韓国の福祉政策、半分の世帯が現金給付を!(2019年)

韓国の福祉政策、半分の世帯が現金給付を!
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

文政権になって韓国の福祉政策が変更され、半分の世帯が現金給付を受けるようになったとのことです。


スポンサーリンク

記事「韓国の世帯の半分が「現金福祉」受ける…文在寅政権で10ポイント上昇」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:韓国の世帯の半分が「現金福祉」受ける…文在寅政権で10ポイント上昇

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 文政権になってから現金給付を受ける世帯が急増
  • 2014年の34.1%から2015年が36.3%、2016年が36.4%、2017年が35.7%、2018年が41.7%、2019年が45.1%と2014年~2017年はほぼ横ばいだが2018年、2019年にかけて急増しおよそ10%のアップ
  • 2020年には50%を超す見込み
  • 基礎年金支給額は2014年7月の導入当時は月20万ウォンだったが2018年9月に25万ウォン、2019年4月には下位20%に対し最大30万ウォンに引き上げ
  • 現在は高齢者の所得下位70%が最大30万ウォンの現金給付を受ける形だが2021年には全高齢者が最大30万ウォンを受け取ることができるようになることで福祉予算が増加となる
  • 一方で勤労所得がある世帯が全世帯で占める割合は68.7%と過去最低(2019年7月~9月期)
  • 労働を通じて収入を得る世帯の割合は減少、政府支援に依存する世帯の割合が増えていることに批判の声も

参考元:韓国の世帯の半分が「現金福祉」受ける…文在寅政権で10ポイント上昇(中央日報2019年12月15日)

 

福祉政策で労働収入が減る?

文政権になって福祉予算が大幅に増加しています。福祉で現金給付を受ける世帯も2年間でおよそ10%も増加。高齢者も福祉でお金をもらえる金額や割合が増えています。

 

文政権の福祉政策について

この辺り文政権の福祉政策については特に問題はないと思われます。韓国は急激に国民の所得が上がり物価も上昇してきました。それに合わせて高齢者の福祉予算が増大するのは仕方がないところでしょう。

韓国では高齢者が増えてきており収入がない高齢者が社会問題になる可能性があるからです。

他にも数々の雇用政策があり批判する声もありますが韓国の福祉割合は他の先進国よりも低いと言われているのでそういった意味からも特に問題はないと言えるでしょう。貿易黒字国でもあり、まだ余裕はあると思われます。

 

勤労所得世帯の減少が懸念材料

ただし、勤労所得のある世帯が過去最低になっているのは懸念材料です。また、雇用データでは過去最高クラスの雇用率となっているので今回の勤労所得のある世帯が過去最低になっているのは矛盾しているように感じます。どこか統計がおかしいのでは?と感じるところ。

あと記事中では福祉政策によって勤労所得のある世帯が減少しているという懸念を書いていますが、現実のところ勤労所得のある世帯が減ったのは文政権の最低賃金引き上げなどの経済政策の失敗の問題と思われます。

力のない基調は倒産、もしくは海外移転の道を選んでおり国内の製造業の雇用は減少の一途をたどっています。雇用の減少を高齢者アルバイトなどの雇用で何とかごかましている状況です。

ということで文政権はは福祉を頑張るのはいいのですが経済をもっと考える必要があるでしょう。経済成長をせずに支出だけ増えると当然のように破綻します。

福祉政策もいいのですが、それよりも先に経済対策をすべきでしょう。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



1 個のコメント

  • 現金給付を受ける世帯が45.1%で勤労所得のある世帯が68.7%
    ということは、勤労所得のある世帯の10%以上が、国から現金をもらっている?なんかイメージがよく湧きません。
    それから解説にあったけど、過去最高クラスの雇用率と、勤労所得世帯の低迷というのも?
    私の頭が、混乱しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)