量的緩和」(中央日報2020年3月26日)

 

韓国銀行が韓国版量的緩和で金融機関に資金を投入

韓国銀行が韓国版量的緩和で金融機関に資金を投入する構えを見せています。

 

新型肺炎の影響で企業収益が悪化、金融市場が凍りつく

新型肺炎の影響で企業収益が急激に悪化しています。

そのため銀行に借り入れを申し込む中小企業が続出していますが現実には借り入れを断られ金利の高いノンバンクに逃れているところも増えています。

ノンバンクは金利が高いのでどうしても中小企業としては更に収益が悪化せざる得ない。

そこまでして事業を続けるべきかどうか?破綻を覚悟せざるえない状況になっています。

 

100兆ウォン規模の資金提供

そんな状況の中で韓国政府は100兆ウォン規模の資金提供を決めました。

金融機関への支援、企業への直接支援を含め100兆ウォン規模です。

(参考:韓国、新型肺炎対策で緊急資金100兆ウォン投入

その金融機関への支援を後押しするということで韓国銀行も動いたのが今回の韓国銀行の債権買い入れの話になります。政府からの要望も出ていてそれに答えた形かと。

 

買い戻し条件付き債券(RP)の無制限買い入れ

今回、韓国銀行は買い戻し条件付き債券(RP)の無制限買い入れに出ました。

なかなかに思い切った策に出ていますがこれぐらいしないと韓国の銀行は動けないでしょう。

銀行に資金提供したことでどこまで市場にお金が回るのかに注目です。

とりあえず債券価格は上昇しており一定の効果は見られています。

あとは資金供給を受けた銀行がどこまで企業を支援するのかに注目ですね。

また今回の政策はウォン安誘導にもなるので更に経済が悪化した時にはウォン安がかなり心配でもあります。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています。応援クリックはこちら⇒人気ブログランキングへ
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



3 件のコメント

  • 韓国経済の不思議は不動産バブルが膨らみ続けていること。現政権になってすでに3年経つがまだ上昇中。どうやっても弾けないww。恐らくお金が潤沢にこっちに回っているからだ。
    庶民の金は株より不動産投機になっているんだね。現金はないが借金は多いという家計の姿が浮かんでくる。で、韓国政府が未曾有の金融緩和をやるとその金はまず銀行に流れる。銀行と言っても中身は外資なので、ここぞとばかりに不良債権処理に使う。ピカピカで身軽になる大手銀行。金融業界はこんな感じで規模や序列に応じて身軽になっていくだろう。
    お金の世界は冷酷だ。優しくなるなど絶対ない。貧乏人や赤字企業への貸し渋り、貸しはがしは一段と厳しくなる。お金に優しさは無縁。利益を産まないところに金は回らない。結果は金持ちはますます富み、貧乏人は半地下へ。

    韓国政府の政策は正しい。しかしお金は愛の結晶ではない。血の涙をもたらすことも多い。銀行の『善意』など一番信じてはならない。弱い立場なら‥持ち逃げで対抗するだろう。お金が行方不明になっても驚かない。
    期待される効果が『少し』でもあればいいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)