韓米通貨スワップ600億ドル締結の理由は?

韓米通貨スワップを締結した理由とは?(600億ドル規模)
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓米通貨スワップ600億ドル締結という情報がでてきました。当サイトでもアメリカが韓国と通貨スワップ締結する可能性は低いのでは?と予想していただけにびっくり。どのような形での通貨スワップなのかチェックしていきましょう。


スポンサーリンク

記事「韓米が通貨スワップ協定 600億ドル規模=為替市場安定に期待」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:韓米が通貨スワップ協定 600億ドル規模=為替市場安定に期待

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 韓国銀行は3月19日に米連邦準備理事会(FRB)と600億ドル(約6兆6000億円)の通貨交換(スワップ)協定を締結することで合意したと発表
  • 期限は最短で2020年9月19日

参考元:韓米が通貨スワップ協定 600億ドル規模=為替市場安定に期待(聯合ニュース2020年3月19日)

 

アメリカが韓国など9中銀と通貨スワップ協定

今回、アメリカは韓国と通貨スワップ協定を結んだのですが、それ以外にも世界9中銀と通貨スワップ協定を結んでいます。

 

アメリカと9カ国通貨スワップ協定

相手国 通貨スワップ規模
韓国 600億ドル
オーストラリア 600億ドル
ブラジル 600億ドル
メキシコ 600億ドル
シンガポール 600億ドル
スウェーデン 600億ドル
デンマーク 300億ドル
ノルウェー 300億ドル
ニュージーランド 300億ドル

アメリカは今回、世界の9カ国との通貨スワップを締結しました(今回は意味合い的には為替スワップ協定ですが報道では通貨スワップとしているので当サイトでも通貨スワップで統一します)。

今回のアメリカが世界各国と通貨スワップ協定を結んだのは、新型肺炎による金融不安などで世界各国企業でドルが通達困難になったからです。

ドルの流動性不足の勢いはリーマンショックよりも急だったので、早急に対処しなければ世界各国の企業が倒れるという状況だったからです。

各国でのドル流動性確保が目的ということで一定の目的は達成できると思われます。

 

ウォンドルが落ち着いた

そして、この韓米通貨スワップ協定により、一時期ドルウォンレート1290までウォン安なっていましたが1260ぐらいに戻しに落ち着いてきました。

とりあえず危ないと思われる1300から遠ざかったということで一安心。かなり危険なラインと思われる1400ラインからもかなり遠くなりました。

いきなりドルウォンレート1290⇒1260にワープするかのように動いたので何が起きたのかと思ったらこの韓米通貨スワップ締結でした。

(参考:ドルウォンレートの推移、1200突破でどうなる!?

 

今回の韓米スワップ協定は韓国のためではなく世界的なドル不足の解消目的

当初、韓米通貨スワップの情報が出てきた時は韓国政府がアメリカと交渉して頑張って韓米通貨スワップの締結を勝ち取ったのかと思っていましたが、現実にはアメリカ主導で世界各国と通貨スワップ協定を締結したという形のようです。

別に韓国が特別ということではありません。先にも書いたように9カ国との通貨スワップ協定になります。

現実には今回は韓国のウォン安だけでなく、通貨スワップを締結した国はほとんどが通貨安となっており世界各国でドル調達が困難になっていました。

従って、今回は韓国を救ったというよりは世界各国を救ったという形と言えそうです。

今回のアメリカと世界各国との通貨スワップ締結で世界的な金融不安が多少なりとも緩和されたと言えるでしょう。そして通貨の安定にも繋がったと言えます。

やはりドル強い。基軸通貨で強いですね。世界各国はしばらくはアメリカには頭が上がらないでしょう(韓国はそうでもないか)

今回のようにドル不足で各国が苦しむことになると、ドルが基軸通貨であることについて問題視する発言が出てくる可能性もあります。今回、アメリカが迅速に世界各国と通貨スワップ協定を締結したのはそういった声を払拭する狙いもあったかもしれません。ドルが基軸通貨から外れたらアメリカが終わりますので。

 

サイト主からのお願い!

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています。応援クリックはこちら⇒人気ブログランキングへ
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



6 件のコメント

  • 武漢ウイルスと言う、本質的な問題が解決されてない限り、また直ぐに同じ状況になると思います。

  • FRBの果敢なスワップ協定締結。反米韓国もさすがに拒否しなかったww。ウォンが130円、株価が1500円と大暴落、すわっ韓国、ご臨終かと大騒ぎだったけれど落ち着いたようで。日本円は110円台まで戻し急激な円高も止まった。めでたしだ。韓国の3月国債償還はまあ何とかなりそうで、自分の予想は当たりそう。

    韓国を含めた9ヵ国の顔ぶれに中国がない。新型肺炎の米国説を唱えてトランプ大統領をを激怒させたせいか。中国が米国債を売ってドルに換えているという根強い噂は『一帯一路政策』と『中国主導のみすぼらしいAIB銀行』から推測されている。米国は中国の不都合な事実をつかんだのかもしれない。
    今回のスワップ協定を締結した9ヵ国は中国べったりの国々だ。基軸通貨をドルから元へと目論んでいる中国は、これらの国を一気にごっそり米国に取られた。形を変えた中国はがしは痛手、さらに世界の盟主は米国と見せつけられた。
    韓国は6か月期限のドルだがこれは借金。返せないとあっち側の陣営に送り返される。反日反米のツケはまだ払っていない。

  • アメリカがドル資金を引き上げる時ドルの流動性の悪い国にドルを利息付きで貸し付けて、6か月後に利息込みでドルで返済させるだけでしょ。
    SKではどうもその辺を理解していないみたいだね、9月の返済期限が来たら、きっとアメリカに後頭部を殴られたと言うよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)